« 自転車で葛尾村に元気を!ツール・ド・かつらお御報告です。 | トップページ | RGJ高橋より関東選手権トラック、参戦の御報告です。 »

2017年6月21日 (水)

成田ゆめ牧場キッズ向けオフロード・テストイベント無事終了!

RGJチーム事務局です。先日の6月17日(土)に千葉県成田市・成田ゆめ牧場にて、チーム主催の「キッズ向けオフロード・テストイベント」を実施しましたので、御報告レポートいたします。
Img_0859
イベント当日は梅雨の時期でしたが、朝から晴天となりました。会場となった成田ゆめ牧場の中にある自転車専用モトクロス場までは、正面玄関で集合した参加キッズ選手の皆さんと自転車を押して牧場内を移動します。

モトクロス場は短いコースながらも見渡せるので安心して走れる場所となっております。そこで、まずは朝の準備体操からイベントをスタートします。
Img_0879
準備が出来たら、早速コースをRGJチーム須藤大輔監督を先頭に周回走行をおこないます。
Img_0855
10分ほど周回走行をしてコースを覚えてもらってから、1人ずつコースを1周してタイム計測。このタイムを参考に、この後のカリキュラムの組み分けをおこないました。

今回はオフロードでは普段、やらない種目をやってレースの面白さを知ってもらおう!ということで、トラック種目である「個人追抜き」と「マディソン」をオフロードで実施しました。

個人追抜きはトラックでおこなう時と同じように、2人1組となってオーバルコースのホームとバックから3周づつ走って競いました。お互いにコースの反対側を走り続けるのですが、3周以内に反対側を走る相手に追いつけば勝ち!もしくは追いつかない場合は3周回のタイムが早い方が勝ち!となります。短いコースですが全力で走ると3周でもヘトヘトになります。
Img_0860
マディソンも自転車のトラックでおこなわれる種目なのですが、短いショートトラックコースのロードとか、今回のようなショートトラックのオフロードコースでも練習・トレーニングとして実施しても良いのかな?ということで実施してみました。

ルールとしては、2人1組となって2人は一緒にスタートします。そして1人はレース走行し、もう1人は組んでいる相手が交代の合図をしてくるまでコースをゆっくりと走行しながら待機します。そのうちにレース走行している相手から「交代」の合図が送られると待機していたもう1人が近づいていって身体の一部をふれて(タッチして)交代してレースし、交代した方はコース内を走りながら、また交代の機会を待つ、というレース。これがマディソンです。

今回のオフロードコースでも、1人がレース走行している間、その様子をチェックしながらコース内を走って相方を待つという状況だったので、レースの状況をしっかりと見たり、展開によっては交代のタイミングを変えたり、と工夫して走っていました。

Img_0876
特にマディソンについては、みんな盛り上がっていたこともあり2回戦もおこなって、終了時間ギリギリまで楽しくたくさん走ってもらうことが出来ました。ちょうど終了時間でランチのタイミングだったこともあり、参加者の皆さんと牧場内レストランで食事をしたりと、イベント後の交流も楽しんでもらえました。
Img_0880
今回は、以下のイベント開催要項で実施しましたが、ご好評をいただきましたので、次回以降は定期的に「正式イベント」として企画・実施していきますので、その際には、キッズの皆様のお越しをお待ちしております!
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-60ef.html

今回のテストイベント(お試しイベント)にご協力いただきました皆様、ご参加いただきましたキッズ選手の皆様、お付添い、スタッフの皆様、そして会場となりました成田ゆめ牧場様、この場をお借りし御礼申し上げます。

*開催会場の成田ゆめ牧場・公式HPです。
http://www.yumebokujo.com/

*須藤むつみ個人ブログのレポートです。
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2017/06/17/000000

|

« 自転車で葛尾村に元気を!ツール・ド・かつらお御報告です。 | トップページ | RGJ高橋より関東選手権トラック、参戦の御報告です。 »

ニュース」カテゴリの記事

開催イベント」カテゴリの記事