« ジャパンカップ2016女子オープンと長野CCM・JCX白樺湖シクロクロス:レースレポート | トップページ | 関東高校新人戦とスターライト幕張でRGJ選手が活躍! »

2016年11月 2日 (水)

東北シクロクロス寒河江UCIレースでRGJチームが活躍!

RGJチーム事務局です。先日の10月30日(日)に、山形県寒河江市で開催されたUCIシクロクロスレース「TOHOKU CX Project 第1戦・さがえラウンド(UCIクラス2)」に、Ready Go JAPANチームから伊藤 千紘、吉岡 梨紗、須藤むつみの3名がUCI女子エリートに出場し、須藤が5位、吉岡が8位となりUCIポイントを獲得、伊藤が12位となりました。
Kensakusakai_001
今回の参戦メンバー、左からRGJ選手の須藤、伊藤、吉岡、そして同行スタッフの鈴木、須藤監督(撮影:Kensaku Sakai)

前日から会場入りしたRGJチーム一行は、寒河江の「グリパーさがえ」内に設置されたコースを丹念に試走。普段はボート場となる、河川敷の芝地を路面の凹凸やコーナーのライン処理を覚えて考えながら、何度も確認をおこないました。

そして当日は風が冷たいながらも天気は晴れ。少し雲があるものの雨の不安はない状況となりました。午前からシクロクロスレースがおこなわれましたが、路面はドライで風の影響もあり乾いて締まってきます。
Tanne_001
撮影:tannenbaum

UCI女子レースは午後1時にスタート。レースにはシクロクロスのトップ選手達を始め、10月のドーハ世界選手権ロードレース女子で単独逃げを魅せて世界を驚かせた與那嶺 恵理も姿を見せ15名の戦いとなりました。スタート直後から與那嶺を先頭に、長く続く舗装路へ一斉に選手たちがハイスピードで突っ込んできます!
Masakikasahara_003
撮影:Masaki KASAHARA

須藤は中盤の位置取りから次第に順位をあげていき、川崎 路子(PAX PROJECT)、そしてRGJチームOBでもある福本 千佳(Toyo Frame)の3人で1周回目を終えます。

Masakikasahara_006
撮影:Masaki KASAHARA

Masakikasahara_016
撮影:Masaki KASAHARA

「河川敷の向こう側にある、平坦だけど脚力を使う芝地で前後の間合いを見ながら引き離しを徐々にしようと思った」とRGJ須藤。その中で、冷静にレース全体も見ながら「(與那嶺)恵理選手が速いから、このままだと6周回になると思いペーシングに気を付けて、でも後半はその分、思い切っていった」と言うように、川崎や福本を引き離して5位でゴール、UCIポイントを10ポイント獲得しました。

Masakikasahara_017
撮影:Masaki KASAHARA

RGJ吉岡は丁寧にレースを運び、トップと同一周回の8位でゴール!UCIポイントを4ポイント獲得することに成功しました!!

Abema_007
撮影:Abema

RGJ伊藤はトップから1周回遅れとなりましたが、12位となりました。

*こちらの須藤むつみ個人ブログにもレースレポートを掲載しております。
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2016/10/30/000000

*今レース公式結果は、こちらをご覧ください。
http://www.cyclocross.jp/results/2016/10/tohoku-cx-project-2016-uci-c2.html
 
*東北シクロクロスシリーズにつきましては、こちらを是非ご覧ください。
http://www.tohoku-cx-project.com/

*今回のレース写真は、こちらにも公開しております。
http://www.facebook.com/readygojapan/photos/?tab=album&album_id=1308122199199633

今大会でも、多くのご声援をいただき誠にありがとうございます!引き続きシクロクロスレースにおきましても、RGJチーム一丸で頑張りますので、よろしくお願いします!!
Ushi_004
撮影:yopi

Kensakusakai_002
撮影:Kansaku Sakai

|

« ジャパンカップ2016女子オープンと長野CCM・JCX白樺湖シクロクロス:レースレポート | トップページ | 関東高校新人戦とスターライト幕張でRGJ選手が活躍! »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事