« チーム運営法人がシクロクロス千葉の大会運営を協力! | トップページ | 2017年RGJチーム体制発表・プレスリリース »

2017年2月25日 (土)

ウインタートラック第3戦でRGJ高橋がオムニアム2位入賞の大活躍!

RGJチーム事務局です。御報告が遅くなりましたが先日、2月18日(土)に静岡県伊豆市・伊豆ベロドロームにて開催された「2016ワンデイ・トラックレースウインターシリーズ第3戦」に、Raedy Go JAPANチームから高橋 吹歌選手が高体連チーム「筑波大学付属坂戸高校自転車部」として出場し、オムニアムで2位入賞の好成績を修めました!そのレースのレポートをRGJ高橋選手本人が書き上げてくれましたので、当日のレース模様を素晴らしい写真とともにご紹介します。

<オムニアムとは?>
自転車のトラック種目の1つです。2日間にわたり、下記の6種目を順番通りにおこないます。そして各種目では、それぞれのルールで競われます。
・フライングラップ
・ポイントレース
・エリミネーション
・インディヴィデュアルパーシュート
・スクラッチ
・タイムトライアル
そしてこの6つのトラック種目の順位を、そのまま点数にして合計点数の少なさを競う複合種目が「オムニアム」です。

※今回のウインタートラックにおいては、スクラッチ、テンポレース、エリミネーション、ポイントレースの4種目でオムニアムをおこなったようです。(静岡車連より説明:テンポ・レースとはオムニアムの中の1競技である。毎周回、先頭通過選手にポイントを与え、合計ポイントを争うものである)

<以下、RGJ高橋選手からのレースレポート>
・大会名:2016ワンデー・トラックウィンターシリーズ#3
・日時:2017年2月18日(土)
・会場:伊豆ベロドローム
・リザルト:オムニアム・2位/16人
・レース目標:1位
20170218_001
Photo:深井 文浩

・レース戦略:
スクラッチ:残り5周目・2周目で逃げる。
テンポ・レース:後半ポイントを取る!
エリミネーション:インに入らない。前にいる。
ポイント・レース:2ラップする。ポイントを確認しながらレースする。

・スタート時の覚醒水準(集中力):100%
・スタート前に使用したマッサージオイルやサプリメントなど:なし

20170218_003
Photo:深井 文浩

・レースの内容:
*スクラッチ:残り5周に入った時に、ド真ん中にいて身動きが出来ない状態で、隙間があったら外に出る機会を狙っていた。残り3周目で外に出てラスト2周目の2コーナーで上からハロンをかけて逃げ、藤田選手に最後をさされ2着。

*テンポ・レース:最初、自分のミスで後ろに下がってしまい4・5人が逃げたがついて行けず、そのまま逃げのグループにラップされてしまい、逃げのグループにいた伊藤選手の後ろに付き2人で逃げ、最後にもがきゴールは1着。

*エルミネーション:最初は外側の前から3番目位でイイ感じだったが判断ミスで内側に入ってしまい前に入り込む隙間があったが入れず、そのままエリミネートされ5着。

*ポイント・レース:テンポのようなミスをしないように自分から前半に1周半逃げて5点とり、そのあと後ろに4人位付いて来たので一緒に逃げて、集団ラップした。ラスト3・4周位で石上選手が逃げ自分も付いて行き、あと数センチ届かず3着でゴール。
20170218_002
Photo:深井 文浩

・今後のトレーニング内容:逃げの決断力と判断力を付ける!
========
※RGJ高橋のレースレポートは以上です。

*2016ワンデイ・トラックレースウインターシリーズにつきましては、主催の静岡県自転車競技連盟の公式ホームページをご覧くださいませ。
http://shizuoka-cf.com/

Ibarakicxshirosato01_saito009
Photo:Takashi Saito

そして、今週末の2月26日(日)に茨城県土浦市佐野子町・市民運動広場で開催されるシクロクロスレース「茨城シクロクロス第4戦・土浦ステージ」にも、女子L1レースにRGJ高橋選手が出場します!是非、引き続きのご声援のほど、よろしくお願いします!!

*茨城シクロクロスの公式ホームページはこちらです。
http://www.ibarakicx.com/

|

« チーム運営法人がシクロクロス千葉の大会運営を協力! | トップページ | 2017年RGJチーム体制発表・プレスリリース »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事