« RGJキッズオフロード走行会、無事に終了御報告レポートです! | トップページ | RGJチームの9月スケジュールです。 »

2017年8月30日 (水)

RGJ須藤が中国シクロクロスUCIレースに参戦決定!

RGJチーム事務局です。今週の金曜日・9月1日に出発する遠征ということで、直前の発表となりまして申し訳ございません。2013年より開催している中国のシクロクロスUCIレース「千森杯(Qiansen Trophy)」。こちらのレースに日本チームが初年より参加し、RGJチームは2015年から参加しておりますが、今年もRGJチームより須藤むつみ選手が参戦することになりましたので御報告とレース事前コメントを掲載します。
29054478510_b9a2f9e4cf_k_2
※写真は2016年の中国遠征時(撮影:tannenbaum)

<2017年・中国北京シクロクロスUCIクラス1レース:概要>
9月3日(日)
2017 Qiansen Trophy Cyclo-cross:Changxindian Station/UCI Class-1
場所:which is located in Fengtai District, Beijing, China.

9月6日(水)
2017 Qiansen Trophy Cyclo-cross:Yanqing Station/UCI Class-1
場所:Yanqing venue is located in Yanqing County, Beijing,China.

<日本参戦チームメンバー>
・Men Elite
小坂 光(宇都宮ブリッツエンシクロクロスチーム)※キャプテン
織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
小坂 正則(スワコレーシングチーム)
竹之内 悠(Team Toyo Frame)
重田 兼吾(Team CUORE)
斎藤 朋寛(RIDELIFE GIANT)
中里 仁(Speedvagen Family Racing)
向山 浩司(SNEL CYCLOCROSS TEAM)

・Women Elite
唐見 実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
福本 千佳(Live GARDEN Bici Stelle)
須藤 むつみ(Ready Go JAPAN)

・Staff
佐藤 成彦(弱虫ペダル サイクリングチーム)
池本 秀紀(宇都宮ブリッツエン シクロクロスチーム)
鬼頭 拓也(Team Toyo Frame)
高木 政佳(Team CUORE)
諏訪 孝浩(SNEL CYCLOCROSS TEAM)※総監督

・Media
阿部 昌一

<3年連続で今回も中国遠征レース参加となるRGJチーム須藤よりコメント>
28839907423_765941f166_k
※写真は2016年の中国遠征時(撮影:tannenbaum)

2013年の初回開催時から日本よりチームを編成し参戦を重ねてきた遠征プロジェクトに今回、3回目の参戦を叶えることが出来ました。

2015年の参戦時は初めての中国渡航ということや、約15年ぶりの海外遠征ということもあり戸惑うこともありましたが、日本チームが毎年、レースへ果敢に挑んでいた実績と地道な交流で既に地盤が築けていたことが非常に頼もしく、思い切ってレースを走ることが出来ました。
29454464215_ee3e1b787b_k
※主催者を囲んで。奥から順に、初年2013年から遠征をコーディネートし交流を続けている菅田氏、そして主催のSong氏、RGJ須藤、シクロクロスの帝王・小坂正則選手(撮影:tannenbaum)

翌2016年の参戦では、私の図々しい性格もあって顔なじみや知り合いも増え事前のリサーチも出来たことで、前年以上に準備を整えてレースに臨むことが出来ました。毎年、レースに参戦するたびに学ぶことや得られること、そして知り合いの輪が広がりました。
20170216001917
※写真は2016年の中国遠征時、第2レースで優勝したエミリー・カチョレック(右)とRGJ須藤(撮影:tannenbaum)

今年2017年の現時点レースエントリーを見ると女子レースは昨年の29名を上回る35名のエントリー、その中には今年2月のシクロクロス東京2017で再会したエミリー・カチョレック(アメリカ・シクロクロス東京では4位)やサミエル・ルーネルズ(アメリカ・シクロクロス東京では2位入賞)、そしてオーストラリアから参戦していたナオミ・ウイリアムズやレベッカ・ルックも参戦予定のようです。
20170216001221_2
※写真は2017年2月のシクロクロス東京で再会したサミエル(左)、エミリー(中央)、RGJ須藤

女子レースも勿論ですが、男子レースもシクロクロス本場の地・ベルギーやオランダ、そしてアメリカやオーストラリアなどなど各国のトップ選手が多くエントリーしており多分、今までの開催実績から良い評判を呼んでレースグレードは非常に高くなったと思います。

といいますのも、実は昨年レースに参戦したときの感覚として「あ、これだけの充実したレースだと来年はグレードが上がって私は再度出場できないかも」と思ったのです。案の定、今年のレース参戦希望から私はUCIポイントが足らず落選しております。しかし、主催者の追加出場枠に入れていただき非常にラッキーな参戦を叶えることが出来ました。

今年は春先からシクロクロスのためにMTBのトレーニングを20年ぶりに再開し、オフロード対策を早めにおこなって準備しておりました。参戦メンバーの中では小坂正則選手に続き2番目の年寄ではありますが(しかも小坂選手は年齢知らずの強さ!)、レースではUCIポイント獲得は勿論のこと、今後も日本選手たちが中国でレースに取り組めるような橋渡しのお手伝いをしたいと思います。
Img0043_2
※2015年の中国遠征、レース後のお疲れ様会で一緒にエミリー(右)とRGJ須藤(パンダ)

このところ世の中はキナ臭い話題ばかりですが、スポーツこそ世界を繋ぐ力があると思います。それにスポーツは接した人たちに「自分が自分の世界で頑張る」と励ます存在であるとも思います。私も頑張るから皆も頑張る!そして私ももっと頑張る!!そんな気持ちを胸に行ってきます!!

※コメントは以上です。

*AJOCCからの公式発表です。
http://www.cyclocross.jp/news/2017/08/2017-qiansen-trophy.html

<昨年:2016年参加時のレース記事など>

*須藤むつみ個人ブログのレースレポート
・第1レース(今年の第2レース会場です)
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2016/09/01/012223
・第2レース(今年の第1レース会場です)
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2016/09/04/012049

*2015年の中国遠征レポートと写真集(RGJチームHP)
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2015china-cx/html/index.html

*2016年の中国遠征レポートと写真集(RGJチームHP)
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016china-cx/html/index.html

|

« RGJキッズオフロード走行会、無事に終了御報告レポートです! | トップページ | RGJチームの9月スケジュールです。 »

ニュース」カテゴリの記事