« RGJチーム協賛・江崎グリコレポと群馬レース写真集公開! | トップページ | 2012年全日本選手権ロードレース・レポート2日目 »

2012年4月30日 (月)

2012年全日本選手権ロードレース・レポート1日目

RGJチーム事務局です。先日4月28日・29日の2日間、日本一のロードレーサーが決める「全日本選手権ロードレース」が岩手県八幡平の岩手山を周回する特別コースで開催されました。Ready Go JAPANチームからは、女子ジュニアレース・28日(土)に、坂口姉妹、伊藤、寺田の各選手が出場、女子エリートレース・29日(日)に、佐藤、米田、赤塚、土屋の各選手が出場しました。その1日目・土曜日のレースレポートをお送りします。
Img_0325

RGJチームはジュニアレースの受付や監督会議などがおこなわれる4月27日(金)から会場入り。その日はあいにくの天候で、曇りのち雨の状況。しかし、RGJチーム所属のジュニア女子選手たちは、岩手から遠い兵庫や愛知から移動してきたので、軽く乗って足を動かしてきます。
P1280099_2
先導を坂口 聖香・楓華選手姉妹のお父さんにお願いして、チーム車で伴走しつつ雨の中、1周回15.8kmのコースをチェックしながら走ります。

この後、受付とライセンスコントロールなのですが女子選手たちは「サドル後退のチェックと申請」を同時に済ませます。どういうものなのか?
P1280109_2
まずはサドル先端が自転車のBB(ボトムブラケット)の中心より後方5センチ以上に位置しているか?を、まず確認してもらいます。カラダの小さい選手(男女含めて日本人の大半の選手が該当)は、この「5センチ以上」を確保するのが困難なため、「5センチ以上サドルを後退できません!」というライセンスコントロールの際に申請をします。
P1280114_2
申請をすると、このようにコミッセール(審判員)が、乗車時にヒザから垂らした垂線が、ペダル軸の後方になっていることを確認します。ようはヒザが前に出すぎているとNGになります。写真ではRGJ伊藤 杏菜選手がその確認を受けて、後方になっているので申請はOKとなった!ということですね。

※上記のサドル後退の申請については、最新の2012年「競技規則集」の第5章・第16条3に記載されております。

そして、チーム監督は監督会議に出席して、明日のレースについて確認などおこないます。
P1280120_2
2年連続で岩手県の八幡平開催となる全日本選手権ロードレース。昨年よりもレース運営本部や監督会議会場、表彰式会場なども大きく便利になり、プレスルームなどの設置も充実してたのは、五輪の影響だけでない良い意味での「慣れ」だと思います。何よりも地元の協力も得られてのことですので、ちゃんと地元・岩手のお土産も買っていきましょう。

夜になりまして、待ちに待った夕食!ジュニアだけで4名を有するRGJチーム。さらに選手のご家族も一緒なので賑やかな夕食になります。ワイワイ!
Img_0338
そんな夕食後には、RGJチームジュニア選手向けにチームサプライヤーでございます「江崎グリコ」様の管理栄養士・恵美さんの「スポーツ栄養講座」を開講していただきました!
P1280127
グリコが誇るスポーツサプリメント「パワープロダクション」。豊富なラインアップとグリコが製菓で培った「味の良さ」が売りですが、各種スポーツの中でも自転車で利用される方が売り上げの3分の1を占めているとのこと。このように自転車アスリートの多くから愛されているグリコのサプリメントを「レースで効果的に使う方法」と「ジュニア向け」に教えていただきます。
P1280128
受講するRGJチームの面々。一足早くに合流したエリート選手である佐藤咲子選手も混ざってグリコのサプリメントパンフを片手に聞き入ります。

現役の高校生や中学生でもあるRGJジュニア女子選手たちは、学校で習ったこととして栄養について覚えているようなので、恵美さんの問題にもしっかり答えております。さて、皆さんにも問題です。「5大栄養素とは?」
P1280134
答えは「炭水化物・ たんぱく質・脂質・ピタミン・ミネラル」の5つです。それぞれがスポーツに必要な要素を持っているので、その部分を補うために「グリコのサプリを使う」という方法を細かく質疑応答を入れながら進めていきます。
P1280137
ということで、スポーツサプリメントといえば「グリコ!」ということで、よろしくお願いいたします!http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/

翌朝、28日の土曜日は前日の雨雲のなく良いお天気!朝8時からスタートなので、支度も朝早くからおこないます。
P1280140
朝焼けの中、RGJ選手たちの自転車を準備しつつ、選手たちも各自で支度。写真奥の寺田有希選手も、お父さんとしっかり準備中。
P1280151
昨夜グリコ栄養講座で指導していただいた恵美さんも合流して、RGJチーム選手たちの補給を準備していただきます。プロの調合で非常に助かります!!
P1280143
スタート前には「出走サイン」というのをおこなうのですが、ジュニアの選手は男女とも「ギア比の制限」というのがあります。年齢が15歳未満(=U15)、17歳未満(=U17)、そしてジュニア(17歳と18歳)、23歳未満のU23と、それぞれに使ってよいギア比というのがありまして、それを守っているか審判員がチェックしてOKなら出走サインに進みます。早速、坂口 聖香選手がチェックを受けて・・・問題なくOKもらいましたね!
P1280146
RGJ伊藤選手もOKもらってサイン中。おかげさまでRGJジュニア選手4名ともチェックOKでありました!

そんなこんなで、あっという間にスタート時間が近づいてきました!急いでスタート地点へ。
P1280167
8時05分、女子ジュニア18名が一斉にスタート!!このレースは15.8kmのコースを4周回=63.2kmを争います。この距離はジュニアの女子レースで滅多に走らない長い距離。展開が気になります。
P1280179
1周回目は大きな集団で走っていきます。レディー・ゴーとしては、まず最初4人で固まって様子をみよう、という作戦で。
S020
コースの下り地点にいた栗田メカニックが撮影したRGJチーム選手たち。しっかりと4人で固まってます。よしよし!
P1280185
そして、2周目いよいよ動きます!RGJ坂口聖香選手と大分別府高の江藤里佳子選手が集団から抜け出します!よしよしよし!
P1280193
しかし3周回目、昨年のジュニア女子2位の古川工高・齋藤 望選手がブリッジをかけて逃げに乗ってきました。このまま3人で逃げ続け、ゴールスプリントに!!
P1280198
最初にゴールに飛び込んできたのは・・・古川工高・齋藤 望選手。RGJ坂口選手は残り1kmのところで足が攣ってしまい3位に沈んでしまいました。惜しい。

聖香選手に続いて、楓華選手が11位に、伊藤選手が14位、寺田選手が16位でゴールし、RGJチームのジュニア選手は全員完走を果たしました!これにより来年の「全日本選手権の出場資格」を自動的に得ることができました。

ジュニア男女表彰式、まずは男子ジュニアの表彰です。
P1280216
男子ジュニアの表彰・入賞者たちです。左より2位の橋詰 丈(昭和第一学園)、優勝の松本祐典(北桑田高)、3位の山本大喜(榛生昇陽高)の面々。おめでとうございいます!
P1280233
ジュニア女子総合表彰・入賞者たち、左より2位の江藤里佳子(別府商高)、優勝の齋藤 望(古川工高)、そして3位の坂口聖香(Ready Go JAPAN)。おめでとうございます!
P1280242
このあと、U17の優勝者表彰でRGJ坂口選手が再登壇。インタビューでは悔しいのか表情が固いRGJ坂口選手。かなり積極的なレース展開を見せていただけに、その気持ちを素直に答えて、来年の全日本レースへの意気込みをしっかりと発言しておりました。
P1280251
表彰式後には、シクロイマージュからインタビューを受けて、ここでもしっかりと質疑応答していました。来年こそ真ん中いこうね!!

ジュニアレース後には、U23男子のレースがおこなわれておりましたが、RGJジュニア選手たちは遠方からの遠征だったこともあり伊藤家以外は、全員帰路につきました。入れ替わるように、翌日のRGJエリートレース出場の米田和美、赤塚友梨恵、土屋尚子の各選手たちが到着。既に到着していた佐藤咲子選手と、さらに伊藤アンナ選手も一緒にコース試走に出かけていきました。
P1280262
明日のレースは如何に?!レースレポートは翌日分に続きまーす。

|

« RGJチーム協賛・江崎グリコレポと群馬レース写真集公開! | トップページ | 2012年全日本選手権ロードレース・レポート2日目 »

参加レース結果」カテゴリの記事