2017年2月21日 (火)

チーム運営法人がシクロクロス千葉の大会運営を協力!

RGJチーム事務局です。弊Ready Go JAPANのチーム運営母体となるNPO法人「NPO法人サイクリスト国際交流協会(NPO法人J-BRAIN)」が、先日の2月19日(日)に千葉県千葉市・千葉ポートパークにて開催された「ワコーズホームPRESENTS・CYCLOCROSS CHIBA2016-17(シクロクロス千葉)」の第2戦に、大会協力として名を連ね、当日のレース運営にも協力をしてきましたので、その大会模様とともにレポートします。
Kazuko_yamaguchi_006
Photo:Kazuko Yamaguchi

当日は風が強かったものの晴天に恵まれて、関東のシクロクロスファンを中心に、普段は千葉ポートパークに訪れる方々も観戦にお越しいただき、特に砂のセクションを中心に盛況となりました。
Kazuko_yamaguchi_005
Photo:Kazuko Yamaguchi

会場内では様々な出展ブースも並び、大会オリジナルビールなど魅力的な商品も多く販売され好評でした。
Kazuko_yamaguchi_009
Photo:Kazuko Yamaguchi

今大会では、RGJチーム須藤むつみがレースMCを担当し、会場の雰囲気を盛り上げるお手伝いをしてきました!
Tanne_001
大会長の千葉市議会議員・阿部さとし氏よりコメントをいただく、レースMCのRGJ須藤(Photo:momiko)

Aizawa_002
レースの締めを務めた60分耐久レース「エンジョイレース」を盛り上げてくれた参加選手の皆様と!(Photo:Aizawa)

AJOCCカテゴリーのシクロクロスを中心に、気軽に参加できる耐久レースも開催され盛況のうちに大会を終えることが出来ました。大会に参加いただきました選手の皆様、ご観戦にお越しいただきました皆様、そして大会運営スタッフの皆様、ありがとうございました!

関東地域では後進だった千葉県シクロクロスの熱の高さを、多くの方々に示した今シーズン2016-2017のシクロクロス千葉。来シーズンも交通アクセスの良い同会場での開催を予定しているそうなので、是非次回は、皆様に会場へお越しいただきシクロクロスの熱気を身近に味わっていただきたいと思います。

*シクロクロス千葉の公式ホームページ
http://www.496chiba.com/index.html

<次回のRGJチーム出場レース>
2016rgjcx
・2月26日(日)茨城シクロクロス第4戦・土浦ステージ
会場:茨城県土浦市佐野子町・市民運動広場
http://www.ibarakicx.com/
※RGJチームより高橋 吹歌選手が女子L1レースに出場!

|

2017年2月17日 (金)

シクロクロス東京2017でRGJ吉岡が活躍、今年もJ-BRAINが運営協力

RGJチーム事務局です。先日、2月11日・12日の2日間にかけて東京都お台場海浜公園にて開催された「シクロクロス東京2017(Champion System –Cyclocross Tokyo 2017)」。今年で6年目=6回目の開催となった今大会には、天候に恵まれたこともあり例年以上の観客が詰めかけました。
Image_0029
Photo:gg_kasai

そんな熱い盛り上がりの大会にReady Go JAPANチームから吉岡 梨紗選手が2日目・12日の女子L1(エリート)レースに出場し、トップと同一周回の18位で完走を果たしました!
Inoue_007
Photo:Inoue Kazutaka

Image_0013
Photo:gg_kasai

「砂浜区間は全然乗れず、課題は山積みですが、シクロクロスに出会ってやってみたい!と思ったキッカケとなる思い入れのある大会だったので、大観衆の中を走り多くの方々に名前を呼んでいただき、同一周回に間に合った最終周ではラストファイト!の応援で更にチカラをいただきました」とはRGJ吉岡のコメント

Okamoto_001
Photo:okamoto

「レースを最後まで本当に楽しむことが出来ました。改めて観客、スタッフの方々、選手で作り上げるシクロクロスは素敵だな、と思いました」とシクロクロスへの熱い想いを語ってくれたRGJ吉岡。
Inoue_022
Photo:Inoue Kazutaka

このようにシクロクロスの新たな魅力を感じてくれる方が、男子だけでなく女子でも多いようで、先日は下記のように取り上げてもらえるようになってきました。今後も様々なかたちで「シクロ女子」たちにも貢献できるようなチーム活動をおこなっていきます!

*Cyclist(Sanspo)2月14日掲載
“クロス女子”が増加中 「一度始めたらやみつき」になるシクロクロスの魅力とは?
http://cyclist.sanspo.com/315185

そして、今大会で6回目の開催となるシクロクロス東京ですが、この大会には第1回大会から弊チームの活動を支える「NPO法人J-BRAIN」が協力団体として運営協力、大会当日もスタッフの一員として運営をおこなってきました。
Img_0147

Kensaku_002
Photo:Kensaku Sakai

NPO法人J-BRAINは、今大会のほか関東地域で開催されているシクロクロス大会のうち、「茨城シクロクロス」「千葉シクロクロス」につきましても、運営協力や大会後援をおこない関東地域での自転車およびシクロクロスの普及活動にも協力をおこなっております。Img_0131
今後も日本ならではの自転車文化の発展を考慮しながら、様々な自転車関連のレースやイベントの企画、運営に協力していきますので、こちらも是非ご注目ください。

そして今大会におきましても、多くのご声援をRGJチーム選手にいただき誠にありがとうございました!!
2016rgjcx
*シクロクロス東京・公式ホームページはコチラです。
http://www.cyclocrosstokyo.com/

*レース結果はこちらです(AJOCC掲載)。
http://www.cyclocross.jp/results/2017/02/2016-17-jcx-12-2017.html

|

2016年12月28日 (水)

トレーニングレース@下総FPに運営協力しました!

RGJチーム事務局です。話題の日程が前後してしまいますが、先日の12月23日(金・祝)に千葉県成田市・下総フレンドリーパークにて開催された「トレーニングレース@下総フレンドリーパーク」。こちらの運営にNPO法人J-BRAINが協力しておりましたので、Ready Go JAPANチームから須藤むつみ選手がお手伝いをしてきましたので、その御報告をお送りします。(写真撮影すべて:Kazutaka Inoue)
1223shimousa_006

RGJチームにとっては地元であり、RGJチーム加入テスト・トライアウトやRGJチーム杯ロードレースの開催としてお馴染みの下総フレンドリーパーク。イベント当日は朝から風があるものの良い天気。寒さも落ち着いている中、男性や女性、さらにはミニReady Go JAPANチーム選手も含めたキッズなど総勢70名以上の参加者が集まりました。その中でも女性やキッズの参加者が多く、日頃から自転車を安全に楽しく乗れるように!とLink東北の鵜沼氏が指導するカリキュラムを丁寧にこなしていました。

1223shimousa_002
私としては、皆様に出来るだけ分かりやすくコツをお伝えできれば!ということで自分の経験を踏まえたアドバイスをさせていただきました。御一緒に運営協力いただいたJBCFレースでお馴染みのLink東北チーム、湾岸ユナイテッド、そしてキッズの育成にも力を入れているFlechaの選手達も皆さんと一緒に走ったり、お手本を示して細かくレクチャーをおこなっていました。

1223shimousa_015
ロードレースで、大切だし必須なのに今更聞きづらいことといえば「集団走行」。こちらについても、自転車に乗る前に徒歩でローテーションを組んで歩いてもらって、適切なローテしょんのやり方を実施しました。最初に各々でやってもらうと、ペースがバラバラでうまくいかなかったのですが、コツを細かくチェックしながら入れるとスムーズに回って、その後に自転車で実践するときも頭に入れやすかったと思います。

1223shimousa_033
レクチャーのプログラム後には、キッズ模擬レース!そして今日のおさらいと仕上げを兼ねて、2時間耐久方式の模擬レースをおこないました。

1223shimousa_027
参加者にはJBCFレースにも参加する選手の姿もあり、更なる技術の向上することでレースに一層集中できることを目指してレクチャーを受けておりました。初心者も必要なトレーニングレースですが、ある程度レースで戦える選手ほどオフシーズンにチェックを兼ねた、このようなレースに参加することは重要だとも改めて思いました。

1223shimousa_032
途中で小雨がパラつきましたが、雨上がりの空には虹も出て2時間耐久の終了時刻頃には穏やかな天候に戻り、全員が無事に怪我・事故なくゴール!全てのプログラムを終了することができました。

ご参加いただきました選手の皆様、そして主催のLink東北、運営ご協力いただきましたFlechaと湾岸ユナイテッドの皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!!

1223shimousa_034
ほのぼのした雰囲気で和やかにトレーニングが出来て楽しく、しかも勉強になったと思います。今回の実施で気が付いた点や、もっとこんなことを教えたい、というところも見つかりましたので、次回の運営に生かしたいと思います。

逆に「こんなことを次回は教えてほしい」というリクエストがございましたら、ぜひともRGJチームの須藤までお知らせください。引き続き安全で楽しい自転車レースのために啓蒙活動をおこないますので、よろしくお願いいたします!!

*当日のレポートは、こちらの須藤むつみ個人ブログにも掲載しております。
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2016/12/27/215901

|

2016年12月17日 (土)

RGJチームゲスト参加のお知らせ、ほかです!

RGJチーム事務局です。いよいよ今週末、12月18日(日)に東京都小平市で「TCFシクロクロス自転車学校inブリヂストン」が開催されます。こちらは小学生から高校生の男女選手を対象に、小平市のブリヂストンのグランドで、オフロード自転車による自転車学校を開校します。

内容としては、シクロクロスによる自転車学校ですが、オフロード車ではあれば何でも参加OK!滑り易い路面に対し、いかなる技術が必要か?そして速く走るためには?というコツや技術を仲良く楽しく練習するカリキュラムとなります。

このスクールの講師として、Ready Go JAPANチームの須藤むつみ選手、そして須藤大輔チーム監督が指導をおこないます!
Inouekazutaka_015
左が須藤チーム監督、右がRGJ須藤選手(撮影:Kazutaka Inoue)

自転車の種目はロード、MTB、競輪を含むトラックにBMXなどなど沢山あります。その中でシクロクロスはロード由来の種目になりますが、自転車の面白さが全て詰まっていると言っても過言ではないでしょう!ペダルを漕ぐパワー、速さだけでなく、悪路をスムーズに走るための自転車を操るテクニックも必須なのです。レースではライバルとの駆け引きも必要ですし、障害物を越えたりランニングのためのスキルはトライアスロンやデュアスロンの要素も入ると言えます。自転車の総合格闘技、それがシクロクロスなのかも知れませんね!

このようなシクロクロスの乗車技術を通して、自転車を安全に楽しく乗るコツを覚えてもらうための講義を受けられる上記イベントにおきまして嬉しいお知らせです!Ready Go JAPANチーム選手たちが愛用するスポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)、こちらのサンプルをスクールに参加のスポーツ大好きキッズ達に、無料配布します!

TCFシクロクロス自転車学校inブリヂストンの開催要項はこちら
http://www.tokyo-cf.jp/news/6983.html

シクロクロスの詳しい情報はこちら
http://www.cyclocross.jp/index.html

スポーツを愛する人たちの肌を守るスキンケアラインアップ・スポーツ化粧品 AthleteX(アスリートX)のFacebookはコチラです!!
https://www.facebook.com/sportscosme.athletex/

更に12月23日(祝)には、RGJ杯ロードレースの会場としても御馴染みの千葉県成田市・下総フレンドリーパークにおきまして、「トレーニングレース@フレンドリーパーク下総」が開催されます。

こちらは、自転車レースに出てみたいけどどうすれば良いかわからない方に大きなレースに出る前に実践経験を積んで頂き、本番で怪我をせず現時点で出来るベストな結果を残せるように、更に単独で走る方(教えてくれる方がいない方など)同士が知り合いとなり一緒に走るきっかけを作ることを趣旨に開催される、トレーニングレースとなります。
Gc4_0142
撮影:加藤 智

こちらにReady Go JAPANチームより須藤むつみ選手がスタッフとして、運営のお手伝いをしながら皆さんと一緒に走行します。

両イベントともに、皆様のお越しをお待ち申し上げております!!当日お会いできるのを楽しみにしております!!

*「トレーニングレース@フレンドリーパーク下総」の詳細はこちらをご覧くださいませ。
https://gicz.jp/open/fps1223

|

2016年9月22日 (木)

日本マスターズ、そしてシクロクロスいよいよ開幕!

RGJチーム事務局です。まずはトラックマスターズの連覇を狙う、Ready Go JAPANチーム小沼 美由紀選手が、今週末の9月24日・25日に秋田県で開催される「日本マスターズ2016秋田大会」に出場します!
Image_0008
写真は9月4日のJBCFタイムトライアル選手権に出場するRGJ小沼(撮影:gg_kasai)

日本マスターズは毎年、自転車競技のほかに水泳やサッカー、テニスなどがおこなわれる「ベテラン年齢の国体」といった位置づけの大会。今年は秋田県で13の競技が開催されます。自転車競技については美郷町自転車競技場でトラック種目のみの開催となり、35歳以上の男女選手が出場し、年齢別のカテゴリーで競います。

このトラック競技でRGJ小沼は500mタイムトライアル(TT)と、2km個人追抜き(IP)にエントリー。個人追抜きの連覇とともに、タイムトライアルの初優勝を狙いますので、何卒ご声援のほどよろしくお願いします!!

*レースに関する情報は下記の大会公式ページをご覧ください。
http://sportsmasters2016.com/cycling.html

そして、9月25日(日)には茨城県東茨城郡城里町の旧七会中学校にて「茨城シクロクロス第1戦」となる城里町旧七会中学校ステージが開催されます。

Image2

こちらのレースは、日本国内のシクロクロス運営を担い、今シーズンから法人化した「AJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)」のシリーズ開幕戦となります。

このレースにReady Go JAPANから女子最高カテゴリーとなるL1に伊藤 千紘、吉岡 梨紗、そして今年からL1に昇格する高橋 吹歌の3選手がエントリーしております。

なお、こちらのレース運営にはRGJ須藤むつみと須藤大輔チーム監督が入ります。いよいよ今週末から開幕する2016-2017のシクロクロスシーズンにもご注目のほどお願いします。
Kensaku_sakai_005
昨年の全日本シクロクロス選手権のスタートを待つRGJ吉岡と伊藤(撮影:Kensaku Sakai)

*茨城シクロクロスの情報については、こちらの公式ページをご覧ください。
http://www.ibarakicx.com/

*茨城シクロクロスの公式Facebook
https://www.facebook.com/ibarakicxshirosato/

*AJOCC公式ページ(2016-2017シーズン全スケジュールなど情報掲載してます!)
http://www.cyclocross.jp/

|

2016年9月20日 (火)

9月連休のRGJ参戦レースとゲスト参加ご報告レポートです!

RGJチーム事務局です。9月の17日から3日間にわたり連休となった方は多かったと思います。日本には台風が3つも待機し雨模様の連休となってしまいましたが、Ready Go JAPANチームの選手たちは各地のレースやイベントで活躍しておりましたので、そのご報告をまとめてレポートお届けいたします。

まずは9月18日(日)、千葉県成田市にて開催された「秋のしもふさクリテ」にRGJチームから吉岡梨紗選手と須藤むつみ選手がゲスト参加、レース表彰式などで会場の盛り上げをお手伝いしてきました!
Ushi_001
撮影:RGJチーム事務局

朝から雨が降ったり止んだりでしたが、「サイクルクリニック」からスタートしたスケジュールは、120分エンデューロやカテゴリー別のクリテリウム・レースが開催されました。速いペースのレース先導はホストチームでもあるチームマトリックスの所属選手たち等でコントロールをおこないました。
Takashisaito_010
撮影:Takashi Saito

Takashisaito_011
撮影:Takashi Saito

Sugayousuke_002
撮影:Suga Yosuke

今回ゲストとして参加したRGJの須藤選手と吉岡選手は、参加する選手の皆さんが試走やレースで安全に走れるように誘導などをおこないました。Takashisaito_009
撮影:Takashi Saito

特にジュニアレースについては、しっかりとしたカテゴリー分けとレース運営で良い評判となっているようで、ジュニア選手たちの目標レースとなって今回も多くの参加選手が集まりました!もちろん、ミニRGJチーム選手たちも参戦し熱い走りで会場を盛り上げておりました!!
Takashisaito_004
撮影:Takashi Saito

20160918_001
フォトジェニックなミニRGJチーム選手!雨の中でも元気いっぱいで、レース後も仲間たちと遊んでいました。

Ushi_002
各レースの後におこなわれる表彰式のプレゼンターを担当するRGJの須藤と吉岡。

Ushi_003
恒例の「ジャンケン大会」では、「RGJのジャンケン娘達」から吉岡選手が登場し、上手に会場を盛り上げてくれました!雨の中、皆様お疲れ様でした‼︎

*こちらのレース情報は下記の公式ページからご覧ください。http://crra.powertag.jp/atshimofusa/guide.html

*当日のレースお手伝いレポートをRGJ須藤個人ブログで掲載しました。
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2016/09/18/000000

そして同日の9月18日、埼玉県秩父市で開催された伝統レース「第64回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」に、RGJチームから伊藤 千紘選手、そして学校で所属する高体連チーム「筑波大学付属坂戸高等学校自転車部」として高橋 吹歌選手が出場しました。
Mh4_0075
撮影:一社・埼玉県自転車競技連盟(加藤 智)

女子レースは30名近いエントリーの中、20名が当日出走し高橋が7位、伊藤が9位となりました。今大会でもご声援いただき、ありがとうございます‼︎
Mh4_0139
ゴールのスプリントで惜しくも6位入賞を逃したRGJ高橋(撮影:一社・埼玉県自転車競技連盟(加藤 智)

Mh4_0146
9位ゴールとなったRGJ伊藤(撮影:一社・埼玉県自転車競技連盟(加藤 智)

*大会情報は下記の公式ページをご覧ください。
http://www.saitama-cf.com/information/20160624/index.html

*シクロワイアード掲載レースレポート
http://www.cyclowired.jp/news/node/212086

そして、翌日の9月19日(月・祝)には、神奈川県川崎市の向ヶ丘自動車学校にてスマートコーチング主催の「サイクルテクニックスクール」がおこなわれました。スクールでは、集団走行やレース走行を安全に学べる、遊びの要素も組み入れたカリキュラムをクラスに分けて実施されました。こちらのスクールのジュニアクラスを、RGJ伊藤千紘選手がアシスタントとしてお手伝いしてきました。
20160919_ito
ご参加いただいた皆さんが、こちらのスクールを経て自転車の楽しさを学んでいただけたらRGJチームとしても嬉しいです。皆様ありがとうございます!

*こちらのスクールに関する情報は下記をご参考くださいませ。
http://201609cycleschool.peatix.com/

|

2016年8月19日 (金)

2016中国シクロクロス遠征にRGJ須藤が参加決定!

RGJチーム事務局です。昨年もReady Go JAPANチームより須藤と伊藤が参戦した中国でのシクロクロスUCIレース。こちらのレースに、今年もRGJチームより須藤が参戦することが決定し、諸手続きが完了しましたので、大変に遅くなりましたが遠征チームメンバーなど発表いたします。

2016 Qiansen Trophy Cyclo-cross 遠征概要
Yanqing and Fengtai , Beijing,CHINA
遠征期間:2016-8-28(日) ~2016-9-4(日)

【メンバー】
〈Elite Men〉
小坂 光(宇都宮ブリッツエン シクロクロスチーム)
前田 公平(弱虫ペダル サイクリングチーム)
小坂 正則(スワコレーシングチーム)
池本 真也(Frieten)
松本 駿(Team SCOTT)
織田 聖(弱虫ペダル サイクリングチーム)
藤田 拓海(SNEL CYCLOCROSS TEAM)
齋藤 拓真(Team CHAINRING)

〈Elite Women〉
武田 和佳(Liv)
須藤 むつみ(Ready Go JAPAN)
安田 朋子(SNEL CYCLOCROSS TEAM)

〈Staff〉
菅田 純也(Team CHAINRING)
諏訪 孝浩(SNEL CYCLOCROSS TEAM)
佐藤 成彦(弱虫ペダル サイクリングチーム)
日比谷 篤史(弱虫ペダル サイクリングチーム)
池本 秀紀(宇都宮ブリッツエン シクロクロスチーム)

【レース日程】
1stレース:2016年8月31日(水)
〈Yanqing Station/UCI Class-1〉 ※UCIクラス1レース
会場:Yanqing venue is located in Yanqing County, Beijing,China.

2ndレース:2016年9月3日(土)
〈Changxindian Station/UCI Class-1〉 ※UCIクラス1レース
会場:which is located in Fengtai District, Beijing, China.

S_dsf0136
※写真は昨年の中国シクロクロス遠征、第1戦・北京でのRGJ須藤

上記にありますように、RGJチームOGの武田和佳選手、そして昨年はRGJチームスタッフとして中国遠征を支えてくれた安田朋子選手が参戦します。

今年の遠征について、「女子も男子も昨年以上に素晴らしい選手やスタッフとともに参戦できて光栄です。今まで中国への遠征を続けてくれていた、シクロクロスを愛する選手たちのおかげで今回も遠征が実現しているので、今まで以上の成果を上げて、更に日本のシクロクロスの道と可能性を広げられるように戦ってきます!」と、RGJ須藤よりコメント。

※昨年の中国遠征につきましては、こちらをご覧くださいませ。
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/ucirgjuci-ce6d.html

|

2016年8月 8日 (月)

RGJ杯ロードレース無事終了御礼とレース結果発表!!

RGJチーム事務局です。今年の大会につきまして、8月7日(日)に予定通り開催を実施し無事に全てのレース・イベントを終えることができました。ご参加いただきました選手の皆様、観戦などでご来場いただきました皆様、そして何よりも大会開催に多大なるご協力をいただきましたご後援、ご協賛、ご協力の地元自治体、各社、各団体など関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

そして以下に各レースの結果を掲載します(PDFファイルで開きます)。次回も開催予定しておりますので、引き続きReady Go JAPANチームと今大会企画にご注目のほど、よろしくお願い申し上げます。(写真撮影すべて:Saito Takashi)

34001057_20160807_231425_5i7a6371

34001060_20160807_231427_5i7a6392

34001066_20160807_231436_5i7a6727

34001071_20160807_231446_5i7a7056

34001083_20160807_231505_5i7a7526

34001035_20160807_231349_397a9258
表彰式終了後、入賞選手などを囲んで記念撮影!ほかレース写真はRGJチームのFacebookからご覧いただけるようにします。
https://www.facebook.com/readygojapan/

*Ready Go JAPANトロフィーウイメンロードレース2016:レース結果
・女子W-1結果
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-race/2016rgj_race_w-1.pdf

・女子W-2結果
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-race/2016rgj_race_w-2.pdf

・男子マスターズ結果
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-race/2016rgj_race_masters.pdf

※大会詳細、大会ご協力ご紹介などは、こちらからご覧ください。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-trophy_tryout.html

34001085_20160807_231510_5i7a7565
自転車の楽しさを女子から発信する活動を、引き続きReady Go JAPANチーム一同でおこなっていきますので、チーム活動にご注目ください!!

|

2016年7月16日 (土)

7月10日開催レースでRGJ入賞、そしてゲスト参加!!

RGJチーム事務局です。まずは7月10日(日)に長野県松本市の美鈴湖競技場で開催された、JBCF主催レース「第47回東日本トラックレース」に、Ready Go JAPANチームから小沼 美由紀選手が500mタイムトライアル(TT)と3km個人追抜き(IP)に出場し、3kmIPにおいて3位入賞を果たしました!
Jbt_6
3kmIPの表彰式の模様。左から2位の明珍 裕子(岩井商会レーシング)、優勝の田中まい(岩井商会レーシング)、3位のRGJ小沼。※写真撮影:加藤 智

「色んな方々にお世話になり、おかげさまで無事に最後まで走り切ることが出来ました。本当にありがとうございました!500mTTはスタートで失敗をしてしまい、自己新も表彰台も逃してしまいましたが、3kmIPはギリギリ3位で表彰台に立つことが出来ました。1位と2位の選手はガールズケイリンの選手なので、間近で力強い走りを見ることが出来ました。
Jbt_4
※写真撮影:加藤 智

会場となった松本市の美鈴湖競技場は、美しく雄大な自然に囲まれた、素晴らしい施設でした。ご声援いただきありがとうございます!!」とのコメントが小沼から届きました。

*上記大会の公式レース結果などはこちらから。
http://www.jbcf.or.jp/races/20160710_id=7825

更に同日、千葉県袖ケ浦市の袖ヶ浦フォレストレースウェイにおきまして開催されたマトリックス主催「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2016」に、Ready Go JAPANチームから吉岡 梨紗選手と須藤むつみ選手がゲスト参加しました。
001
※写真撮影:菅 洋介

早朝から天気が良く気温がグングン上がる中、上写真のレース「120分エンデューロ」からスタートした今大会は、ホストチームのチームマトリックスパワータグ所属選手や、RGJチーム選手などゲスト選手たちが安全管理をおこない、各カテゴリーレースとも大いに盛り上がりました!

Simg_7696
更に昼から開催された、ジュニアの各カテゴリーのレースには、ミニReady Go JAPANチームの選手たちも大活躍!!暑い中、元気にレースで健闘してくれました!!今大会でもジュニアカテゴリーのエントリー人数が多く、マトリックス主催大会でのジュニアレースの人気の高さを垣間見ることが出来ました。

Simg_7713
各カテゴリーの表彰式では、RGJ吉岡選手がプレゼンターとして華を添えてくれました!

Simg_7715
更にRGJチームのジャンケンの女神様が降臨!大会協賛各社様からご提供いただいた豪華副賞をかけて恒例のジャンケン大会です!!RGJチームはレースも強いけどジャンケンも強いのです!

Simg_7706
左は袖ヶ浦市のマスコットキャラクター「ガウラ」と、右は千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」とともに!暑かったですが無事に大会を終えることが出来ました。皆様ありがとうございました!お疲れ様でした!!

*そでがうらサマーサイクルロードフェスタの詳細情報はこちらから。
http://crra.powertag.jp/sodegaura_sumfest/guide.html

|

2016年6月17日 (金)

RGJ杯女子賞金ロードレース・男子マスターズレースを今年も成田市で開催決定!

※こちらの記事は8月7日までトップ表示します。

「RGJロードレース」として皆様におなじみとなりました、女子賞金ロードレース「Ready Go JAPANトロフィー・ウイメンロードレース」、そして男子40歳以上が参加できる「男子マスターズロードレース」を、今年も千葉県成田市の下総フレンドリーパークにて開催します!

Rg4_9994

大会詳細につきましては、下記サイトをご覧ください。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-trophy_tryout.html

大会公式Facebookもございます。こちらからどうぞ!!
http://www.facebook.com/rgjtrophyroadrace/

そして6月17日(金)より、レース参加申込みを開始しております!!
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/66314

※7月25日をもって参加募集を締め切りました。お申込みいただきありがとうございます!今大会のエントリーリストは、こちらからご覧いただけます。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-race/20160807RGJ_entry.html

Ready Go JAPANチーム一同、皆様のレースご参加・ご観戦を成田市からお待ち申し上げております!!

Rg7_9473
<Ready Go JAPAN トロフィー・ウイメンロードレース(兼:男子マスターズロードレース)2016:大会概要>

主催:Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム
後援:NPO 法人サイクリスト国際交流協会、成田市、成田市教育委員会、成田ケーブルテレビ(株)
開催日:2016 年8月7日(日)
開催地:千葉県成田市:下総フレンドリーパーク・サイクリングコース(1周=1.5km)

<大会要項より主な内容を抜粋>
Rg4_9852
*レースカテゴリー
・女子レース
RGJ トロフィー・ウイメンロードレースW-1:20 周=30km
ウイメンロードレースW-2(上記以外の一般女子):6 周=9km
・男子マスターズ(40 歳以上男子):10 周=15km
※50 歳以上、60 歳以上は同時出走、別途表彰する

Rg7_9508
*RGJ トロフィー賞金について
・ウイメンロードレースⅠ(W-1)
優勝・3万円、2位・2万円、3位・1万円、4位から6位・5千円、7位から10位・3千円
・ウイメンロードレースⅡ(W-2)
優勝・1万円、2位・5千円、3位・3千円、4位から6位・2千円
・男子マスターズ
優勝・トロフィーと成田市特産品など(ほか50歳以上、60歳以上の優勝に別途表彰)

*参加費(傷害保険含む)※1名につき
・RGJトロフィー・ウイメンロードレース1:3000円
・ウイメンロードレース2(上記以外の一般女子):3500円
・男子マスターズ(40歳以上男子):4500円

*参加申込み締切日:2016年7月25日(月)
※既に参加申込みは締め切りました。お申込みいただき誠にありがとうございます!

Rg4_9965

※今大会におきましても、RGJチーム加入テスト「第10回RGJトライアウト」を開催します。詳細は、こちらの大会詳細の後半にございます「トライアウト要項」をご確認ください。(応募締切りは大会参加締切と同じ7月25日)
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-trophy_tryout.html

Rg7_9654
※大会の最新情報につきましては、下記の大会Facebookもご覧ください。
https://www.facebook.com/rgjtrophyroadrace/

|

より以前の記事一覧