« ツール・ド・北海道2015市民レースでRGJ米田が連覇達成! | トップページ | 10月のRGJチームゲスト参加イベントのご紹介です!! »

2015年9月29日 (火)

第4回JBCF女子チャンピオンシップでRGJチームが健闘!

RGJチーム事務局です。先日の9月27日(日)に群馬県みなかみ町・群馬サイクルスポーツセンターにて開催された「第4回 JBCF女子チャンピオンシップ(第49回JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップと併催)」にReady Go JAPANチームから須藤むつみ、そして9月にチーム加入したばかりの吉岡 梨紗の両選手が出場、完走を果たし、吉岡選手については今大会レースの完走をもって、全日本選手権ロードレースの出場資格に沿う成績を修めました!(出場資格については2015年大会時の基準による)
Okamoto002

Okamoto004
レースは朝8時からと朝早いスタートでしたが、男子レースとの時差スタートでない女子だけの単独レースとして開催されました。今大会へのエントリーは30名と、このところJBCFレースでも参加の増えている状況を反映しておりレース展開にも注目が集まりました。

序盤は有力選手たちを中心にゆっくりとした集団の動きでしたが、周回を重ねるごとに若手選手や、今年からJBCF参戦を始めたフレッシュな顔ぶれが30秒差以上の逃げを作ったりと、動きのある展開となってきます。その中、RGJ須藤が5周回目の逃げを追いメイン集団の先頭を引きましたが「もっと積極的に逃げを捕まえてブリッジ(逃げに追いつく)をしたかったが、腰に違和感が出始めた」というように、6周目のコース後半にあらわれる8%の急な登り坂で腰痛を起こして急失速をしてしまいました。
Okamoto007

一方で、このところのインカレや先日の秩父宮杯など大きなレースで経験を積んできたRGJ吉岡は、終始落ち着いて集団の動向を見ながら有力選手達のアタックに反応し食らいつく健闘をみせました。6周目のアタックで須藤とともにメイン集団からこぼれてしまったものの、その後も懸命に走りトップから約5分遅れで18位完走を果たしました。
Okamoto003
吉岡は「少しずつですが先頭集団で走れるようになり、レースが見えるようになりました。10月からはジャパンカップの後にも、シクロクロスや学連のクリテリウムレースもあり連戦となりますが、しっかりと経験を積んでいきます」と力強く語っていました。

さらに19位で完走した須藤は「女子だけの単独レースとして開催してもらったことで、多く参加した女子選手たちが思い思いの作戦でレースを展開していき、走る側ももちろんですが、観客の皆様にも見応えのある面白いレースになったと思います。このようなレースを女子でも展開できるんだぞ!というのを、今後も発信していきたいです!」とも話していた。

今大会でも多くの方々からご声援をいただき、誠にありがとうございました!
Okamoto012

*須藤むつみ選手のレースレポートです(個人ブログより)
http://d.hatena.ne.jp/rockmutsumi/20150929

*今大会の正式レース結果は下記のJBCF公式ホームページからご覧ください。
http://www.jbcf.or.jp/images/2015/09/result_P_F_E3.pdf

|

« ツール・ド・北海道2015市民レースでRGJ米田が連覇達成! | トップページ | 10月のRGJチームゲスト参加イベントのご紹介です!! »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事