« RGJ須藤が東北シクロクロスシリーズ女子チャンピオンに!! | トップページ | RGJ吉岡選手が3月いっぱいでチームを卒業します。 »

2017年3月15日 (水)

明治神宮外苑大学クリテリウムでRGJ高橋が活躍、完走果たす!

RGJチーム事務局です。先日の3月12日(日)に東京都の明治神宮外苑・特設外周コースにおいて「第11回明治神宮外苑大学クリテリウム」が開催され、このレースにReady Go JAPANチームの高橋  吹歌選手が出場選手の中で唯一の高校生として参戦し、3位争いのゴールスプリントにおいて8位となり見事完走を果たしました!
001
(写真右側、筑波大学付属坂戸高校の黒いジャージ姿がRGJ高橋)

そして、RGJ高橋からレースレポートが届きましたので、こちらを皆様に紹介いたします。そして今大会におきましても、ご声援いただき誠にありがとうございます!!

<RGJ高橋選手のレースレポート>
・大会名:第11回明治神宮外苑大学クリテリウム
・日時:2017年3月12日(日)
・リザルト:女子 8位/15人
・レース目標: 積極的な走りをする!
・レース戦略:鹿屋の選手、伊藤選手をしっかりマークする 。レース展開を見て自分から逃げる。
・スタート時の覚醒水準(集中力):90%
・スタート前に使用したマッサージオイルやサプリメントなど:なし

・レースの内容: 1周目は特に何も起こらず。2周目から徐々に動きが出て2周目のゴール手前のコーナーを使って集団の人数を減らすために少し動いたが、直ぐに捕まってしまった。その後も代わる代わる何人かがアタック。

3周目位で日体大の選手が逃げ集団がバラけ、先頭集団が8人になった。4周目のポイント周回で橋本選手がポイントを取り、ヘアピンカーブで中井選手が前を引いていて曲がったところで逃げた。自分は後方にいて中井選手の逃げに直ぐに気付かず追うことが出来なかった。そのまま中井選手が逃げて他の鹿屋の選手に上手く集団のスピードをコントロールされ6周目のヘアピンカーブ手前で前に出て少し集団のスピードを上げたが、ヘアピンカーブで私の後ろにいた選手が落車した。後方の選手は殆ど巻き込まれることはなかったが、中井選手とのタイム差が広がってしまった。

最終周回、腰の痛みが急に出てコーナーの立ち上がりで付いていけなくなりゴールスプリントに加われず、集団の1番最後にゴールした。

・レース後の痛み・違和感・機材の不具合:腰痛
※上記の内容から今後のトレーニング内容:練習内容を考察。独走力を付けるために学校までの自走から改善。逃げ方を変える。腰痛を治す。減量する。
==========

*今大会の公式ホームページはこちらです。こちらで「競技結果」もご覧いただけます。
http://jicf.info/5512/

さらに同日、茨城県東茨城郡城里町では「茨城シクロクロス第5戦・城里町ふれあいの里ステージ」が開催され、こちらの大会運営にReady Go JAPANチームの活動を支援するNPO法人サイクリスト国際交流協会(J-BRAIN)が運営協力をおこない、RGJチームの須藤むつみがレースMC、須藤大輔チーム監督がコース補修などのバックアップ担当しました。
003

004
(上記写真2枚ともに撮影:masakazu abe)

このレースをもって、2016-2017のAJOCC公式戦シクロクロスシリーズ戦が終了しました。NPO法人J-BRAINは今シーズン、「茨城シクロクロス」の全5戦、「千葉シクロクロス」の全2戦、そして「スターライト幕張」、「シクロクロス東京」の各レース運営協力をおこないました。
2016rgjcx
来期の2017-2018シーズンも日本のシクロクロスレースシーンを盛り上げ、自転車レースの普及活動にReady Go JAPANチームの活動と連携して協力していきますので、引き続きご注目のほど、よろしくお願い申し上げます。

*茨城シクロクロス公式ホームページ
http://www.ibarakicx.com/

*日本のシクロクロスを統括する「AJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)」公式ホームページ
http://www.cyclocross.jp/
※こちらに日本全国のレース結果やレポートなどがまとめて掲載されております。

|

« RGJ須藤が東北シクロクロスシリーズ女子チャンピオンに!! | トップページ | RGJ吉岡選手が3月いっぱいでチームを卒業します。 »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事