« <速報>ツール・ド・十勝にRGJ米田優勝!UCIレース@ベルギーRGJ堀58位で完走! | トップページ | UCIレースレポ掲載!赤塚選手プロフィールも公開開始! »

2011年7月20日 (水)

RGJ堀選手:7月15日・17日レースレポート

7/15 "Lus Van Roden"  60km
70名出走 40名完走 32位


今日のレースレポートは書かなくてもいいですか?と聞きたくなるくらい書きたくない。けど、絶対にいいよとは言ってくれないだろうし、それは現実から逃げることでもあるし、投げ出したい気持ちを捨てて書きます。

自分は走れるようになってきたと思っていたけど、それは、ただ単に運が良かっただけなんだと思わされたレースだった。

今日のレースはたくさんの賞金が振り分けられるため、その話を聞いた時から高速レースになることは覚悟していた。しかもこんな日に限って自分のナンバーが呼ばれずスタート位置は最後尾。嫌な予感はしたが、ちょっとずつでも前に行ける走りをすれば大丈夫と言い聞かせスタート。

スタートのバン!と共にポイントのジャンが鳴る、高速レースの始まりだ。自分としては焦ることもなく、冷静に対処するつもりだった。ところがいつの間にか前にいる選手が中切れを起こし、自分のすべきことが集団を追いかけることだけになってしまったのだ。こんなことをしたい訳じゃないし、何人か引き連れて先頭を走る自分の名前を連呼するMCの声がこれ程うるさく感じたことはない。名前を呼ぶなよって心の中で怒鳴 り散らしてた。怒ったことで何も変わらないし、もちろん中切れを起こしたやつに怒りをぶつけたいけれど、そのヤツの後ろについちゃったのは自分でしなからない。何がどうなっても自分自身の責任であることは分かっている。

スタート位置が今まで前であったというのは自分にとって、かなりラッキーな事であった、後ろから前に行く実力はまだないって事。むしろ今気づいて良かったのかもしれない。しっかり集団の形を見ながら、つめるときにしっかり速度を上げていかなければならないし、1列棒状の時でさえ前にいる人を信用すべきではないし、視野を広くして色々なものを見て自分なりの判断をしなければいけないことに気づかされた。

レースは流れに乗れればいいと今までは思っていたけど、そうでない事に気づけたことで良かった。考え方が甘いのかもしれないけれど、自分ではこう考えていかないと前に進めない気がするからだ。レースをこなすことで、新たな発見がある。今はそれでいい。日曜日のレースでまた次に何を学べるのかが楽しみだ。

*Wielerland掲載のレース結果:
http://www.wielerland.nl/index.php?option=com_database&c=u&sc=1&id=27809&Itemid=242

20110719175408
写真は・・・大雨のベルギーUCIレースを戦ったBOMAラピットRレッドバージョンの勇姿。

7/17 UCI公認1.2クラスレース"Dwars door de Westhoek" 124.7km
15、16チーム出場(1チームは5~6人編成)
約85人~90人出走 58位(完走扱い68人)
 
スタート直前に雨が降り出し、路面がウエット状態のままローリングスタートが始まった。コースとしては隣街まで行き、そこで大きい周回と小さい周回を回る。その途中に山岳ポイントが2箇所あり、そこを2回ずつ通る計4回の山岳ポイントが設けられていた。その後スタートした街に戻り、その街で約11kmの周回を4周回してフィニッシュ。

レースが始まっても大雨と路面が濡れているせいか動きは全くなし。大きい集団のまま山岳ポイントのあるふもとを通過。車一台分の道幅ということもあり、そこで集団は長く引き伸ばされ、集団がいくつかに分かれたと思われる。自分も先頭集団に乗り遅れた組なので、前を見る限りそんな感じだった。4回のポイント周回を終えた頃はまだチームカーが見えていたので希望はあったのだが・・・。山岳が終わった後は、かなりの強風に悩まされた。かろうじて先頭からは切れているのだが、15人くらいの集団でいたので何とか横風に絶えながら周回コースを目指す。そんな強風と戦っているうちに、前は全く見えなくなり最後に走る救急車まで行ってしまった。

自分のいる集団には何度かこのUCIレースに参戦している選手たちがいたのだが、最後の車が行ってしまうと彼女たちは談笑タイムに早変わり。「How are you?」に始まり、「今日は悪天候で嫌になっちゃうわね」など、そんな会話がアチコチで・・・。そして、このまま頑張って走っても周回はせずにタイムアウトっていうことを教えてくれた。要するにゴールまでは走れないって事だ。悔しい訳でもなく、もちろん喜びでもなく、初めて何の感情もなかった。ただ終わってしまったんだと。

一人じゃなく、小さい集団でいることで安心だったのかも。それと確かに集団からは切れてしまっているのだが、何か走り方のコツさえ掴めば何とか完走できる気がするからだ。苦手な坂さえ、自分は遅い訳じゃなかったのだから。むしろ、遅い選手の後ろに入ってしまったことがミスに繋がったと思うから。自信過剰に聞こえるし、自分も言いすぎているような気がするけど、何の感情も沸かないのはそのせいな気がする。全てが終わったんじゃなく、今が最高に良い時だと思って前進していきたい。

リザルトには58位で完走扱いとなっているが、コース全てを走りきっていないので厳密には完走とは言えないだろう。ただこれだけは言える!単独になるのだけは避けるべきだ。ハリーの一言「レースは簡単ではない」。この一言に尽きるレースだった。

*Wielerland掲載のレース結果:
http://www.wielerland.nl/index.php?option=com_database&c=u&sc=1&id=27999&Itemid=242

*レース公式ホームページ
http://www.sportsites.be/sasspurters/

|

« <速報>ツール・ド・十勝にRGJ米田優勝!UCIレース@ベルギーRGJ堀58位で完走! | トップページ | UCIレースレポ掲載!赤塚選手プロフィールも公開開始! »

参加レース結果」カテゴリの記事