« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

BTB輪行箱講座と千葉CC、大磯クリテリウムにRGJチーム参加!

RGJチーム事務局です。4月15日から17日までの金・土・日にわたる3日間は、Ready Go JAPANチームで様々な自転車関連イベントやレースへ参加・協力をさせていただきました。その内容をザックリではございますが、ご報告いたします!

まず、4月15日(金)は、夜7時より東京都の上野・御徒町にございますアートスポーツANNEX店におきまして、「飛行機でバイクを運んじゃおう!BTB輪行講座」が開催されました。こちらにRGJ須藤むつみ選手が、日頃から愛用するBTB活用の説明補助をおこなってきました。
Btb0415_001
BTB輪行箱を取り扱うコーワ株式会社のご担当様によりますと「今回は、ゴールデンウィーク前に、ぜひともBTB輪行箱を便利に活用いただいて、愛車とともに全国や海外を走れるようにサポートできる内容でおこないました」とのこと。ご参加いただいた皆様も熱心に講座を受けておられました。

*イベント開催告知はこちら
http://art-sports.jp/cycle/14839/

*BTB輪行箱については、こちらから!購入も出来ます!!
http://www.j-kowa.co.jp/w-shop/w-shop.html

そして、翌日の4月16日(土)には、千葉県千葉市にございます「千葉競輪場」にて定期開催されております「千葉サイクルクラブ(以下千葉CC)」に参加してきました!
Ccc0416_001
ミニRGJチームの選手も現地で合流し、大人の方々と混じって周回練習に参加させていただきました。今回も午後1時からたっぷり2時間、休憩をはさみながら走れました!誠にありがとうございました!
Ccc0416_002
練習後には、まだ場外販売をしていたので車券を購入!この日は高知競輪のレースでしたが的中は難しいですね。しかし、いろいろと仕組みを知って面白かったです!!また買いますw
Ccc0416_003
↑この表情で当たったか、外れたか、もうお分かりですよね(笑)。

この翌日、4月17日(日)は「ネッツトヨタ湘南PRESENTS大磯クリテリウム」の最終戦となるシリーズ第7戦に参加してきました。このレースにもミニRGJチーム選手たちが参加、大人顔負けの走りで活躍をみせてくれました!
Oiso_001
キッズレースについては学年別にいくつかのカテゴリーに分かれてますが、それぞれエントリー人数が多くて、魅せるレースをおこなっておりました。
Oiso_002
キッズのレースでは雨は降らなかったものの風が非常に強かったです!でも負けずに皆、頑張ってゴールを目指していました!!
Oiso_005
さらに、昼前には女子レースもおこなわれ、RGJ須藤が3位に入賞。「1位と2位に入った選手2人の年齢足しても私の年齢にならない」と会場で笑いを誘っていましたが、「若い選手のチカラに刺激を受けながら、今後も頑張りたいです。このような便利な場所での定期的な開催のできるクリテリウムの運営は選手の強化につながるので良いですね」とコメントしていました。
Oiso_007
女子スポーツ・カテゴリーの表彰。左から2位の原田 有彩、優勝の太郎田 水桜、そして3位のRGJ須藤の3名

キッズレースでも小学3,4年生カテゴリーで3位に入賞した選手がおりましたので、一緒に!
Oiso_008
惜しくも、この後の午後のレースは雨風が強くなってしまったので開催中断、そのままレース終了となりました。ただ大きな事故なく終了してよかったです。レース運営関係者の皆様、お疲れ様でした!

*大磯クリテリウム公式ホームページ
http://walkride-cycling.info/oiso-c/

<4月と5月の千葉サイクルクラブ・開催日のお知らせ>

下記の日程で5月は千葉競輪場にて開催をおこないます。開催時間は全て「13時から15時」までとなっております。

4月29日(祝)
5月1日(日)、5日(祝)、15日(日)
Chibakeirin_9
※全ての日程においてRGJチーム、およびミニRGJチームが参加するかは未定ですので、何卒ご了承ください。

※開催内容のお問合せにつきましては、お手数ですが千葉競輪場にお問合せください。こちらではクラブ開催日程のご案内のみとなっております。

*千葉サイクルクラブの公式Facebookページ
https://www.facebook.com/chiba.cycle.club

|

2016年4月 7日 (木)

チャレンジロードレースにRGJチームとミニRGJチームが参戦!

RGJチーム事務局です。先日、4月3日(日)に静岡県伊豆市・日本サイクルスポーツセンターで開催された「第41回チャレンジサイクルロードレース大会」に、Ready Go JAPANチームから伊藤 千紘、高橋 吹歌、吉岡 梨紗、岡田 香織、須藤むつみの5名が出場しました。このレースレポートを、RGJチームオフィシャルカメラマンの加藤 智氏の素晴らしい写真とともにお送りします!!
Ch7_9764

同大会は2016シーズンの開幕を告げる伝統あるレースとして開催されており、成年のレースはもちろんのこと、ジュニアやキッズのレースカテゴリーが充実しているのも特徴となっております。そのため、RGJチームの選手たちが出場するA-F(登録女子レース)開催前の昼ごろからおこなわれた学年別のキッズレースには、ミニReady Go JAPANチームの選手たちも出場し、入賞を果たすなど大活躍をみせてくれました!
Ch4_0142

Ch4_0161

Ch4_0166

Ch7_9720

この熱い走りの後、午後2時過ぎより女子レースがスタート。男子エリートとU23との時差スタートとなったレースでは、序盤からRGJ須藤などがペースを作りながら展開。その後に集団は16名ほどに絞られ、この集団にRGJ吉岡が残り健闘するも、3周回目にゴール地点となる秀峰亭への登坂にむけてのアタックで出遅れてしまい、先行する4名の集団には残ることが出来ませんでした。
Ch4_0620
登坂区間を集団で進むRGJ須藤

Ch4_0343
下りを行くRGJ吉岡

Ch4_0275
下り区間を行くRGJ高橋

しかし女子のレースが最終周回入る直前、アクシデントにより女子レースも含めて全てのレースがサスペンドとなりました。レースが中断した約40分の間、待機しながらも挽回のチャンスをうかがっていたRGJ須藤が、レース再開後、先頭4名との間を一気に詰める作戦に出てペースを上げていきました。

「再スタート後の女子レースが1.5周回で決着をつける、と決まった時点で、私の予想では先頭の4名は最後の着順にむけて若干のペースダウンがあると考えました。さらに、再開直後は皆の体が冷えていることもあって、身体が動きづらいとも思いました。そこで再スタート直後から動くことで腹を決めました」とRGJ須藤はコメントしました。
Ch4_0666
「この再スタート直後のペースアップで、私から先頭の4名まで49秒差だったのを15秒差まで追い詰めました。しかし最後に脚が痛くて動かなくなってしまい、ゴールの手前で4人ほどに一気に抜かれて、トップと58秒差の11位となってしまいました。昨年大会の20位よりは大幅にジャンプアップできたのですが、今回もっと上に行けるチャンスだったのを、結果に繋げられなかったのは申し訳なかったです。これを今後のトレーニングに反映させていきたいです」と悔やんでいました。

Ch4_0677
一方でRGJチームの選手たちは、それぞれのオフシーズンの練習の成果を知るレース結果になったと思います。特にRGJ吉岡については、学連のレースで同会場を走る機会が多いこともあり、周回タイムを着々と縮めているようです。今回はトップと2分16秒差で15位に。

Ch4_0685
昨年は膝の怪我と手術で出場できなかったRGJ高橋については、最後まで苦手な登坂でも食らいついてトップと2分55秒差の23位。

Ch4_0693
RGJ岡田は、先週に同会場で開催のJCRC修善寺レースへ出場、調整しての出走で27位。

Ch4_0756
RGJ伊藤は35位でゴールとなりました。

この後は本格的なロードレースのシーズンインとなり、ほぼ毎週末には各地のレース会場に登場する予定となっております。ぜひとも、引き続きReady Go JAPANチームの活躍にご注目のほどよろしくお願いします!そして今大会におきましてもたくさんのご声援をいただき、誠にありがとうございます!!

*2016シーズンのRGJチーム活動予定
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016yotei.html

*チャレンジロードレース結果
http://jcf.or.jp/?p=49141

*シクロワイアード掲載の今大会レースレポート(加藤 智氏による写真とテキストとなっております)
http://www.cyclowired.jp/news/node/195433

*RGJ須藤の個人ブログ(レースレポート)
http://d.hatena.ne.jp/rockmutsumi/20160407

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »