2016年12月22日 (木)

RGJチームとアスリートXがシクロクロスの魅力を発信!

RGJチーム事務局です。Ready Go JAPANチーム選手たちの肌を守る、チームサプライヤー・株式会社アミックグループ様のスポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)。こちらの製品Facebookを通じて毎水曜日の3回にわたり、今がハイシーズンの自転車オフロード競技「シクロクロス」の魅力をご紹介しております!

そして今回、発信の最終回コラムでは「泥も砂も雪も走る、シクロクロスは過酷だから楽しいです!」と題して、シクロクロスの最大の魅力をご紹介しております。

シクロクロスのコースはオフロードの様々な条件を走ります。冬季がハイシーズンなので雪や氷、そして雪解けや雨の中の泥、更には砂の上も走ります!途中には階段や障害物「シケイン」を越えて速さを競います。
Kojiokamoto_b004
ピットエリアでチーム選手の状態をみながら、スペア自転車を用意するピットクルー達(撮影:okamoto)

そして泥や砂などで走りづらくなった自転車は、F1のようにピットエリアで何度も自転車をレース中に交換することが出来ます。このピット作業も観戦の魅力!レースで競い合ったり、観戦してレースの面白さを知れば知るほど「シクロクロス」を通じた仲間の輪が広がります。これがシクロクロスの最大の魅力です!

Kojiokamoto_004
過酷なレースを終えたからこそ、お互いの走りを称えらあえる!これこそがシクロクロスの魅力です!!(撮影:okamoto)

Kojiokamoto_015
撮影:okamoto

12月25日(日)には、日本で今年最後のシクロクロスレース「東北シクロクロス第2戦・郡山ラウンド」が福島県郡山市・大槻公園内で開催されます。こちらのレースにReady Go JAPANチームから須藤むつみが参戦します!クリスマスもシクロクロスで「メニー・苦しみます!」な選手を応援しながら楽しく盛り上がりましょう!!

東北シクロクロス第2戦・郡山ラウンドの開催要項はこちら
http://www.tohoku-cx-project.com/guidelines/koriyama2016

シクロクロスの詳しい情報はこちら
http://www.cyclocross.jp/index.html

こちらの株式会社アミックグループのスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)がお送りする「AthleteX サポート選手ストーリーズ」は、今後も様々なスポーツのフォーカスして連載しますので、引き続き是非ご覧くださいませ!連載先は下記のアスリートXのFacebookとなります。

*スポーツを愛する人たちの肌を守るスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)のFacebookはコチラです。
https://www.facebook.com/sportscosme.athletex

|

2016年12月19日 (月)

子供向けシクロクロス教室にRGJ須藤が特別講師で参加!

RGJチーム事務局です。昨日の12月18日(日)、東京都小平市にあるブリヂストン小平工場の敷地内にて「TCFシクロクロス自転車教室inブリヂストン南グラウンド」を、東京都自転車競技連盟(TCF)の主催で開催されました。(写真撮影すべて:TCF普及委員会・松本氏)
Dsc_5878
こちらの教室に、年間30以上の子供向け自転車教室インストラクターとして活動するTCF普及委員会の指導員とともに、特別講師としてReady Go JAPANチームから須藤むつみ選手と須藤大輔チーム監督が参加し、朝から晴天で気持ち良いグラウンドの中を思いっきり走ってきました!

Dsc_5775
今回で通算4回目の開催となるシクロクロス形式の自転車教室、カリキュラムは午前の部から、昼ごはんを挟んで午後の部まで盛りだくさんなのです!参加した子供達はスタートから元気に課題をこなしていきます。グラウンド内に制作したコースをランニングで走ることで、コースを自転車で走る前のリサーチをすることなど、大人のシクロクロス選手にも十分に応用できる濃い内容を楽しみながら学んでいきます。

Dsc_5862

Dsc_5877
自転車からの乗り降りについては、走行中のアクシデントに素早く対応するための安全対策にもなるので、熱心にポイントを伝授しました。特に左右どちらからでも乗車・降車する技なども実践しながら指導しました。

Dsc_5929
更にはゲームの要素を入れた講義で、インストラクターも真剣に一緒に子供達と競ってみたり!

Dsc_6026
コースを使ったタイムトライアルもおこない、午後のレース形式の講義に繋げていきます。

そして昼ごはんの後には、タイムトライアルの結果別でクラス分けとして模擬レースを開催!
Dsc_6046

Dsc_6152
*こちらでおこなわれたレースから一部を撮影した動画を下記に掲載しています。子供たちの走りを是非ご覧ください!
https://youtu.be/5fvpiYadeNo

Dsc_6205
急遽レースMCをRGJ須藤がおこない、本番レースさながらに盛り上げてみました。勝利者インタビューでは、子供ながらもキチンと自分の走りを振り返っていて、参加した全員が素晴らしい走りを魅せてくれました!!

Dsc_6231
今回の教室すべてのカリキュラム終了後に記念撮影、そしてRGJチームのサプライヤーでもあります、株式会社アミックグループ様より「スキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)」の日焼け止めサンプルを提供いただき、こちらを参加者全員に配布しました。
Ushi001
*スポーツを愛する人たちの肌を守るスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)のFacebookはコチラです。

https://www.facebook.com/sportscosme.athletex

シクロクロスの魅力、そして学んだことで安全に楽しく自転車を乗れるコツを、今後も活かしてほしいと願っております。参加したキッズ選手、お付添いの親御さん、運営のTCF普及委員会の皆様、お疲れ様でした!
Dsc_5750
今後も、このような自転車普及に関われる機会がございましたら、RGJチームとしてお手伝いを考えておりますので、是非ご注目くださいませ。

*東京都自転車競技連盟・普及委員会のブログ(近日、こちらの教室レポート掲載予定)
http://tcf-fukyu.jugem.jp/

|

2016年12月 8日 (木)

RGJチームとアスリートXが紹介するシクロクロスの魅力!

RGJチーム事務局です。Ready Go JAPANチーム選手たちの肌を守る、チームサプライヤー・株式会社アミックグループ様のスポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)。こちらの製品Facebookを通じて今週から毎水曜日の3回にわたり、今がハイシーズンの自転車オフロード競技「シクロクロス」の魅力をご紹介しております!
Kojiokamoto_b001
撮影:okamoto

第1回目となる今回のタイトルは「シクロクロス会場は、お祭り騒ぎ!」。昨今はシクロクロスのレース会場において選手たちが競う条件を整えるだけでなく、観戦に来られる観客の皆様にも楽しんでいただけるようになっています。
Kojiokamoto_b003
撮影:okamoto

シクロクロスの本場はベルギーやオランダ。この地では地元名産の地ビールを片手に観戦するのが最大の楽しみです!日本でも、各地レース会場で地元名産を揃えた出店や屋台が並びます。シクロクロスの過酷な泥、雪、砂コースを果敢に挑む選手たちの熱い走りを応援しながら飲むビールや食べる名物は、格別の美味しさになります。更にシクロクロス応援といえば「カウベル」!このカウベルを鳴らしながらの応援が選手たちを鼓舞します!
Kojiokamoto_024
撮影:okamoto

そして日本一のシクロクロス選手を決める大会「第22回全日本シクロクロス選手権大会」が今週末、12月11日(日)に栃木県宇都宮市・ろまんちっく村にて開催されます(入場料・無料)。こちらのレースにReady Go Japanチームから須藤むつみ・吉岡梨紗・伊藤千紘の3名が女子エリートに出場します。会場には様々な宇都宮市の名物を味わえる出店が待っています。出場選手たちの熱い走りを名物片手に応援よろしくお願いします!

第22回全日本シクロクロス選手権大会の会場情報はこちら
https://www.utsunomiya-cyclocross.com/

シクロクロスの詳しい情報はこちら
http://www.cyclocross.jp/index.html

スポーツを愛する人たちの肌を守るスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)のFacebookはコチラです!!
https://www.facebook.com/sportscosme.athletex/
2016rgjcx
Ready Go JAPANチーム・シクロクロス班は、各地のレース会場を盛り上げていきます。引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします!!

|

2016年12月 2日 (金)

シクロクロスの魅力をアスリートXとRGJチームが発信します!

RGJチーム事務局です。Ready Go JAPANチーム選手たちの肌を守る、チームサプライヤー・株式会社アミックグループ様のスポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)。こちらの製品Facebookを通じて来週から3回にわたり、今がハイシーズンの自転車オフロード競技「シクロクロス」の魅力をご紹介させていただくことになりました!
Kojiokamoto_b005_2
撮影:okamoto

シクロクロスという自転車競技はご存じですか?
自転車ロードレースのオフシーズントレーニングとして約100年前に欧州で誕生し、日本には1980年代に初レースが開催されました。冬季がハイシーズンとなる競技なので、雪や氷、そして雪解けの泥の中や砂を不安定な傾斜を下ったり、駆け上がれないような登りをクリアし、泥を巻き上げて平地を疾走する姿には、迫力とともにテクニックなど見どころが多くあります。レース中にはF1のように「ピットエリア」で自転車を何度も交換する様子も見られますし、選手たちの熱い走りを間近で見られるので応援がしやすく盛り上がれます!
Kojiokamoto_001
撮影:okamoto

*スポーツを愛する人たちの肌を守るスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)のFacebookはコチラです。
https://www.facebook.com/sportscosme.athletex

*シクロクロスの詳しい情報はこちら(AJOCCの公式情報ページ)
http://www.cyclocross.jp/index.html

2016rgjcx
そして、この機会にRGJの伊藤 千紘選手が素敵な「Ready Go JAPANチーム・シクロクロス班」のバナーを制作してくれました!ちなみに左からRGJ伊藤、高橋、吉岡、そして須藤(牛)となっております!スゴク特徴をとらえていて可愛いです!!

更に今週末、12月3日・4日の2日間にわたり、埼玉県秋ヶ瀬公園にて開催される「秋ヶ瀬の森・バイクロア6」。こちらの日曜日のレディースレースにRGJ高橋 吹歌選手の参戦が決定しました!http://bikelore.jp/2016/

各地のシクロクロスでも引き続き活躍するRGJチーム・シクロクロス班にも、ご声援のほどよろしくお願いいたします!

|

2016年8月26日 (金)

RGJチーム車の協賛ステッカーが刷新!!

RGJチーム事務局です。国内のレース会場には、チーム車で移動をおこなっておりますが、このチーム車の協賛各社様のロゴなどを配置したステッカーを、2016バージョンにデザインし施工していただきましたので、ご報告いたします!

先日、神奈川県横浜市の株式会社東洋マーキングセンター様にて、このステッカーの制作と施工作業でお邪魔しました。
Img_8106
新協賛ロゴでデザインしたステッカー、まずは両サイドウインドウから位置決め。ご担当にお聞きすると「新しい印刷機械を導入したので、以前のステッカーよりも発色が綺麗になりました」とのこと。確かに明るい色がビビットに印刷されて映えていますね。以前のステッカーも2年間貼っておりましたが、色褪せもなくロゴがとても綺麗に見えて助かっております!

Img_8111
今回はチームと協賛のロゴだけで「何の車だか分からない」というご意見もありましたので、ちゃんと「女子自転車レースチームです!」と分かるように表示を追加しました!!

Img_8103
リアウインドウにも、女子自転車チームであるという表示を追加しました。こちらも位置決めして職人さんが綺麗に施工してくださいました。

リアに1枚、両サイドに4枚のステッカーを約1時間かからず施工して完成しましたのが、こちらになります!!
Img_8114

Img_8110

Img_8117

こちらのReady Go JAPANチーム車、レース会場などでお見かけの際には是非ともお気軽に写真やお声掛けくださいませ!そして、今回も制作・施工いただいた株式会社東洋マーキングセンター様に御礼申し上げます。

*Ready Go JAPANチームのご協賛各社様の紹介は、こちらを是非ご覧くださいませ。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/sponser.html

|

2016年5月24日 (火)

チャンピオンシステムのサイトにミニRGJが登場!

RGJチーム事務局です。今年2016年から発足した「ミニReady Go JAPANチーム」。こちらは、中学生までの男女選手を集めたクラブチームで、女性自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」の妹版チームとして、レース参加のほか、各地の自転車教室や講座を受けて、自転車のスキルを日々磨いています。
Chibakeirin_12
(撮影:加藤 智)

このところは、千葉競輪場の「千葉サイクルクラブ(CCC)」にて、トラック走行練習を通じて、更にスキルを上げております。
Ccc0416_002
(撮影:加藤 智)

Chibakeirin_9
CCC練習会に参加される皆様と一緒に!いつもお世話になっております!!(撮影:加藤 智)

*千葉サイクルクラブの情報はこちらからぜひご覧ください。(Facebook)
https://ja-jp.facebook.com/chiba.cycle.club
6月のCCC活動日は「5日・25日・26日」となっております。

そんなミニRGJチームが、何とチャンピオンシステム・ジャパンの公式ホームページに登場しました!

http://www.champ-sys.jp/?p=15015
Motegiminirgj

小さい時から自転車の大好きな仲間とともに、レース活動を通して活躍するミニReady Go JAPANチームの選手たちに、今後もご声援のほど、よろしくお願いいたします!!

※なお、2016年度のミニRGJチーム選手の募集はおこなっておりません。何卒ご了承くださいませ。

|

2016年3月 2日 (水)

2016東京マラソンEXPOに初訪問しました!

RGJチーム事務局です。先日2月25日から27日まで、東京ビックサイトで開催された「東京マラソンEXPO2016」。このイベントに日頃、Ready Go JAPANチーム選手達の肌を守る、アミックグループ様のスポーツ化粧品製品「AthleteX(アスリートエックス)」が初めてブース出展することとなりました。
Img_6059
さらにRGJチームのサプライヤーとして日頃ご協力いただく武田レッグウェアー様の「R×Lソックス」、更には同じくサプライヤーの江崎グリコ・チームパワープロダクション様が、それぞれブース出展するということもありまして、25日(木)にチームを代表して、須藤むつみ選手兼GMが初訪問させていただきました。そのレポートをお届けします!
Img_6128
当日は最高のお天気!会場は平日の昼間でしたが、なかなかの来場者でにぎわっておりました。というのも、このEXPO会期中は東京マラソンのレース受付も同時に、この会場内でおこなっている、という仕組みなんです。ようは、レース受付をしたついでにレースの準備をしていただくため、レース協賛スポンサーを中心にスポーツ関連グッズ販売などのブース出展や、マラソンレース対策のイベントなどもおこなわれているのです。
Img_6131
まずは早速、アスリートXの出展ブースにお邪魔します。実は私は1日だけですが、こちらのブースでPRお手伝いをすることになっておりました。そこで、アスリートXのサポートを受けているアスリート達とともに製品PRをおこないます!製品のラインアップはコチラから!http://www.athletex.jp/
Img_6130
今回は様々なラインアップの揃うアスリートX製品の中でも日焼け防止ラインとなる「アンダーベース」と「サンプロテクト」のペア製品をPRします!このブース出展用に用意したというミニサイズの配布用サンプルを手渡しながら、特に「汗や水にとても強くて、朝一回しっかり塗れば日中、付け足しナシで日焼け防止が出来る!」ということをお伝えしてきました。

さらに、サンプルにはPF40と50の2種類があるので、お客様たちのお肌の特性とかもお聞きしながらお渡しして、出来るだけ肌のコンディションに負担にならないようにしました。
Img_6134
お客様たちからの声としては、「塗り足しが必要ないなら、走っているときはモチロンだけど、水とか被っても大丈夫だとイイ!」という女性の方、「香りが化粧品特有のものでないので、俺でもつかえるね!」という男性の方など、様々なお声をお聞きできました。

さらに、江崎グリコ・チームパワープロダクション様のブースに行ってみますと・・・凄いブース展開が!!
Img_6146
どどん!!と!!先日は京都でのマラソン展示会にも出展したばかりということもありますが、さすがブース展開の華やかさなどPR慣れされているグリコの皆様。自転車だけでなく、ランナーを始めとするアスリートの皆様の体を栄養面で、今回もしっかりと支えております。やはり飛ぶようにグリコ製品が売れておりました!!そんなグリコ・チームパワープロダクションの製品ラインアップはコチラです!http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/

そして、武田レッグウエアー様のR×Lソックスブースにお邪魔を・・・おおお!
Img_6139
メリノウールちゃんを抱えた可愛いギャルがお出迎えであります!毎回かなりの数が販売されるということで、可愛い売り子ちゃんも多数スタンバイしております。拝見するとランナー専用商品を中心に販売展開をしておりましたが、ちゃんとバイク用もございました。
Img_6140
ほうほう、ランナーの中にはトライアスロンとかデュアスロンの方もいるでしょうから、確かに需要はあるからでしょうね。・・・ん??
Img_6141
ややっ!これは!!なんとReady Go JAPANチームのアピールパネルがありましたよ!しかもコレって昨年の某展示会でRGJ小沼との2ショット(照)。感激であります!!
Img_6138
レース参戦時はもちろんですが、レース運営などでも大活躍のアイテム!R×Lソックスのラインアップはコチラです!http://www.rxl.jp/

かなり長い時間、会場にお邪魔しておりましたが、会場の全部を回り切れないほど充実した出展の数々で、かなりおなか一杯になりました!何よりも普段はランナーの方々と接する機会がないので、ちょっと不安ではありましたが、同じアスリートとしていろいろとお話しが出来たのも楽しかったです!自転車レースの運営にも携わる機会のある私としては、とても勉強になる1日となりました。この貴重な機会をご提供いただきました、株式会社アミックグループ様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!!
Img_6143

*東京マラソンEXPOについてはコチラをご覧ください。
http://www.marathon.tokyo/events/expo/

|

2016年2月 1日 (月)

2016年Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム体制ほか発表です。

RGJチーム事務局です。本日、2016年Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム体制、および女子自転車ロードレースランキング「風の女神ランキング2016」のランキング対象となる22大会をプレスリリース発表いたします。

2016rgjmain001_2

2016年Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム体制につきましては、おかげさまでチーム設立8周年となった今年・2016年、チームの活動を更に活発化させるために選手6名(うち2名テスト生)の体制とし、この体制にプラスして小中学生女子を中心とした「ミニReady Go JAPANチーム」を新規発足させます。

2016rgjmain003_2
※写真左より吉岡梨紗、高橋吹歌、須藤むつみ、小沼美由紀、伊藤千紘、岡田香織(撮影:加藤 智)

更にご好評いただきましたチーム主催レース「RGJチーム杯ウイメンロードレース」につきましては、今年も千葉県成田市・下総フレンドリーパークにおいて8月7日(日)の開催を予定しております(男子マスターズロードレースも併催)。

詳細につきましては、こちらのプレスリリースをご覧くださいませ。
*2016RGJチーム体制:プレスリリース
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/2016rgj-d574.html

女子自転車ロードレース選手の強化と普及を目指した女子自転車ロードレースランキング「風の女神ランキング」につきましては、既に昨年より運用を開始しておりますが、今年も引き続き「風の女神ランキング2016」として運用をおこないます。
Skazemegami_2
ランキング対象レースは全日本選手権レースを中心に様々な運営団体のレースを組み込み、日本国内の主なレースをセレクトしました。この「風の女神ランキング2016」による獲得ポイントは昨年に引き続き、今年もReady Go JAPANチームでの選手評価に利用しております。今年も幅広い世代の優秀な女子ロード選手を皆さんに応援いただける企画として、こちらの「風の女神ランキング2016」も併せてご注目いただきますよう何卒お願いいたします。

詳細につきましては、こちらのプレスリリースをご覧くださいませ。
*風の女神ランキング2016:プレスリリース
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/2016-556d.html

今後もレース活動を中心に、交通安全や充実した自転車生活を普及する活動など、広く自転車を通じたチーム活動をおこなう「Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム」に、ご声援とともにご注目、ご期待のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

|

2016年RGJチーム体制発表・プレスリリース

*2016年Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム体制発表

平素は、NPO法人サイクリスト国際交流協会(本部:千葉県成田市/会長:須藤むつみ)が活動を支援する女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」にご声援をいただき誠にありがとうございます。昨年は、全日本マスターズ選手権トラックレースの「2km個人追抜き(IP)」において優勝を修め2連覇を達成、全日本チャンピオンを防衛することが出来ました。さらに9月にはシクロクロスレースでは、中国・北京と海南島で開催された国際レースUCIクラス1「Qiansen Trophy Cyclo-cross」に参加、UCIポイントの獲得に成功しました。

また、日本の女子チームでは初めて、チーム主催で「RGJチーム杯ウイメンロードレース」を千葉県成田市にて運営、これも日本初の「賞金付き女子ロードレース」として地元に根付くレース作りをおこない、注目を集めることができました。これも多くの皆様からのご声援とともに、ご協賛各社様や関係者の皆様のご尽力によるチーム所属選手の頑張りが結果に繋がったと考えております。

2016rgjmain001

そして今年、おかげさまでチーム設立8年目を迎える弊チームの2016年チーム体制、および活動メンバーにつきまして新体制を発表します。これによりチームは今年、下記のように選手が5名(うち昨年8月のトライアウト合格で加入した2名は、テスト生扱いとして今年3月末まで活動)、そしてプレイングコーチ1名の全6でチーム活動をおこないます。この体制プラスして小中学生女子を中心とした「ミニReady Go JAPANチーム」を新規発足させます。

ご好評いただきましたチーム主催レース「RGJチーム杯ウイメンロードレース」につきましては、今年も千葉県成田市・下総フレンドリーパークにおいて8月7日(日)の開催を予定しております(男子マスターズロードレースも併催)。

更に昨年より運用を開始し、女子自転車ロードレース選手の強化と普及を目指した女子自転車ロードレースランキング「風の女神ランキング2016」の運用をおこないます。ランキング対象レースは全日本選手権レースを中心に様々な運営団体のレースを組み込み、日本国内の主なレースをセレクトしました。こちらの対象レースの一覧につきましてはこちらを是非ご覧ください。http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/2016-556d.html

この風の女神ランキング2016による獲得ポイントは昨年に引き続き、今年もReady Go JAPANチームでの選手評価に利用しております。今年も幅広い世代の優秀な女子ロード選手を皆さんに応援いただける企画として、こちらの「風の女神ランキング2016」も併せてご注目いただきますよう何卒お願いいたします。

2016rgjmain003
※写真左より吉岡梨紗、高橋吹歌、須藤むつみ、小沼美由紀、伊藤千紘、岡田香織(撮影:加藤 智)

<2016年・RGJチーム所属選手紹介> 
選手:4名(年齢は2016年12月31日時点)
・小沼 美由紀(埼玉県・45才)
・伊藤 千紘(埼玉県・33才)
・高橋 吹歌(埼玉県・16才)
・須藤 むつみ(千葉県・47才)

テスト生:2名(昨年8月のトライアウト合格で加入、今年3月末までテスト生として所属)
・吉岡 梨紗(埼玉県・20才):学連チームとして学習院大学自転車部にも所属
・岡田 香織(埼玉県・40才)

<チームスタッフほか>
・事務局:須藤 むつみ
・チーム監督:須藤 大輔(千葉県)
・管理薬剤師(アンチドーピング指導):酒井 一典(興生堂薬局)
・チームメカニック:諏訪 孝浩(BIKE SHOP SNEL)
・チームスタッフ:寺田 有希(愛知県)

*将来有望なジュニア女子を中心としたチーム「ミニReady Go JAPANチーム」を新規発足!
更に、上記の「Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム」のジュニア版として、中学生以下の選手を集めた「ミニReady Go JAPANチーム」を新たに発足させます。

こちらの「ミニReady Go JAPANチーム」については、将来有望な小中学生選手をRGJチームの枠組みの中で、自転車好きな仲間を作りながら、のびのびと自転車レースに参加し、また自転車教室で勉強しながら、自転車の未来を長く繋げてもらう役目をお願いしたいと考えています。こちらのメンバー発表は後日おこないますので、是非ご注目ください。

・中学生までの選手で自転車が大好きであること。
・出来ればレース出場の経験があること。レース経験について、自転車の種目であれば、ロードレース・MTB・シクロクロスなど問わない。
・女子をメインとするが、男子の所属もOK。ただし、女子選手のみレース成績が優秀で本人が希望すれば、RGJチームにトライアウト免除で加入できる。
・どこでも元気に挨拶し笑顔で仲良く、チーム選手たちと助け合って行動すること。
※なお、指定チームウェアなどの必要備品、遠征費用などは各自でご負担いただきます。

<NPO法人サイクリスト国際交流協会会長・須藤むつみのコメント>
2015年につきましては、弊法人支援事業「Ready Go JAPAN」チーム活動の7年目となり、日本の女子チームでは初めて自分たちでロードレースの運営を主催事業としておこないました。開催場所が弊チーム加入のための「トライアウト」会場として馴染みのある千葉県成田市の下総フレンドリーパークということもあり、レース当日には女子レースにも参戦、走りの面でもレースを盛り上げてくれました。

そのため、チーム所属選手たちはメインとなるレースでの活躍はもちろんですが、上記のような自転車普及に関わる活動についても積極的に協力してくれました。その折々で多くの方々からチーム所属選手たちへ、たくさんのご声援をいただきましたことを、この場をお借りして御礼申し上げます。

さらに所属選手の強化・育成の面においては、昨年より法人で運営を開始した「風の女神ランキング」の獲得ポイントに連動したチーム所属選手の 2015シーズンの評価をシビアにおこない、2016 シーズンは選手の顔ぶれを大幅に刷新することとなりました。

一方で、ジュニア女子を中心としたチーム「ミニ Ready Go JAPANチーム」を新規発足することとしました。これにより、将来を見据えた強化育成も更に一貫して行える体制となります。

チーム設立8年目となる今年・2016年は、上記のように少数精鋭のチーム体制にシフトチェンジしました。これによりReady Go JAPANチームは「ネクストステップ」に入ったと考えております。全日本選手権レースでの勝利や海外レース参戦とともに、開催が決定した「2020年・東京五輪」へ自転車競技の日本代表選手を弊チームより輩出することを最大目標としたチーム強化育成プランを更に厳しく実施してまいります。

そして、今年は大きく2つの活動を実施します。1つは国内および海外のレース活動、もう1つは昨年に引き続き、チーム主催で開催する「RGJチーム杯ウイメンロードレース」の運営です。この大会では昨年同様に男子マスターズロードレースを併催、さらに東京都自転車競技連盟主催のジュニアロードレースも併催し、この大会の開催を更に地元密着の大会に発展しようと考えております。

更に、まだ内定とは聞いておりますが、通年11月に沖縄県で開催のロードレース「ツール・ド・おきなわ」の女子国際100kmレースが、今年は日本で初の「UCI公認の女子国際ロードレース」としておこなわれるとのことです。これが決定した暁には、弊チームが設立当時から目標としている「UCI公認女子チーム」を実現するためにチーム出場を目指していきます。そして、このようなReady Go JAPANチームの活動を通して多くのご期待とご声援に応えていきたいと考えております。

今後もレース活動を中心に、交通安全や充実した自転車生活を普及する活動など、広く自転車を通じたチーム活動をおこなう「Ready Go JAPAN女子自転車レースチーム」に、ご声援とともにご注目、ご期待のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

<2016年・RGJチームご協賛各社のご紹介>
S2016rgjmain002

*オフィシャルスポンサー(順不同・敬称略)
・三和エナジー株式会社 http://www.sanwa-energy.com/
※生分解性潤滑油「BIOBLEND」http://www.sanwa-energy.com/fuel/biodiesel.html#02

*オフィシャルサプライヤー(順不同・敬称略)
・株式会社ASK TRADING:BOMAカーボンフレームおよびホイール 
http://www.bomabike.com/
・Champion System Japan:RGJチームオリジナルジャージ
http://www.champ-sys.jp/
・ミシュラン(株式会社日直商会):タイヤ
http://www.nichinao.co.jp/
・株式会社オージーケーカブト:ヘルメット、アイウエア、ボトル、バーテープなど
http://www.ogkhelmet.com/
・パワープロダクション(江崎グリコ株式会社):サプリメント一式
http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/
・FALCON(パワーアップジャパン株式会社):整備ケミカル用品
http://www.puj.co.jp/product/index.html
・コーワ株式会社:自転車専用輸送箱「BTB輪行箱」
http://www.j-kowa.co.jp/
・武田レッグウェアー(株)、エムエムプランニング(株):高機能ソックス「R×L SOCKS」シリーズ
http://www.bigtoe-takeda.com/
http://mmponline.co.jp/
・株式会社キャットアイ:サイクルメーターほか
http://www.cateye.com/jp/
・株式会社アミックグループ:アスリート専用化粧品「Athlete X(アスリートX)」シリーズ
http://www.athletex.jp/

※他オフィシャルパートナー、提携クラブチームなどはこちらをご参照下さい。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/sponser.html

・Ready Go JAPANチーム公式ホームページ
http://www.jbrain.or.jp/rgj/index.html

・Ready Go JAPANチーム速報ブログ
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/

・Ready Go JAPANチームFacebook公式ページ
http://www.facebook.com/readygojapan

・NPO法人J-BRAINホームページ
http://www.jbrain.or.jp/index.html

※このプレスリリースについてのお問い合わせは、担当:須藤m-sudou@jbrain.or.jpまでご連絡くださいませ。

|

2015年4月13日 (月)

日直商会がご紹介するミシュランタイヤの魅力をRGJチームからも発信!

RGJチーム事務局です。日頃より高品質「ミシュラン(MICHELIN)タイヤ」でReady Go JAPANチームを支える株式会社日直商会様。こちらから先日、ミシュランタイヤの2015シーズンカタログが発表されまして、タイヤのインプレを弊チームが担当させていただきました!
Simg_2249
目印は、この表紙です!ミシュランの有名キャラクター・ビバンダム君が目印!

Simg_2247
上記のカタログ裏表紙ページにて、トライアスロン選手の加藤 友里恵さん(写真・右)とともに、今回のカタログインプレを掲載いただきました!

Simg_2248
2015のRGJチーム写真とともに、ミシュランタイヤの魅力を出来る限りテキストにしてみました!ぜひ、本カタログをお手にいただければ幸いです!

Simg_2251
ミシュランタイヤの回転抵抗とグリップのバランスの良さを実感していただきながら、タイヤの入っている箱に書かれた「適正空気圧」を参考にすることで、特に体重の軽い女子やジュニア選手にタイヤ性能をフルに引き出してレースやトレーニングで愛用いただきたい!と普段、ミシュランタイヤを使用するRGJチーム選手たちは考えております。

そんなミシュランタイヤのお取扱いはこちら、日直商会となっております。
http://www.nichinao.co.jp/

|

より以前の記事一覧