« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

全日本マスターズでRGJ小沼が個人IPでチャンピオン防衛成功!ほかです。

RGJチーム事務局です。先日、11月21日・22日の2日間にかけて、静岡県・日本サイクルスポーツセンター250mベロドロームにて開催された「2015全日本選手権自転車競技大会マスターズ」に、Ready Go JAPANチームの小沼 美由紀選手が出場、女子2km個人追い抜き(IP)で見事優勝を果たし、500mタイムトライアル(TT)でも素晴らしい走りをみせ2位となりました。
2015masters010
(表彰式の写真撮影:Numano氏・ありがとうございます!)

そのため、昨年に引き続き個人IPで連覇を決め、チャンピオンの座を守ることが出来ました!「2km(個人追い抜き)と500mTT、両方で自己新記録を出すことが出来ました。ただ、2kmは目標のタイムには届かなかったのが悔しいです。ご声援いただき、ありがとうございます!」とコメントもらいました。
2015masters001

2015masters005

2015masters009
(上記のレース時3枚の写真撮影:八重田氏・ありがとうございます!)

*当日のレース動画などを撮影いただきました!
(宮崎氏撮影:ありがとうございます!)

・2km個人追い抜きレース動画
https://youtu.be/Gh8E23XCpSw

・表彰式
https://youtu.be/stbHxGsmjJM

*2015全日本選手権自転車競技大会-マスターズ
http://jcf.or.jp/?p=41712

*レース結果などコミュニケすべて(PDF版)
http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2015/11/2015OMMST_COM.pdf

*Masters Individual Pursuit - Final /
マスターズ 2km個人パーシュート-決勝
Results / 競技結果女子

順位 氏名 所属 チーム名 1km TIME km/h
1位 H 小沼美由紀 埼玉 Ready Go Japan  1:21.941 2:43.682 43.99
2位 B 和地 恵美 神奈川 スーパーKアスリートラボ1:21.532 2:45.552 43.49

<優勝者一覧>
男子オムニアム
小林 泰正 群馬 日本体育大学 199p

女子オムニアム
梶原 悠未 埼玉 筑波大学附属坂戸高校 207p

男子 35-39歳 個人パーシュート(3km)
金井 慎次KANAI, Shinji JPN19800430 静岡 静岡ガス・電力販売はじめます3:58.463

男子 40-49歳 個人パーシュート(3km)
羽田野隆彦 東京 スーパーKアスリートラボ 3:43.555

男子 50-59歳 個人パーシュート(2km)
安東 秀倫 岡山 チーム岡山 2:31.173

男子 60歳以上 個人パーシュート(2km)
下麦 博正 福岡 北九州メディアドームCSC 3:13.206

女子マスターズ 個人パーシュート(2km)
小沼 美由紀 埼玉 Ready Go Japan 2:43.682

男子 35-39歳 タイムトライアル(1km)
杉江 茂樹 大阪 C-WASP 1:14.316

男子 40-49歳 タイムトライアル(1km)
佐野 陽三 富山 北陸ドロタボウ 1:10.908

男子 50-59歳 タイムトライアル(500m)
山本 哲也 静岡 伊豆CSC SMBros. 36.856

男子 60歳以上 タイムトライアル(500m)
羽鳥 浩 神奈川 湘南愛輪会 40.031

女子マスターズ タイムトライアル(500m)
和地 恵美 神奈川 スーパーKアスリートラボ 39.831

男子 40-49歳 スプリント
水澤 耕一 東京 スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ

男子 50-59歳 スプリント
山本 哲也 静岡 伊豆CSC SMBros.

男子 60歳以上 スプリント
羽鳥 浩 神奈川 湘南愛輪会

女子マスターズ スプリント
濱田 真子 東京 湘南愛輪会

男子チームスプリント
湘南愛輪会 奥津 憲、亀山 尊仁、市川 英昭 51.403

女子チームスプリント
シーガルズ 和地 恵美、若月 昌枝 40.212

そして大変に遅くなりましたが、11月8日(日)に沖縄県で開催された「2015ツール・ド・おきなわ」にReady Go JAPANチームから米田 和美選手が出場し、8位完走を果たしました!こちらにもご声援いただき、ありがとうございます!
Okinawa001
当レースレポートは、こちらからご覧くださいませ。

*米田 和美の個人ブログ
http://ameblo.jp/07110821/entry-12094495994.html

|

2015年11月13日 (金)

風の女神ランキング2015・最終ランキング発表!!

お待たせしました!11月7日(土)に千葉県千葉市・幕張にて「JBCF第4回幕張クリテリウム」、さらに11月8日(日)に沖縄県にて「ツール・ド・おきなわ2015:女子国際ロードレース100km」が開催され、「風の女神ランキング2015」の最終ランキングを算出しましたので発表します!
Skazemegami
<風の女神ランキング2015・11月2レース反映後>

*TOP20の順位
順位 合計P 名前     所属
----------------------------------------------------
1位 816 梶原 悠未 筑波大坂戸高
2位 796 細谷 夢菜 埼玉県立浦和工業高校
3位 676 合田 祐美子 BH ASTIFO
4位 546 金子 広美 イナーメ信濃山形
5位 541 樫木 祥子 駒澤大学/ニールプライド南信スバル
6位 451 須藤 むつみ Ready Go JAPAN
7位 444 坂口 聖香 パナソニックレディース
8位 385 古田 佳美 竹芝サイクルレーシング
9位 366 牧瀬 翼 ASAHI MUUR ZERO
10位 363 小沼 美由紀 Ready Go JAPAN
11位 328 萩原 麻由子 Wiggele Honda
12位 320 與那嶺 恵理 サクソバンクFX証券
13位 312 岡本 二菜 スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ
14位 277 齋藤 望 日本体育大
15位 269 中原 恭恵 チェリージャパン
16位 264 西 加南子 LUMINARIA
17位 251 谷 伊央里 日本体育大
18位 238 上野 みなみ 鹿屋体育大
19位 235 伊藤 圭菜子 FIETS GROEN
20位 233 伊藤 杏菜 Champion System Japan

(2015ランキング対象女子選手:全160名)

※11位以降については、こちらからご覧ください(PDFファイル)。
http://www.jbrain.or.jp/2015kaze-rank/20151112kaze_rank.pdf

*今大会の公式レース結果はこちらです。
・JBCF第4回幕張クリテリウム:レース結果(PDF)
http://www.jbcf.or.jp/images/2015/11/makuhari_res.pdf

・ツール・ド・おきなわ2015:女子国際ロードレース100km結果(PDF)
http://www.tour-de-okinawa.jp/2015/pdf/002_results1.pdf

※おきなわ2015全てのレース結果一覧はこちらです。
http://www.tour-de-okinawa.jp/2015/

<ランキング解説>

*シクロワイアードにて当日のレースレポートが掲載されております。
・JBCF幕張クリテリウム
http://www.cyclowired.jp/news/node/183885

・ツール・ド・おきなわ2015:女子国際ロードレースおよび男子ジュニアレース
http://www.cyclowired.jp/news/node/183836

以上レースの結果により、しばらく総合ランキングトップの座を守っていた細谷 夢菜(埼玉県立浦和工業高)から、おきなわレースで6位に入った梶原 悠未(筑波大坂戸高)が56Pを獲得、風の女神ランキングを施行して初の年間総合トップとなった。梶原についてはアジア選手権や世界選手権の両ロードレースでも素晴らしい走りと結果を出しており、その強さが本ランキングにも反映されたようだ。
Nr7_7114
風の女神ランキング2015の総合トップとなった梶原。写真は同選手がジュニア優勝した6月の全日本ロードレース選手権・表彰式。アジア選手権のチャンピオンジャージを着用して登場した

Km_uc4_3074
総合ランキング2位となった細谷(左)と3位の合田(右)。写真は4月チャレンジロードレース

Yk7_6191
総合ランキング2位となった細谷(中央)を囲む、ランキング6位の須藤(左)と10位の小沼(右)。写真は5月埼玉県タイムトライアルロードレースの表彰式

Wt7_3205
風の女神ランキングの総合上位選手が顔を揃えた、10月ジャパンカップ・女子オープンレースの表彰式

今回は2015年シーズン最終ランキング発表ということもありトップ20位までを抜き出して掲載した。これをみると、今回ランキングの対象にさせていただいた大会について、JCFやJBCF、さらに学連や地方大会、市民レースまで出来るだけ幅広くセレクトしたことで、年齢カテゴリーを超えた女子選手たちの活躍を直接、ランキングに反映できたと自負している。

来年については、現時点では未定であるものの「ツール・ド・おきなわ」においてUCI女子ロードレースの開催、そして近い将来にはアジア選手権や世界選手権、そして海外のUCI女子レースについても本ランキング対象にするなどして、今後も「日本女子選手のロードレース強化と育成につながる」ようなランキングを運営したいと考えている。そして、女子ロードレースを応援いただく皆様の指針にも広く活用できるようにしていきたい。

何よりも今2015シーズン、選手の皆様お疲れ様でした。来年の活躍も期待しています。

(ランキング管理:NPO法人サイクリスト国際交流協会、解説:須藤むつみ、写真撮影:加藤 智)

*今年の「風の女神ランキング2015」の全20レース対象大会は下記に一覧ございます。
http://www.jbrain.or.jp/images/2015point002.pdf

|

2015年11月 6日 (金)

ロードレースシーズン閉幕とシクロクロスシーズン突入!

RGJチーム事務局です。既に9月から日本でも秋から冬にかけておこなわれる自転車競技「シクロクロス」のシーズンに入っております。Ready Go JAPANチームでは、8月末から9月始めまで中国で開催されたシクロクロスレースへの参戦からシーズンインしておりました。
※こちらのレース詳細はhttp://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/ucirgjuci-ce6d.html

そして、先日の11月1日(日)に福島県猪苗代町・天神浜キャンプ場で開催された「東北シクロクロス第2戦・猪苗代UCIシクロクロス」にRGJチームから須藤むつみ、伊藤千紘、吉岡梨紗の3名が出場し、須藤が7位、吉岡9位でUCIポイントを獲得しました!

Img_4833
UCI女子レースのスタート(撮影:Norizoさん)

Img_4859
砂場区間を押して走るRGJ須藤(撮影:Tanneさん)

Img_4863
初のUCIレース出場でポイントを獲得したRGJ吉岡(撮影:Tanneさん)

Img_4862
13位で走り切ったRGJ伊藤(撮影:Tanneさん)

コースは会津磐梯山を望む猪苗代湖畔にあるキャンプ場の中に設置された特設コース。湖畔の砂場区間が前回大会よりも長めに設定されており、林間の区間にも一部砂場があるなど、砂地をいかに攻められるか?がポイントのレースとなりました。

RGJの3名は前日からコースを入念に試走し、準備を整えてレースに臨みました。そのかいもあり、大きなトラブルなくレースを走り切ることができました。

レースの前には、男女のUCIポイント獲得上位6名がステージングをおこない、RGJ須藤も登場しコメントさせていただきました。
Img_4831
「磐梯山の素晴らしさに負けない走りで会場を魅了したい」とコメントしたRGJ須藤(撮影:Norizoさん)
Img_4829
ステージングされたメンバーで記念撮影。RGJチームのOGである武田和佳選手(現在はLiv所属)もステージングされ、今レースでも3位入賞を果たしました!

当日は寒かったものの晴天で、会場では地元の名産品も並びレースを盛り上げておりました。今後も日本各地でシクロクロスが開催、RGJチーム選手も転戦を予定しておりますので、ぜひともご注目、ご声援よろしくお願いします!

・猪苗代レースのレポートはこちら(シクロワイアード掲載)
http://www.cyclowired.jp/news/node/182884

・須藤むつみの個人ブログ
http://d.hatena.ne.jp/rockmutsumi/20151105

そして、ロードレースの2015シーズンは今週末の「ツール・ド・おきなわ2015」、そして同日開催の「JBCF幕張クリテリウム」で終幕となります。「おきなわ」にはRGJチームより米田 和美選手、「幕張」には小沼 美由紀選手がそれぞれ出場します。こちらも是非ご声援のほどよろしくお願いいたします!

*11月8日(日)
ツール・ド・おきなわ2015

会場:沖縄県北部
http://www.tour-de-okinawa.jp/index.html

*11月7日(土)
第4回 JBCF 幕張クリテリウム

会場:千葉県千葉市・幕張新都心
http://www.jbcf.or.jp/races/20151107_id=2465

*上記レースは「風の女神ランキング2015」対象大会です。対象大会は下記に一覧ございます。
http://www.jbrain.or.jp/images/2015point002.pdf

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »