« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月11日 (土)

RGJチーム今年12月までの活動予定をお知らせします!

RGJチーム事務局です。RGJチーム・シクロクロス活動のうち、今年いっぱい分まで予定がまとまりましたので、皆様にご紹介します。各レース会場やイベント会場でお会いできるのを楽しみにしております!!
Kasukabe_001
※撮影:春日部写真店

Cxibaragi_010
※撮影:Hanna

2018年9月から12月まで、RGJチームシクロクロスレース出場
およびレースMC牛の出荷予定

※茨城シクロクロス、およびシクロクロス千葉につきましては、今シーズンも全戦、MC牛が大会司会進行・実況を担当します!

<9月>
8月31日~9月7日:中国UCIシクロクロスレース遠征
・1stレース:9/2(日) UCI公認C1レース参戦
Aohan Station (Aohan County,Chifeng City)
・2ndレース:9/6(木) UCI非公認レース参戦
Fengfeng Station (Fengfeng District,Handan City)

9日(日)レースMC
裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会
開催地:福島県北塩原村・休暇村裏磐梯から白布峠山頂
https://www.urabandai-inf.com/hillclimb/

15日(土)イベント企画・司会
自転車・軽チャー講座:第1回
「クスリとサプリメントと自転車と!」
上手な薬との付合い方、サプリメントの摂取で自転車ライフを快適に!
講師:RGJチーム管理薬剤師・酒井 一典氏(スポーツファーマシスト)
開催地:CROSS COFFEE(東京・矢野口)
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/cross-coffee-2e.html

23日(日)レースMC
茨城シクロクロス・シリーズ第1戦
城里町うぐいすの里ステージ
開催地:茨城県城里町・うぐいすの里
http://ibarakicx.com/
Okamoto_0358
※撮影:kouji okamoto

<10月>
8日(月・祝)レースMC
茨城シクロクロス・シリーズ第2戦
取手ステージ サポーテッドBY TREK(UCI公認レース)
開催地:茨城県取手市・小貝川リバーサイドパーク
http://ibarakicx.com/

13・14日レースMC
ツール・ド・かつらお(ツール・ド・ふくしまシリーズ)
開催地:福島県葛尾村
https://tour-de-fukushima.com/

21日(日)レース参戦
JCXシリーズ 第3戦
シクロクロスミーティング 第2戦 富士山
開催地 : 静岡県富士宮市 あさぎりフードパーク

28日(日)レース参戦
JCXシリーズ 第4戦
東北シクロクロス 第1戦 さがえラウンド (UCI公認レース)
開催地 : 山形県寒河江市 グリバーさがえ

<11月>
3日(土)レースMC
三春ロードレース(ツール・ド・ふくしまシリーズ)
https://tour-de-fukushima.com/

10日(土)レース参戦
JCXシリーズ 第5戦
スターライトクロスinサイクルモード (UCI公認レース)
開催地 : 千葉県 幕張海浜公園

25日(日)レース参戦
東北シクロクロス 第2戦 猪苗代ラウンド
開催地 : 福島県 猪苗代湖志田浜

<12月>
9日(日)レース参戦
第24回 全日本シクロクロス選手権
開催地 : 滋賀県高島市 マキノ高原

16日(日)レース参戦
JCXシリーズ 第9戦
宇都宮シクロクロス ろまんちっく村 day2 (UCI C2)
開催地 : 栃木県宇都宮市 道の駅うつのみやろまんちっく村

23日(日)レース参戦
東北シクロクロス 第3戦 郡山ラウンド
開催地 : 福島県郡山市 大槻公園

※日本国内で開催されるAJOCC公認シクロクロスレースにつきましては、スケジュールなど下記のサイトも是非ご覧ください。https://www.cyclocross.jp/

※RGJ高橋吹歌選手が出場するトラックなどのレースについては、決定次第に随時お知らせいたします。
Img_4152
※撮影:Takashi Saito

今シーズン2018-2019のシクロクロスを中心に様々な自転車シーンで活動をおこなう、RGJチームに引き続きご声援のほど、よろしくお願いします!!

|

2018年8月10日 (金)

9月15日(土)Cross Coffeeにて自転車カルチャー講座を開催!

RGJチーム事務局です。この度、自転車と美味しいコーヒーを提供し、サイクリストの憩いの場となっている「CROSS COFFEE」を発信地として、もっと知りたい自転車とカラダに関する情報を、気軽に聞けちゃう講座を「軽チャー講座」と銘打ったイベントを、自転車社会活動や女子チームの活動協力をおこなう「NPO法人サイクリスト国際交流協会(NPO法人J-BRAIN)」が企画・開催します!

S20180915cc

記念すべき第1回目の内容は「クスリとサプリメントと自転車と!」と題して、健康を維持しながら自転車を楽しめるクスリとの上手な付き合い方や、効果的なサプリメントの使い方、更には「ドーピングの実態」という、ちょっぴりディープな話題まで取り上げながら、美味しいCROSS COFFEEのお食事とドリンクを楽しんでいただく内容となっております。

Sakai
講師にお迎えするのは、Ready Go JAPAN女子シクロクロスチーム専属の管理薬剤師であり、スポーツファーマシストの資格を持つ酒井一典氏。ご自身も自転車愛好家であり、アンチドーピングの啓蒙活動もおこなう薬のプロから、自転車と薬を両輪で上手にコントロールするコツなどを伺いたいと思います。なお、司会進行はMC牛こと、RGJ須藤むつみが務めます。

開催時間は土曜日の午後6時からですのでお気軽にご参加いただきたいと思います。皆様のお越しをお待ち申し上げております!

<開催要項>
自転車・軽チャー講座:第1回「クスリとサプリメントと自転車と!」
<上手な薬との付合い方、サプリメントの摂取で自転車ライフを快適に!>
講師:RGJチーム管理薬剤師・酒井 一典氏(スポーツファーマシスト)
司会進行:MC牛(RGJ須藤むつみ)

主催:NPO法人サイクリスト国際交流協会(NPO法人J-BRAIN)
協力:Ready Go JAPAN女子シクロクロスチーム
協賛:株式会社 隼
Athletune_logo
開催日:2018年9月15日(土)
開催地:Cross Coffee -chocolate & sandwiches
〒206-0812 東京都 稲城市矢野口227-1グランツドルフ1階
開催時間 18:00から20:00くらいまで

<参加費>
ワンドリンク食事付き:1人様2,000円
ご参加の皆様には、今講座の協賛「株式会社 隼」様より、アスリチューンのサンプルを無料でプレゼントいたします!!

※イベント当日に精算となります。
・定員枠:20名まで

<参加申し込み方法>
こちらの講座に参加ご希望の方で、Facebookのアカウントをお持ちの方は下記のFacebookイベントページの「参加予定」ボタンをクリックしてください。折り返しダイレクトメッセージをお送りいたします。
https://www.facebook.com/events/226654334661613/

Facebookのアカウントをお持ちでない方、もしくは直接Cross Coffeeに申込をされたい方には、下記の「申込サイト」へ入力いただいても大丈夫です。
https://goo.gl/forms/DVuG8xq3KCFgwrE33

皆様のご参加をお待ち申し上げております!!

|

2018年8月 1日 (水)

RGJ須藤が今年も中国CXのUCIレースに参戦決定!

RGJチーム事務局です。2013年より開催している中国のシクロクロスUCIレース「千森杯(Qiansen Trophy)」。こちらのレースに日本チームが初年より参加し実績をあげており、RGJチームは2015年から参加しております。このレースに今年もRGJチームより須藤むつみ選手が参戦することになりましたので御報告と参戦にむけてのコメントを掲載します。

<2018年・中国レース遠征:概要>
・遠征日程
8月31日から9月7日

・レーススケジュール
1stレース:9/2(日)
Aohan Station (Aohan County,Chifeng City) UCI-C1レース

2ndレース:9/6(木)
Fengfeng Station (Fengfeng District,Handan City) 非UCIレース

<日本参戦チームメンバー>
・Men Elite
小坂 光(宇都宮ブリッツエンシクロクロスチーム)
竹之内 悠(Team Toyo Frame)
織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
斎藤 朋寛(RIDELIFE GIANT)
小坂 正則(スワコレーシングチーム)
向山 浩司(SNEL CYCLOCROSS TEAM)
積田 連(Team GARNEAU CHAINRING)

・Women Elite
須藤 むつみ(Ready Go JAPAN女子シクロクロスチーム)

・Staff
諏訪 孝浩
橋本 剛
小島 哲也
小松 聖義

・Media
阿部 昌一

<4年連続で今回も中国遠征レース参加となるRGJチーム須藤よりコメント>
2015年から、この中国シクロクロスUCIレース遠征に参戦させていただき、今回も何とか主催者のセレクションに入り参戦することが叶いました。今回も一緒に参戦する日本チームは、既に中国遠征を経験している選手・スタッフが多く、更に自分自身も4回目の中国遠征となるので、その経験を活かしてレースに臨みたいと既に準備をおこなっております。
36256440254_8ee2224cd1_o
※写真は2017年の中国遠征時(撮影は阿部 昌一)

2013年から毎年、開催されている「千森杯(Qiansen Trophy)」には、初回より日本チームを編成し日本選手たちがチーム参戦し、多くの戦歴を残すだけでなく、世界各国から集まったシクロクロス選手達と国際交流を重ねてきました。おかげさまで日本国内でもUCIレースを開催するようになり、その際に海外から日本遠征に来る選手の中に中国レース参戦の選手もおり、日本で再会し交流を続けるという流れも構築できております。そのような中国のレースで今回も、また新たな戦歴を残し、様々な交流を重ねられるような走りと活動をおこなってきます。
37092960255_18ba1f6289_o
※写真は2017年の中国遠征時(撮影は阿部 昌一)

今回のレース参加の顔ぶれですが女子レース、男子レースともにシクロクロス本場の地・ベルギーやオランダ、そしてアメリカやオーストラリアなど各国のトップ選手が多くエントリーしており、今までの開催実績から良い評判を呼んでレースグレードは昨年以上に高くなったと思います。
21742213_1574625475923079_257243597
※写真は2017年の中国遠征・日本チーム団(撮影は阿部 昌一)

今回のレースですが以前まで開催されていた北京近郊の会場でなく、全く新しい会場でのレース開催となります。そのため参戦する選手たちは全く走ったことのない新規の会場でのレースとなりますが、出来るだけ情報を集めて事前準備を行いたいと思います。しかし、回数を重ねて遠征を実施してきたこともあり、先方では主催者をはじめとして顔見知りが多く、何かあった際の対応なども協力していただけると考えております。これも良きレース遠征実績を重ねてきたからこそ、の重要なポイントになると思います。
36835594492_a9c676a623_o
※写真は2017年の中国遠征時、写真中央に立つUCIチーフコミッセール(主審)は、のちに2017年の茨城シクロクロスUCIレース小貝川にもチーフコミッセールとして来日した(撮影は阿部 昌一)

20171101215500
※2017年の茨城シクロクロスUCIレース小貝川にて。来日したUCIチーフコミッセールのミラン氏と、大会MCを担当したRGJ須藤(MC牛)

36257803674_1bea106915_o
※写真は2017年の中国遠征時、女子レース上位3名の記者会見。一番左のエミリー・カチョレック選手は、のちに野辺山UCIレースなどの日本CXレースにも多く参戦している(撮影は阿部 昌一)

私個人としては、4回目の遠征経験を活かしてのレースに対応したトレーニングを引き続きおこなうと共に、バイクをはじめとした入念な準備し、何としてもUCIポイントを獲得したいです。現地では参戦するだけでなく、チームサポートのお手伝いも積極的におこないながら、新たな知識を得たいと考えております。そして次回以降の中国レース遠征に参加を希望する選手達の目標になるような布石をしっかりと築きたいです。
36695179600_2c511e2aef_o
※写真は2017年の中国遠征時(撮影は阿部 昌一)

今回も参加セレクションに入れていただいた主催のSong氏、そして初年2013年から遠征をコーディネートし、チーム遠征同行は叶わなかったものの、今回も遠征マネジメントしていただいている東北シクロクロス代表・菅田氏に感謝申し上げるとともに、今回もシクロクロスを通じた日本と中国の交流で、良き実績を重ねられるように頑張ってきます!!

「そして世界へ・・・」の精神を持つ、シクロクロスへの道を繋ぐために!!
Img_1805
※写真は2017年の中国遠征時、主催のSong氏とパンダ

<2017年参加時のレース記事など>

*須藤むつみ個人ブログのレースレポート
・第1レース
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2017/09/03/235604
・第2レース
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2017/09/06/000000

*2015年の中国遠征レポートと写真集(RGJチームHP)
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2015china-cx/html/index.html

*2016年の中国遠征レポートと写真集(RGJチームHP)
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016china-cx/html/index.html

※近日、2017年の中国遠征レポートもRGJチームHPへ掲載します!

|

« 2018年7月 | トップページ