« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース:結果

第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
開催日:2011年6月26日(日)
開催地:岩手県八幡平・岩手山パノラマラインコース(1周=15.5km)

【 結果 / 女子エリート 】
Distance: 124.0 km
StartTime: 8:05

順位 選手名 チーム名 Time +TOP AverageSpeed
1位 萩原 麻由子 サイクルベースあさひ3:54:07 00:00 31.77km/h
2位 片山 梨絵 SPECIALIZED 3:54:14 00:07 31.76km/h
3位 西 加南子 LUMINARIA 3:57:32 03:25 31.32km/h
4位 金子 広美 イナーメ・アイランド信濃山形3:57:32 03:25 31.32km/h
5位 針谷 千紗子 サイクルベースあさひ3:57:34 03:27 31.31km/h
6位 森本 朱美 パールイズミスミタラバネロ3:57:40 03:33 31.30km/h
7位 明珍 裕子 朝 日 大3:57:43 03:36 31.29km/h
8位 豊岡 英子 パナソニック・レディース3:58:45 04:38 31.16km/h
9位 井上 玲美 スーパーKアスリートラボ3:59:05 04:58 31.11km/h
10位 智野 真央 MUUR ZERO 3:59:37 05:30 31.04km/h
11位 佐藤 咲子 Ready Go JAPAN 4:00:56 06:49 30.87km/h
12位 上野 みなみ 鹿屋体育大4:00:56 06:49 30.87km/h
DNF 木村 亜美 鹿屋体育大DNF 1 Lap
DNF 塚越 さくら 鹿屋体育大DNF 1 Lap
DNF 赤塚 友梨恵 みさかサイクルDNF 1 Lap
DNF 米田 和美 Ready Go JAPAN DNF 1 Lap
DNF 菊池 香 なるしまフレンドDNF 1 Lap
DNF 堀 友紀代 Ready Go JAPAN DNF 2 Lap
DNF 大鹿 美穂子 SFID cycling Team DNF 2 Lap
DNF 谷本 直子 vitesse -Serotta -Feminin DNF 3 Lap
DNF 山下 由起子 vitesse -Serotta -Feminin DNF 3 Lap
DNF 中道 のぞみ Salata Bianca Kobe DNF 4 Lap
DNF 高島 真希子 チーム オーベストDNF 4 Lap
DNF 高橋 奈美 Vitesse-Serotta-Feminin DNF 6 Lap
DNS 石川 千嘉 スミタ・ラバネロDNS
DNS 武田 和佳 ARAI・MURACA DNS
DNS 鈴木 遊 朝 日 大DNS
Number of Starter= 24 Number of Finisher= 12
Did Not Finish= 12 Finish After Deadline= 0
Average Speed of Top= 31.77km/h

====

【 結果 / 女子ジュニア+女子アンダー17 】
Distance: 62.0 km
StartTime: 8:10

順位 選手名 チーム名 Time +TOP AverageSpeed
1位 中村 友香奈 良奈良北高2:02:08 00:00 30.45km/h
2位 齋藤 望宮 城古川工高2:03:37 01:29 30.09km/h
3位 坂口 聖香兵 庫Ready Go JAPAN 2:03:37 01:29 30.09km/h
4位 谷 伊央里群 馬前橋育英高2:03:39 01:31 30.08km/h
5位 吉川 美穂和歌山サイクルベースあさひ2:04:12 02:04 29.95km/h
6位 神庭 睦実鳥 取米子東高2:04:17 02:09 29.93km/h
7位 岩出 愛未愛 知瀬戸北総合高2:06:38 04:30 29.37km/h
8位 黒田 彩夏兵 庫明石西高2:06:50 04:42 29.32km/h
9位 元砂 七夕美奈 良榛生昇陽高2:07:06 04:58 29.26km/h
10位 浅田 愛理愛 知豊田北高2:08:58 06:50 28.84km/h
11位 江藤 里佳子大 分別府商高2:10:09 08:01 28.58km/h
12位 日野 友葵愛 媛丹原高2:10:34 08:26 28.49km/h
13位 関口 千鶴東 京八王子桑志高2:11:44 09:36 28.23km/h
14位 浅田 聖奈愛 知豊 田 高2:14:25 12:17 27.67km/h
15位 小山 千穂愛 知桜丘自転車部2:16:21 14:13 27.28km/h
DNF 関口 涼岩 手紫波総合高DNF 1 Lap
DNS 高橋 環岩 手水沢農高DNS
Number of Starter= 16 Number of Finisher= 15
Did Not Finish= 1 Finish After Deadline= 0
Average Speed of Top= 30.45km/h

正式結果はこちらになります(男子エリートの結果など)。
http://jcf.or.jp/

|

第14回全日本選手権ロードレース・レポート掲載しました!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月26日(日)に岩手県八幡平にて開催されました「第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース」のレースレポートを掲載しました(レポート文章も掲載完了)。http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/14-1d9d.html
Img_0254
こちらは女子U17優勝・Ready Go JAPAN坂口聖香選手の表彰式を見つめる佐々木岩手県自転車競技連盟副会長の背中。ようやく岩手の地で全日本選手権レース開催を実現し、佐々木サンの閉会挨拶に気持ちがこもっていて、牛は胸が熱くなりました。地元車連の皆様も本当にお疲れ様でした。

詳細レース結果(女子エリートと女子ジュニア+U17)はこちらからです。
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/14-3a1d.html

※参考までに:
前回大会:第13回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース女子の結果
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/13-74ae.html

*シクロワイアード
「全日本選手権ロードレース2011女子エリート」記事
http://www.cyclowired.jp/?q=node/62000
レポート記事でReady Go JAPANの活躍についても書かれております!

*シクロワイアード・女子エリートフォトギャラリー
http://www.cyclowired.jp/?q=image/tid/4305
※レディー・ゴーの選手をフィーチャーしていただいております!

実は6月の第4週の週末、世界中で各国の「ロード選手権」が開催されていたのでした。
http://www.cyclingnews.com/news/2011-national-championships-index-page
様々な国の男子と女子の結果が掲載されております。
※フランスの女子の結果が面白い。ジャニー・ロンゴ選手が個人TT優勝、ロード2位。凄い!

サイクリングニュース・コムに掲載された全日本選手権女子のリザルト
http://www.cyclingnews.com/races/japanses-road-championships-2011/elite-women-road-race/results
11位に「Sakiko Sato」!カッコイイ!!

今後も国内、そして海外の自転車レースを中心に活躍するレディー・ゴー・ジャパン女子チームの活動にご声援のほどよろしくお願いいたします!

|

第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース・レポート

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月26日に開催された「第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース」の女子ジュニア+U17、そして女子エリートのレースを中心としたレポートをお送りいたします。改めて多くの方々からのご声援に改めて感謝いたします!(そして写真提供にご協力いただきました加藤 智氏に感謝!)

今年の全日本選手権ロードレースは岩手県は八幡平。石川啄木の作品でも有名な岩手山を臨むパノラマラインをコースとして開催されます。P1240861

石川啄木の短歌「ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな 」を思いながら、写真のように岩手山を見上げる・・・石川「ブタボク」じゃないからね!<スドーマン監督。

そんな阿呆いってる場合じゃないですね。6月25日・レース前日にRGJチーム選手到着、早速、レースコースを試走しに行きます。

Img_0150

試走から戻ったら、チームメカニックの栗田さんにメンテをお願いして、選手たちは明日の準備を。夕食時にはチーム選手やスタッフ全員でミーティングし明日に備えます。

P1240875

・・・そして、翌日!いよいよレース決戦の日であります。お天気は何とか日中はもちそうとの予報。風は冷たいぐらいでレースコンディションとしては悪くない感じ。自転車も準備完了で選手を待ってます。

P1240880

宿泊したホテルから自走で移動することにしたRGJチーム。RGJ選手たちの顔がキリっとしていますね!既にレースは始まっている感であります。

P1240884

30分ほど走って、レーススタート地点になる「岩手山焼走り国際交流村」の駐車場に到着。ウォーミングアップの前に出走サインをすますRGJチーム選手たち。写真はサキさんこと、RGJ佐藤 咲子選手。そうそう、U17であるRGJキヨカちゃんこと坂口 聖香選手や、ジュニアの選手は出走サインのほかに、「ギア比制限」を守っているかのチェック(検査)もあるのですよー。

P1240885

ギア比制限ってナニ?これは今大会の要項にも記載されていることなのですが、そこから抜粋すると「ジュニアのギア比制限は男女共に7.93m、U17 以下のギア比制限は男女共に7.01m とする。」となっています。

これは、ジュニア(=1993、1994年生まれ)はフロントギアのアウターとリアギアのトップにギアを合わせた状態で、クランクが一回転するまでに自転車が7.93m以上進まないこと、U17(=1995、1996年生まれ)は7.01m以上進まないことをチェックするのです。これはUCI(=国際自転車競技連合)のルールに則っておりますです。

これによって、重いギア比で成長期のカラダ(特に膝などの関節)を痛めないとともに、若いうちから回転を上げることでスピードを上げることをカラダで覚えられるので、将来オトナ(=エリート年齢)になった時に、ギア比以上のスピードを上げるときに回転で、スピードを上げていく訓練が出来ている!という按配なのであります。

Img_0147
・・・なーんて、ウンチクたれていたら、RGJ正選手3人組が何かをオージーケーカブトの出展ブースで見つけたらしい・・・じつはコレ、今回の全日本選手権ロードレースの開催にあわせて急遽、オージーケーカブトからスポンサードされているチームや選手たちから「東日本大震災復興の応援メッセージ」を集めて、写真で掲示したものなのです。我がReady Go JAPANもチーム創立時からお世話になっておりますので、協力させていただきました!

P1240865
これは・・・RGJ坂口聖香選手からは、自身も兵庫県で阪神大震災を経験した想いから「底力」。

P1240866
RGJ堀 友紀代選手からは「Never Give Up!!」。オランダ以来、すっかり国際人ね(笑)。

P1240867
RGJ佐藤 咲子選手からは「みんなは1人のために、1人はみんなのために」というステキな言葉。

P1240868
RGJ米田 和美選手からは「最後まであきらめない心」という、彼女らしい力強い言葉。

P1240870

・・・とチェックしていたら、オージーケーからチームがサポートを受けているユーロップカーの新城 幸也選手が、自身の写真にサインを入れるところに遭遇。おほほぅ。

P1240888

そんな選手たちからの熱い東日本大地震復興の応援は、オランダからも!ということで先日、RGJ堀ユキ選手が遠征レースでともに戦ったオランダ女子選手たちから寄せてもらった復興の願いを込めたサイン入り日の丸もOGKブースに展示させていただきました。

P1240936
この復興メッセージは多くの方々の注目を集めておりました。オージーケーカブト様の粋な計らいに感謝!

P1240891
レースのスタートが女子エリート8:05、女子ジュニア+U17が8:10なので、そろそろウオーミングアップを。そんな準備にいそしむRGJ選手たちに声をかけるスドーマン監督曰く「今日は今までやったことを考えながら、悔いの残らない走りをしてください」。スタッフも準備を急ぐ。戦いの前の空気が静かに流れる。

P1240896

スタート10分前。召集場所に陣取るRGJ選手たち。左からRGJ米田、佐藤、堀。一番右にいる役員は今大会のコミッセール・藤森信行氏(牛の師匠)。日本の初めてシクロクロスという競技を輸入した張本人(マジ)。

P1240905
連覇をかけてスタートに立つ萩原麻由子(サイクルベースあさひレーシング)。先々週の全日本選手権個人TTに続くダブルタイトルもかかっているのです。P1240908

そんな女子エリートの後ろでスタートにつくのが女子ジュニア+U17。RGJ坂口キヨカ選手、顔は笑顔ですが、メチャクチャ緊張しております!!

そして・・・定時にレースはスタート!8:00から5分おきに男子エリート、女子エリート、女子ジュニア+U17と出発していきます。

P1240917

しばらくして、山下 由起子(vitesse -Serotta -Feminin)が集団から2分ほど離して飛び出します。ええ??ちょっと後ろは、どーなってんの?不安になっておりましたら・・・。

P1240918
どどーーん!!なんとレディー・ゴー・ジャパンご一行様が集団を引き連れて補給地点に現れた!ぎゃぁあ!!もうワケカワメ<興奮しすぎ。

女子エリートレースでは、124kmという全日本選手権ロードレースの歴代女子レースでは、初めての100km越えの距離。スタートからしばらくは、集団の反応が鈍い状況でありましたが、集団の先頭をRGJチームで3名で固めていたのでした。

P1240925
なんて行ってる場合じゃない!誰か、早く逃げを追うんだ!!  <と某地点に陣取っていたスドーマン監督も思ったらしい。

P1240927
そこで山が動きましたよ!ナントRGJ堀ユキ選手が行きました!!オランダからハリーさん(オランダ遠征先のホームステイ先)も応援しているよ!

昨年覇者の萩原麻由子(サイクルベースあさひレーシング)がユキ選手に追いつくまで、1人で逃げ続けました。

Dsc_0133
一方で女子ジュニア+U17は、RGJ坂口がスタートから積極的に飛び出す走りでリードし、その後ろを選手たちが集団で付いて行く展開で進みます(撮影:加藤 智)

P1240930

なになに?ちょっとは男子エリートも見せろって?んでは・・・先頭からキレのある逃げを見せたレディオシャックの別府選手とシマノの村上選手の勇姿をどうぞ。

ほか、男子レースの詳細はココが時系列で、展開とか分かりやすいです!
*日本のロードレース(自転車)
http://d.hatena.ne.jp/hagotae/?of=1

Img_0183
女子エリートの1周回目はこのようなポジションでコースの登り区間を走っておりました。

Img_0203
これがRGJの堀ユキと米田ヨネピーでコントロールして登っているの図。撮影BYスドーマン監督FROM i-phone。

P1240934
そして、まずは女子ジュニア+U17がゴール。中盤から昨年大会のジュニア3位・中村友香(奈良北高校)が単独で集団から出て、そのまま逃げ切り優勝を決めました!

P1240935
さて2位以降は・・・3名のスプリントでRGJ坂口キヨカ選手が2番手に入り、ジュニア総合で3位、そして今大会から設定された女子U17初代チャンピオンとなりました!よっしゃ、よっしゃ!!

この後、女子エリートレース後半は、萩原と片山梨絵(SPECIALIZED)の2名の逃げを追走する集団にRGJ佐藤が入り、その後ろでRGJ堀とRGJ米田が追う展開となりました。

女子エリートのトップゴールはビデオ録画していたので写真なくて申し訳ないです。優勝はゴール直前で萩原がスプリントで優勝し2連覇!!・・・一方、残りあと1周で、惜しくもRGJ堀と米田が完走できませんでした。しかし昨年とは一味違う走りで藤森サンも褒めていたぞよ。

P1240940
約4時間の死闘を終えて、RGJ佐藤サキ選手がゴール!昨年大会での3回パンクの屈辱を晴らし、トップとのタイム差6分49秒・11位で完走を果たしました!よかったよー!!

P1240947

この後、男子エリートのレースゴールを待って、表彰式が始まりました。今までの全日本選手権ロードでは「ちょっとビックリするぐらいプレスが来た」という関係者のお話のとおり、凄いカメラマンと観客の皆様の人数で、表彰式の写真が危うく撮れなくなりそうでしたが、そこはソレ。牛のオバサン根性で、坂口キヨカ選手の晴れ姿を撮影できました!優勝おめでとうキヨカちゃん!!

P1240954
インタビューの時にはしっかり答えて笑顔だったのですが、撮影タイムで急に緊張しちゃったキヨカちゃん。牛、心配のココロ。

P1240960
でも、この後のジュニア総合表彰では笑顔に戻って、「世界のナカノ」こと中野浩一強化委員長(2011年4月より)からメダルを受け取っておりました。

Dsc_0433
ジュニア総合の表彰。左より総合2位の齋藤 望(古川工高)、優勝を果たした中村 友香(奈良北高)、そして総合3位の坂口 聖香(Ready Go JAPAN)おめでとうございます!(撮影:加藤 智)

この後、女子エリートや男子エリートの表彰式も撮影したかったのですが、結構無理して撮影場所を確保したので、女子ジュニア総合の表彰の後は、他の方に場所を譲って撤退。表彰式と閉会式の終了を見届けて・・・。

P1240978
そしてキヨカちゃんが戻ってきたところで、今日頑張ったRGJチーム全員で記念撮影。左から女子エリート11位の佐藤サキさん、米田ヨネピー、坂口キヨカちゃん、堀ユキちゃん。お疲れ様でした!!

P1240985_2

女子ジュニア+U17ではU17タイトル獲得、そして女子エリートではチームとしての結束力と着実に上達した走りをうまく発揮できて良かったです。本当に(涙)。

この後、7月から国内レース、そしてオランダ遠征とレディー・ゴー・ジャパンの女子自転車チームの活動は続いていきます。引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします!!

*2011年のRGJチーム活動予定はコチラから。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2011yotei.html

P1240975
おまけ:居酒屋レディオシャック開店(嘘)。優勝そして入賞した選手たちも凄いけど、後ろの関係者も凄いメンツだったりしち。

|

<速報>第14回全日本選手権ロードレースでRGJチーム活躍!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月26日(日)に岩手県八幡平でおこなわれた「第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレース」に、Ready Go JAPANチームから計4名の選手が出場しました。

そして女子ジュニア+U17レースに坂口 聖香選手が出場、62kmという長丁場でレース総合で3位、U17として優勝を果たしました!さらに、女子エリートレースに堀 友紀代、佐藤 咲子、米田 和美の各選手が中盤でレースを動かすなど積極的な走りをみせ、佐藤が11位で124kmを完走しましたので、速報でご報告いたします。
P1240985
坂口キヨカ選手のU17優勝と佐藤エリート11位、そして堀と米田の健闘を喜ぶ全日本選手権参加のRGJチーム選手たち(写真左より佐藤、米田、坂口、堀)

さらに、スドーマン監督の秘蔵動画もYOU TUBEで公開しております。収録時間短いですが、よかったらご覧ください。
・女子エリート:4周回めの登坂
http://youtu.be/SCAZ6z2K6I4
・女子エリート:5周回めの登坂
http://youtu.be/jnQOdCR8wMY

改めて、詳細なレポートは写真とともに後日、掲載いたします。今大会でも多くの方々からご声援いただきまして、誠にありがとうございました。 7月からのレディー・ゴーJAPAN女子チームの活動にご注目くださいませ!!

|

2011年6月25日 (土)

土日は全日本選手権ロード@岩手!7月のRGJチーム予定も発表。

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月25日(土)と26日(日)の2日間にわたり、ビックレース「全日本選手権ロードレース」が開催されます!http://jcf.or.jp/?p=16265

開催会場は、今回が初の全日本選手権ロードレースの会場となる岩手県。この八幡平の岩手山山麓に1周回約15kmのコースを設定して男子はU17+U15・ジュニア・エリートが、女子はエリート・U17+ジュニアの全5レースが開催されます。

私たちReady Go JAPANチームは6月26日(日)におこなわれる、女子エリートに堀、佐藤、米田の各選手、女子U17に坂口選手を送り込みます。このレースのスタート時間は朝8時5分に女子エリートスタート(コース8周=124km)、そして8時10分に女子ジュニア+U17スタート(4周=62km)となっております。

そのスタート前には男子エリートのレースが朝8時にスタート(13周=201.5km)します。ようは同じ時間帯に3つのカテゴリーが走ることとなります。

そして、このレースから実現している大きな変化が2つあります。1つ目は女子のレースカテゴリーが前年までエリートとジュニアが一緒の距離で競われていたのが、別のレースとして距離も差をつけておこなわれること。昨年の同大会までは、女子エリートのレースにジュニアが混走しましたが、ギア比がジュニア規定ギアなのでタイミングや展開に違いが出て戦いづらかったはず。これが解消されます(ジュニアのギア比はルールを守ることとともに、成長期のカラダを守り同時にペタルの回転数を上げることによってスピードを上げることを若い時に養成できる重要なコト)。

そして、これにより女子エリートのレース距離が大幅に伸びました。これがもう1つの大きな変化です。今回は124km(男子エリートも201.5kmという長距離)。これで男女ともに、ようやく世界選手権やUCI公認ロードレースで戦うベーシックな距離に、ようやく並んだことになります。もちろんコースの特徴などはイロイロと違いはあるものの、まずは距離(=レース時間)を本番(=目標)に合わせる事は重要なので、これから全日本選手権のトップを目指すことで「イコール世界を目指す一歩」となる、良い機会になると思います。

ということで、何よりもレースは見に来ていただく、もしくは遠隔地からも注目し応援いただくことが重要なので、ぜひともご声援いただければと思います。

何よりも岩手県は、3月の東日本大震災の被害が大きかった地域であります。八幡平での開催が予定通りに実現できたことを、レースの展開とともに注目いただければと思います。そのレースと復興応援の熱意は参加選手たちを通して地元の方々にも伝わると思います!!

*6月26日(日)第14回全日本選手権ロードレース 岩手県八幡平市
http://jcf.or.jp/?p=16265
RGJより堀、佐藤、米田、坂口の各選手が参加!

※JCF公式レーススタートリストはこちら
http://jcf.or.jp/files/downloads/2011/06/2011AJR.pdf

<7月のRGJチーム活動予定>
*7月2日(土)・3日(日)第43回北海道地域自転車道路競争大会:北海道・豊富町
http://www.sapporo-cf.jp/schedule/schedule.html
RGJより米田・正選手が出場決定!

*7月3日(日)2011全日本実業団富士SWロードレース:静岡県小山町
http://www.jbcf.jp/race/2011/fuji-speedway/index.html
RGJより坂口・サテライト選手が出場決定!

*7月10日(日)2011全日本実業団乗鞍ヒルクライムレース:岐阜県
http://www.jbcf.jp/race/2011/norikura/index.html
RGJより坂口・サテライト選手が出場決定!

*7月16日(土)・17日(日)2011ツール・ド・十勝:北海道帯広市
http://www.sapporo-cf.jp/schedule/schedule.html
RGJより米田・正選手が出場決定!

*7月24日(日)房総ツーリング2011・ステージ3(サイクルトレイン120km):千葉県市原市
http://atumare.jp/

*7月24日(日)矢島カップ第25回Mt.鳥海バイシクルクラシック
http://www.city.yurihonjo.akita.jp/yashima/roadrace/cycle%20hp/top/newindex.html
RGJより佐藤・正選手が出場決定!

※7月1日より10月中旬まで:RGJ堀・正選手オランダ遠征参加

|

2011年6月23日 (木)

学生選手権ロードと富士山ヒルクライムのレースレポ掲載!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。おまたせいたしました!先週末に2連荘でReady Go JAPANが出場したレースのレポートを掲載しましたので、お知らせいたします。

まず、6月18日(土)開催の「第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会」@長野県木祖村。日本国内の女子JCF公式レースでは珍しい100kmという設定を果敢に挑んできました。
Sp1240756_2
こちらに出場したのはRGJ堀 友紀代と佐藤 咲子の各正選手。レポートはこちらからどうぞ!http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/27-d441.html

そして翌日の6月19日(日)は「第8回JBCF富士山ヒルクライム」@静岡県小山町に出場。こちらは最大勾配22%というキツイコースを、RGJ佐藤選手が出走しました。
S_igp4643_2
レースレポートはこちらからどうぞ!http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/8jbcf-7ae8.html

明日には7月のRGJチーム予定なども発表できる予定です。引き続きレディー・ゴー・ジャパン女子チームにご声援のほどよろしくお願いいたします!しかし暑い!!

|

第8回JBCF富士山ヒルクライム:レースレポート

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月18日に長野県で「第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会」に出場し、無事にレースを終えたRGJの堀 友紀代選手と佐藤 咲子選手。この後、一路静岡県に大移動!

翌日6月19日(日)第8回 JBCF富士山ヒルクライムに出場をいたしました。
http://www.jbcf.jp/race/2011/mt-fuji/index.html

この日は前日同様、天候はイマイチではありましたが霧雨でなんとか小康状態。受付が早朝6:30からなので、御殿場の宿泊ホテルを早めに出発。今レースはRGJ佐藤 咲子選手が出場し、堀ユキ選手は「応援アンドお手伝い」なのであります。そこでユキ選手とロイヤル雅紀(サキ旦那)、そして牛の3人は交通規制が入る前に頂上に移動し、ゴールを待つことに。

あざみラインはクルマで登るのも、結構たいへんな急斜面の坂。この11.4km:平均勾配10%・最大勾配22%というヒルクライマーでも「イヤイヤ」しそうな坂を登ってくるのですねー。そんな「究極の坂バカ(尊敬の意味で)」が集まるこのレース。実業団と一般同じコースで競えるのも魅力なのかな?と思いつつ、山茶屋でお汁粉をいただく(サキさんごめんよ)。

早朝から店を開けてくれている、5合目の須走側の山小屋や茶屋の方たちと話をしていると「この間のトップは44分台だったからねー、まだゴールまで15分ぐらいかしら?」という玄人なコメントも飛び出す。やはり毎回TOJ(ツアー・オブ・ジャパン)や実業団で、レースを開催しているとこんな方も増えるんだな、とうれしくなりながら椎茸茶をいただく(サキさんごめん)。

と、ロイヤル氏の動きが慌しくなる。そろそろ選手たちがゴールに入るようだ。そんなロイヤル氏の激写を!
S_igp4643
おおっ!
S_igp4644
サキ選手、キターーーーァ!! ユキちゃんからも声援が飛びます!あと、ちょっとでゴールだよ!!
Sp1240821
無事ゴール!・・・既に実業団の女子選手1人がゴールしているのを見つけてはいたが・・・数週間前の同じコースでの練習でのタイム1時間08分が、どれぐらい縮んだか?サキ選手としては「1時間は切りたい」とスタート前にはコメントしておりましたが。

・・・結果、1時間03分40秒!優勝タイムとの差2分20秒。1時間切りは達成できなかたものの、5分更新はなかなか!しかも2位入賞確定でよかった、よかった!!

無事ゴールした選手たちで賑わう頂上で、RGJファンの方にお声かけていただきました。ユキ選手ファンだそうで、今回遭遇できて喜んでいただけました!アザミ特製ジャージがステキな方でありました。ファンクラブ入会はコチラまで(w)http://www.jbrain.or.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=RGJ_funclub01
Sp1240822

スタート近くにある表彰式会場には、毎度おなじみ!のBOMA担当の方など、多くの方々が集まっておりました。嬉しいのぉ。ここからは会場にいらしたgg_kasai氏の撮影写真でお送りいたします!いつも写真ありがとうございます。
Sdsc_0023
表彰式の開始を待つRGJチーム。カメラを構えるのが今遠征に同行いただいたロイヤル氏。右で青いいつもの格好をしているのがスドーマン監督(実はこのレースに出場しておりました)。

いよいよ女子F1/F2レースの表彰です!
Sdsc_0153
左より3位・角尾、優勝・橋本、3位・RGJサキの各選手。おめでとうございますありがとうございます!!この撮影の時、私からポーズ指示出しして決めてもらいましたよん。ご協力感謝。 

Sdsc_0012
ということで、2日間にわたりガッチリ走って活躍してくれたRGJユキ・サキのコンビにご声援いただき本当にありがとうございました。この後、2人は今後もご声援に応えられるように、一部自走で練習しながら帰路につきましたとさ。ちゃんちゃん<おいおい。

こちらの「RGJチーム選手のワイワイブログ」にも、佐藤選手のレポが掲載されております。ぜひご覧くださいませ。http://d.hatena.ne.jp/readygo_mem/

*シクロワイアード掲載レポート
http://www.cyclowired.jp/?q=node/61578

第8回JBCF富士山ヒルクライム
女子F1/F2結果

http://www.jbcf.jp/db/listRaceResultsSelect11.php

順位 名前 チーム名 タイム トップ差 平均時速
1 橋本 みどり なるしまフレンド 1:01:19  11.15 
2 佐藤 咲子 Ready Go JAPAN 1:03:40 02:20 10.74 
3 角尾 恵 スミタ・ラバネロ 1:09:56 08:36 9.78
4 岩島 朋未 なるしまフレンド 1:10:19 08:59 9.72
5 笹本 智子 竹芝サイクルレーシング 1:12:43 11:23 9.4
6 万年 陽子 チーム・マリアローザ 1:19:50 18:30 8.56
7 宮田 菜摘 フィトンチッドRT 1:21:15 19:55 8.41
8 谷本 直子 Vitesse-Serotta-Feminin 1:22:57 21:37 8.24 
DNS 武田 和佳 ARAI MURACA DNS
DNS 安田 朋子 なるしまフレンド DNS

※各平均時速に注目!・・・10km/hって・・・怖いよー:泣

|

第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会:レースレポート

どもです。RGJチーム事務局の牛です。6月18日(土)に長野県木祖村にて「第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会」の女子+オープンのレースが開催されましたので、そのレースレポートをお送りいたします。http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/jicfrc.html

この学生選手権ロードレースは、日本国内のロードレースとしては珍しい長距離が設定されており女子は100km(コース9km×11周+1km)、翌日の19日(日)におこなわれた男子レースは180km(コース9km×20周+1km)を走って競うハードなレースであります。
Sp1240740_2
ただ受付が11:30、レーススタート時間が13:00からなので、移動はレース当日の早朝からで行けるのが嬉しいところ。女子選手でロングレースが得意な方で、関東在住ならオープン参加できるのでオススメですよ!とPRしておきましたよ、学連サマ(写真はレース前の開会式の様子。ちゃんと出席してお話を拝聴中)

この開会式までは何とか保っていたお天気ですが・・・参加女子選手たちがスタート位置につき始めたころから雨が降ってきました。
Sp1240742
実はこの辺りは雨が多く、さらにこの梅雨時期は雨でないほうが珍しいとのこと。そういえば2年前にRGJチームが、この大会に出場したときも雨でありました。http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/25-55b1.html
Sp1240756
スタートを待つRGJ堀 友紀代選手(左)とRGJ佐藤 咲子選手(右)。なにやら作戦会議中かな?今回はこの2人に、スドーマン監督や牛とともに咲子旦那サマ(通称:ロイヤル)も遠征に同行、補給やレース撮影などお手伝いいただきました。ありがとうございます!

スタートして2周目(だったか?)の写真。
Sp1240761
どんどん雨が降ってくるので、補給待機するのが精一杯で写真少なくて申し訳ないです(ビデオは断念!)。

佐藤サキ選手からレースレポをもらっているので、その内容を紹介します。なお、彼女の書いたブログにも当日の模様が「RGJチーム選手のワイワイブログ」に掲載しておりますので、ぜひ!http://d.hatena.ne.jp/readygo_mem/
====
前半はかなりローペース。 次第にスピードがあがり、しばらく先頭集団の後方をキープして様子見。レース中盤にさしかかってからは、最初の登り区間でおいていかれるも、下りで追いつく。

しかし、残り2周に入った最初の登り区間で再度おいていかれ、この時は下りでも追いつけず、一人旅になってしまった。残り1周になり、前の集団からこぼれ落ちてきた日体大の選手に追いつく。
====

この後、ゴールに向かう1kmのコースは周回コースから外れての登坂区間となるので、残り2周の時に徒歩で移動してゴール場所に撮影スタンバイ。さて、誰が一番にココにたどり着くのか?その待機場所で「落車が発生した」という情報も入る。うーんRGJの選手でないことを祈りつつ、大きな事故でなければいいなー、と祈る。

そして、一番最初にゴールに見えた選手は・・・日体大のジャージ!
Sp1240770
田中まい選手だ!小さくガッツポーズして、しっかりと最後のキッツイ登りを踏んできた。
Sp1240773
そんな田中選手から、ちょっと遅れて「ユウコちゃん」こと朝日大学の明珍  裕子選手の姿が!途中では1人でずっと集団を引き続けていた。レース展開の都合で、しょうがないとはいえ、よく堪えて頑張りました!本当に大学の4年間で、毎年毎年強くなっているね。いいね!
Sp1240776
3番目に見えてきたのは、強豪校・鹿屋体大の塚越さくら選手・・・って、アレ?後半単独トップでなかったか?何かあったのか??
Sp1240779
4番目には優勝した田中選手のチームメイト、日体大の小島 蓉子選手がゴール。日体大自転車部は急成長してますなー。ちなみに私の通っていた高校のスグ近くが日体大なのよねー。ジャージ姿で深沢駅(分かるヒトには分かるローカルネタ)。
Sp1240782
6位でゴールした上野みなみ選手(鹿屋体大)の苦しそうな様子を心配する鹿屋体大自転車部の黒川監督。今回、鹿屋体大は今女子レースで最多の4名を出走させた「鉄板オーダー」だったのですが、3位入賞がようやく。しかも塚越ら2人が最後の最後で落車したようで・・・。うーん残念であります。

じゃあ、肝心のRGJはどうだったの?といいますと・・・おお!来た来た!!
Sp1240792
佐藤サキ選手の姿が見えました!!9位でゴールであります。トップ差5分30秒は上出来。前週の全日本個人TTでの悔しさが、いいバネになったかな?
Sp1240801
そして堀ユキ選手も12位でゴール!レース展開が2年前とは違うとはいえ、トップから約9分差ということで安心(2年前はトップ差が約19分)。しかも苦手な登りも、嫌がらずに「完食」したのは見事。2人ともお疲れ様でした!

・・・ということで、19名出走で14名完走のうち、佐藤9位・堀12位となったのですが・・・なんとオープン部門だけ表彰がありまして!
Sdscn3334
※撮影:ロイヤル雅紀

有難いことに、女子オープンとして佐藤1位・堀2位で表彰いただきました!ありがとうございます!!

会場では、長野の自転車レース写真といえば信州ふぉとふぉと館!のカメラマン氏や、学連関係の皆様(いつもお世話になってます)、長野県の国体予選もおこなわれたこともあり、長野車連の皆様(ご無沙汰でーす)など、多くの方々にご注目いただきました。本当にありがとうございます。

何よりも、日本国内において、このような世界基準(女子のステージレースでも1ステージ100kmぐらい走るのは通常だし、世界選手権なら女子でも130km前後は走る)の距離をレースで実現していることに、学連の運営が素晴らしい!と思うわけであります。今週末の全日本選手ロードも、ようやく女子が100km越えレース(124km)となりますが、その地固めを出来たこのレース開催に改めて感謝であります!

レースのレポートはこちらにも掲載されております。ぜひご覧ください!
*シクロワイアード
http://www.cyclowired.jp/?q=node/61604#start

*信州ふぉとふぉと館:ブログ
http://d.hatena.ne.jp/joojtv/

第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会
女子 個人ロードレース 結果
http://www.jicf.info/index.html

Result of FINAL DISTANCE: 100Km
Number of starters: 19 Riders
Riders dropping out (DNF): 5 Riders

Name Name of Univ. Time Difference Km
1位 田中 まい 日本体育大学 3:04'57'' 32.44
2位 明珍 裕子 朝日大学 3:05'39'' 0:00'41'' 32.32
3位 塚越 さくら 鹿屋体育大学 3:05'55'' 0:00'58'' 32.27
4位 小島 蓉子 日本体育大学 3:07'25'' 0:02'28'' 32.01
5位 木村 亜美 鹿屋体育大学 3:08'00'' 0:03'03'' 31.91
6位 上野 みなみ 鹿屋体育大学 3:08'68'' 0:04'10'' 31.72
7位 鈴木 遊 朝日大学 3:08'40'' 0:03'43'' 31.80
8位 中村 妃智 日本体育大学 3:10'13'' 0:05'16'' 31.54
9位 佐藤 咲子S Ready Go JAPAN 3:10'28'' 0:05'31'' 31.50
10位 神田 紗希 鹿屋体育大学 3:12'23'' 0:07'26'' 31.19
11位 合田 祐美子 早稲田大学 3:13'39'' 0:08'42'' 30.98
12位 堀 友紀代 Ready Go JAPAN 3:14'15'' 0:09'17'' 30.89
13位 下澤 千亜紀 明治学院大学 3:23'15'' 0:18'18'' 29.52
14位 大鹿 美穂子 SFIDA Cycling Team 3:23'38'' 0:18'41'' 29.46
Sp1240818
学連サマ、今度は盾を食べられるものにするのもイイカモです<冗談。

|

2011年6月21日 (火)

JCRC5月NATSと全日本個人TTレースレポ掲載!ほかです。

どもです。RGJチーム事務局の牛です。さて、大変お待たせしておりました、2つのレースレポを一気に掲載しましたので、お知らせします!

まず1つ目は、5月29日に開催された「JCRC特別戦(第3回KWMAX)inNATS」。雨の中、オランダ帰国直後の堀選手や、北海道から参加した米田選手が活躍してくれましたよー。
Ae4r5663_2
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/jcrc3kwmaxinnat.html

モウ1つは、6月12日(日)「2011年全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース」。いろいろと勉強になったビックレースでありました。
P1240669_2
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2011-caa3.html

上記2つのレポートともに写真たっぷりでお送りいたします。ぜひお楽しみください!秋田は地元トリビア付。

そして!JBCFが運用しております「Jフェミニン2011」、現時点の最新ランキングが更新されました。RGJ坂口選手が1位=リーダーをキープしておりますよー!
Dsc_0167
http://www.jbcf.jp/db/listPointResults11.php

そんな坂口選手や、上記2レースで活躍してくれた堀、佐藤、米田各選手たちが集合して今週末、岩手でのビックレースに挑みます。引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします!
*6月26日(日)第14回全日本選手権ロードレース
開催地:岩手県八幡平市

http://jcf.or.jp/?p=16265

|

JCRC特別戦(第3回KWMAX)inNATSレポート

どもです、RGJチーム事務局の牛です。こちらも大変にお待たせいたしました!(こちらについては末尾にも記載しますが、サイスポ掲載のタイミングもありましたので、ココでの掲載を遅らせておりました、ご了承ください)

5月29日(日)、千葉県は成田市にてJCRC主催レース「JCRC特別戦(第3回KWMAX)inNATS」が開催されました。今レースではReady Go JAPANチームの活動を支援するNPO法人サイクリスト国際交流協会(J-BRAIN)が協力し開催が実現しました。改めてJCRCおよび関係者各位に厚く厚く御礼申し上げます。そして悪天候の中、参加いただいた選手および関係者の皆様に感謝申し上げます。
P1240499

ということで。当日は台風接近中という悪天候。朝から雨降りザーザーというバットコンディションな成田市内。唯一の救いといえば会場がチーム事務局から近いので、移動が1時間ぐらいで済むことぐらいかな?前泊のRGJ堀ユキ選手と、米田ヨネピー選手はそれぞれ、ユキ選手はオランダから、ヨネピー選手は北海道から飛行機移動と、レース前からバタバタ大変でありました。
Ae4r5483

当日は早朝に会場入り。今回NPO法人J-BRAINで提供する「海苔汁サービス」のお手伝いをしてくれるT中氏とウヨちゃん、そして法人副会長である白熊さんもお手伝いに合流しまして、ブース設置を・・・お!これは凄い立派なテント!
P1240474
実は、今回の 「海苔汁サービス」は毎度おなじみの「カクイチ商店」でのあつらえなのですねー。雨なのでテントを2張り用意いただき立食スペースも設置。ありがとうございます!
P1240477
宅配バーベキューといえばカクイチですよ!お嬢さん!!http://www2u.biglobe.ne.jp/~kle/

RGJ選手のユキ・ヨネピーのコンビは、会場の様子やコースを確認。ついでに朝食も食べつつ・・・。
P1240478
一方、受付も準備が整いレース参加選手たちが集まってきましたよ!
P1240488
今回は約200名ほどエントリー いただきました。ありがとうございます!
P1240490
「海苔汁ブース」では無料配布の札も出して、鍋の様子を見て、っと。
P1240492
協賛ブースには、BTB輪行箱でおなじみのコーワ株式会社様が出展準備完了!  そうそう、今度BTB箱がリニューアルして登場します!詳細はこちらの「Rinkoちゃんブログ」でhttp://rinko2009.blog115.fc2.com/

なお、今大会では以下の各社様より協賛いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

・株式会社オージーケーカブトhttp://www.ogkhelmet.com/

・コーワ株式会社http://www.j-kowa.co.jp/

・株式会社コンフォートファーストhttp://www.comfort-first.co.jp/

・パワーアップジャパン株式会社http://www.puj.co.jp/product/index.html

・武田レッグウェアー株式会社http://www.puj.co.jp/product/index.html

・株式会社KSインターナショナルhttp://www.ksin.jp/
P1240557
以上各社よりご提供いただいた豪華賞品の数々!スドーマン監督が横にいるのは、この賞品をネコババする・・・んではなく、参加者などが「これは何?」とか聞かれた時の説明スタッフとしてパンフを渡したり、説明したりを担当していたのでした。ご苦労。

そして朝8時50分ごろより開会式。今回のレース開催の主旨である「東日本大地震復興支援」についてや諸注意などを、JCRC理事長の山岸サンよりアナウンス。
P1240497
マイクを持つのがJCRC山岸さんです。いつもお世話になっております!!
P1240499_2
雨の中、山岸さんのお話に耳を傾ける参加選手の皆様。そしてReady Go JAPANのユキ・ヨネピーからもご挨拶させていただきました。
P1240504
・・・といいますのも、オランダから帰国した直後の堀選手は、オランダ女子選手たちの「東日本大地震復興」の願いを込めたサインを日の丸に託して、このレースに臨んだのでした。 この日の丸はレース開催中に皆さんにみていただけるように掲示させていただきました。

なお、今回のJCRCレースのMC=声といえばDJタネこと井上雅胤さん!
P1240508
ステキなボイスでレースのアナウンスやインフォなどお伝えしまーす。

そして男子カテゴリーからレースが始まりました!目玉は2回戦方式のレース!ようは2回もレースにチャレンジできるのです。組み合わせは「ユニット1」なら個人TTとクリテリウム、「ユニット2」ならクリテ2戦となります。それに小学生や未就学児の「ミルキー」でも本格的なクリテリウムに参加できるのが、主な特徴ですね。
P1240519_2
実は大会名の「KWMAX」というのは、各カテゴリー名称のアルファベットを並べたものなのです。K=キッズ、W=女性、M=マスター、そしてA=JCRCカテゴリーのX以外、X=JCRCカテゴリーのXにあたるのです:BYスドーマン監督(自転車レースに出場して四半世紀:笑)

そしてW=女子レースもスタート時間に。コース上は相変わらず雨。傘もイマイチ役に立たないほどの降りです。むぅ。
P1240527
第1回戦の「個人TT(タイムトライアル)」スタートを待つRGJユキ選手(手前)とヨネピー選手(奥)。寒いのぉ。
P1240521
そしてユキ選手からスタート!そーれいけ!!
P1240530
ヨネピーも続けてスタート!そーれいけ!!
P1240532

参加選手たちが熱い走りをしている間、J-BRAINブースでは熱い海苔汁を絶賛配布中であります!
P1240536
そして受付前では、東日本大地震復興への熱い思いを込めた、オランダ女子選手たちの署名の書かれた日の丸をを見つめる方々。
P1240537
P1240560

無事に転倒なく走り終えたRGJ選手たちは、早速J-BRAINブースで海苔汁配布のお手伝い。よー働きまっせ!
P1240542
となりに設置いただいた特設立食スペースでは、RGJ選手たちもおしゃべりに加わったり。賑やかであります。
P1240574

そろそろRGJ選手たちも体が冷えないように、第2回戦のクリテリウムレースに向けてウォームアップ開始です。
Ae4r5663
P1240580
この日のようなバットコンディションから選手たちの目を守り、視界も守るのはUVEXのアイウエアです。http://www.uvex-sports.jp/ RGJチームで使用しておりますのは、active smallというモデルです。顔の比較的小さい女性やジュニアに最適っす!しかも偏光レンズなので周りの明るさにレンズチェンジなく対応できるのがイイ!
P1240583

いよいよ、女子の第2回戦「クリテリウム」の召集が始まりました。スタート場所に移動しませう。
P1240584
ココからはRGJ2011公式PR写真を撮影いただいております、写真工房・創の蔵本氏の作品を2連発で。
Ae4r6142
Ae4r6207
・・・こうして、このレースでも転倒なく無事ゴール!!女子レース「レディースH」の1位・2位をRGJ堀 友紀代、米田 和美の正選手コンビが独占しました! おめでとうございます、ありがとうございます!

優勝したヨネピー選手からのコメントを掲載いたします。「1km個人TT コーナー数は多いが、丘が1つあるだけでレース距離も短かった為、スタートと同時にマックスで踏んだが コース取りが悪く思ったラインを走れなかったです。 クリテリウム 個人TTのコース取りの悪さを克服するため、コーナーの入りと出るラインを再度確認し挑んだものの、7周目回くらいで、やっとしっかりしたコース取りをする事が出来ました。 スタートからゴールまで堀選手と協力して先頭交代し、最後2人ゴールでき感動したレースでした」

そんな2人は早速着替えて、次の業務「賞品プレゼンター」をおこないます!
Sp12006601280
豪華賞品に囲まれて、キッズカテゴリーから表彰式をおこないます。
P1240594
ユキ選手の手渡しているBTB輪行箱の「目録」は、ホンモノのBTB箱を1/8サイズにして製作したもの(工作BY牛)。
Sp12006251280
賞品に沸く入賞選手たちに、表彰式が盛り上がります。
P1240620
そんなノリに牛も記念写真に混ざる<コラコラ
P1240647
雨は降り続いておりましたが、表彰式も熱く盛り上がり、大きなケガなく無事にレースを終了しました。入賞された選手皆様おめでとうございます!!

ということで、展示しておりました「復興願う日の丸」は、全日本選手権レースである個人TT@秋田とロードレース@岩手を巡って、最終的に被害地域で希望する自転車関連団体に授与したいと思います。
Xp1240515
このレース開催を通じて、さらに大地震からの復興を強く願うココロを分かち合いました。

*こちらのレース結果は、こちらからご覧くださいませ。
http://www.jcrc-net.jp/2011k/kekka11/11kw/s11kw.html

*JCRCフォトギャラリー
http://www.jcrc-net.jp/2011k/kekka11/11kw/index.htm

このレポートの写真はNPO法人J-BRAINほか、写真工房・創の蔵本氏、さらにコーワ株式会社よりご提供いただきました。悪天候の中ありがとうございました!!

オマケ写真:
P1240593
アホでしょー(笑)

|

2011年全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レースレポート

どもです。RGJチーム事務局の牛です。大変遅くなってモウし訳ございませんでした!6月12日(日)「2011年全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース」のレースレポをお送りいたします。今レースにはReady Go JAPANチームから堀 友紀代、佐藤 咲子、米田 和美の各正選手が参加しました。
http://jcf.or.jp/?p=16251

さてさて。今回は堀ユキ選手と佐藤サキ選手はレース前々日の夜に合流。翌土曜日の朝5時からハールバールと秋田までドンブラコの道中。一方、米田ヨネピー選手は北海道から、お船に揺られて(カーフェリーともいう)秋田へドンブラコとなります。

そんなこんなで無事に全員レース会場となる秋田県は大潟村にありますソーラースポーツラインに集合。受付も済ませて、スドーマン監督と試走も完了。ホテルに移動して明日に備えます。まー、ホテルが結構賑やかだったのはご愛嬌(笑・高校生の頃ってこうだったわー)。

レース当日であります。ホテルからレース会場までの10kmあまりをアップを兼ねて伴走しつつ自走移動。
P1240660
ホイールとジャージは本番用でないのにして、あとは個人TT(タイムトライアル)仕様で走ります。 会場についたらテントを張ったり・・・それに、検車と出走サインを。
P1240670
出走サインをするサキ選手。奥に見えるのが検車(ルールどおりの自転車を使っているかのチェック)ですね。キクチさん(今回のチーコミ)お疲れ様っすー。
P1240669
ちょっくら曇りで風強めだったんで、スタートオイルも脚に塗りこんで、選手はワンピースに着替え完了。いよいよレーススタートです。
P1240672
会場では、朝8時20分から女子のU17カテゴリーよりスタートを開始してます。おー、今回はスタートに発射台(左に見える自転車が乗っているスローブ状のモノ)が採用されている!

実は、さらに今回からは女子がエリート・ジュニア混合でなく、U17とジュニア、そしてエリートと3つに分けて開催されてます。嬉しいですね!!ちなみに2週間後に開催の全日本選手権ロードレースでも、初の女子がU17・ジュニア・エリートが別カテゴリーでレース距離も違って開催されます。これはヒジョーに良い傾向ですね!有難い!!

そしてU17とジュニアの選手全員の出走が完了して、いよいよエリートの出走開始です。トップバッター(って自転車なのにナゼ野球用語?というツッコミはなしで・笑)の和地 恵美選手がスタートにつきます。
P1240678_2
実は彼女、世界選手権のトラック種目で世界チャンピオンである選手なのですよ!普段は学校の先生。カッコイイ先生だなぁ。

一方でRGJ選手たちはスタート脇の邪魔にならない場所を陣取って、アップを入念に。
P1240675
P1240677
スドーマン監督がビデオを廻しつつ、選手に指示出し中。

そして、いよいよヨネピー選手のスタート時間となります。
P1240683
超真剣です。個人タイムトライアル(TT)という競技なので、1人づつ一定の時間を置いて出走します。そしてスタートリストの後半は前大会の優勝者だったり、TTのスペシャリスト(専門家=TTで超早い選手)だったり、というのが通常ですね。今回もトリは前大会の優勝者です。ようは落語の出番順と一緒<って分かるのかよ。

そして、2人おいてサキ選手がスタート。
P1240687
ほっぺ膨らんでおりますが、これは深呼吸しているんですね。今回、女子は10kmをコース往復して20kmを走ってタイムを競います。 

いよいよ昨年、この大会で4位だったユキ選手の登場です!出走順はもちろん、トリから4番前になります。
P1240696
気合がいつも以上に入っております!良く見ると分かるかも?なのですが、他の2人とワンピースの仕様がちょっと違います。これはチャンピオンシステムのワンピースでも「エアロタイプ」となっている、非常にカラダにフィットしたTT用に特化した商品であります。襟とかもあえてカットして丸首にして空気抵抗を減らしてあります。詳細はこちらhttp://www.champ-sys.jp/

P1240704
そしてトリを勤めますのは、昨年の優勝者である萩原麻由子選手。今大会で4連覇がかかっております。スタート前に集中しているの図。

そして。無事に次々と女子選手たちがゴール。RGJ選手たちもゴールしました。 さて結果は・・・。
P1240738
萩原選手4連覇・・・そして表彰式にはRGJ選手惜しくも参加できずorz=6位に入ってなかったということであります。結果は堀7位、米田9位、佐藤11位でありました。

全員、最初の追い風区間は良かったようなのですが、折り返してからの向かい風区間で相当に失速してしまった模様。帰りはスドーマン監督を中心にガーミンで取ったデータを解析して次回のためのミーティング。

選手たちも大いに反省、スタッフも大いに反省するレースとなりました。今回見つかった課題を早く克服して、次に繋げることが必須であると一致し、2週間後の全日本選手権ロードレースでの再会まで対策することとしました。

Number of km: 20km
Results   Women Elite / 女子の部
Date: 12 Jun 2011
第15回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース 大潟大会

Pl. Rider/選手Pref. Team/School Time Speed
1位 萩原 麻由子 サイクルベースあさひ28:56.292 00:00.00 41.46km/h
2位 上野 みなみ 鹿屋体育大29:55.647 00:59.35 40.09km/h
3位 井上 玲美 スーパーKアスリートラボ30:13.006 01:16.71 39.71km/h
4位 豊岡 英子 パナソニックレディース30:47.132 01:50.84 38.97km/h
5位 木村 亜美 鹿屋体育大30:56.828 02:00.53 38.77km/h
6位 智野 真央 MUUR ZERO 31:03.647 02:07.35 38.63km/h
7位 堀 友紀代 Ready Go JAPAN 32:11.053 03:14.76 37.28km/h
8位 堀 記理子 クラブシルベスト32:22.740 03:26.44 37.06km/h
9位 米田 和美 Ready Go JAPAN 32:29.611 03:33.31 36.93km/h
10位 和地 恵美 たかだレーシング32:30.884 03:34.59 36.90km/h
11位 佐藤 咲子 Ready Go JAPAN 32:31.370 03:35.07 36.89km/h
12位 石川 千嘉 スミタ・ラバネロ34:48.991 05:52.69 34.46km/h

追伸:今回のレース開催地となった秋田のトリビア。
「秋田では修学旅行の安否がCMで流れる」
http://youtu.be/3Ufz-JxKQ44
私たちReady Go JAPANチームも無事に現地に到着しレース出場、無事に帰路につきました。提供はNPO法人J-BRAINです。

|

2011年6月19日 (日)

RGJ堀・佐藤両選手が土日2レースで大活躍!

どもです。RGJチーム事務局の牛@遠征帰路の途中です。

6月18日(土)第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会(女子+オープン)
http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/jicfrc.html
長野県木曽郡木祖村奥木曽湖周回コースで開催されたこのレースに、RGJより堀、佐藤の両正選手が参加、国内の女子レースでは珍しい100kmというロングレースを完走。総合では佐藤9位、掘12位となりました。

さらに、オープン参加選手では佐藤1位、掘2位となり表彰して頂きました!!おめでとうございます、ありがとうございます!
Sdscn3334
撮影:ロイヤル雅紀(・・・実は佐藤選手の旦那サマ)

こちらの学生選手権ロードは、この日の土曜日が女子100km、翌日の日曜日が男子180kmで開催され、女子では日体大の田中まい選手が見事優勝を果たしました!この男女レースともに、迫力ある写真をたくさん下記ブログで紹介しておりますので、ぜひこの機会にご覧ください。

*信州ふぉとふぉと館:ブログ(毎度どもです!)
http://d.hatena.ne.jp/joojtv/

そして翌日は長野県から静岡県に移動!6月19日(日)第8回 JBCF富士山ヒルクライム
http://www.jbcf.jp/race/2011/mt-fuji/index.html

静岡県駿東郡小山町で開催されたこのレースには、RGJより佐藤正選手が参加し、F1/F2レース(女子レース)で1時間3分(手元時計)でゴール、2位になりました!!
Sdsc_0153
撮影:gg_kasai(いつもありがとうございます!)

こちらでもレース結果とレース写真が掲載されております。
*シクロワイアード
http://www.cyclowired.jp/?q=node/61578
シクロワイアード:フォトギャラリー
http://www.cyclowired.jp/?q=image/tid/4280

写真は整理してからレポートとともに掲載します。もう少々お待ち下さいませ!

各会場でも多くの方からご声援いただきました。本当にありがとうございます!来週は全日本選手権ロード@岩手、引き続きご声援に応えられるように頑張ります!!

*6月26日(日)第14回全日本選手権ロードレース 岩手県八幡平市
http://jcf.or.jp/?p=16265
RGJより堀、佐藤、米田、坂口の各選手が参加決定!

追伸:羨ましいからといって、優勝盾を齧ってはイケマセン(獏)
Sp1240818

|

2011年6月16日 (木)

BTB輪行箱が生まれ変わりました!!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。Ready Go JAPANチームは国内はもちろん、海外にも自転車レース遠征のため、移動をいたします。

そんなとき、やっぱり一番の商売道具である「自転車(しかもBOMAの最高!なロードレーサー)」を破損や事故なく一緒に移動することは必須であります。

このような自転車の移動にRGJチームで愛用しておりますのが「BTB輪行箱」であります。そんな毎度おなじみ~のBTB輪行箱が新しくなります!! ∑(* ̄□` ̄*) ウオオォォォォ!!

新しいBTBは・・・コレだ!
Btb_mini
・・・違いましたウソです。申し訳ございませんでした!これは現行モデルの1/8サイズで作った「BTBミニ」であります。ま、これは現行品のデザイン、ということで比較ください。

これが・・・こんな風に変わりました!!じゃーん!!
Btb_new01
そうなんです!「中身は自転車よ」というのがスグに分かるイラストが入りました!他にも分かりやすい扱い方なども新しく印刷されたそうです。あと雨にも強くなったというニューモデルの詳細は、こちらの「BTBブログ(通称・Rinkoちゃんブログ) 」をご覧ください。
http://rinko2009.blog115.fc2.com/blog-entry-106.html

6月15日出荷分から、このニューなモデルに変わるようです。季節も春から梅雨を経て夏にチェンジする今日この頃。この機会に新BTBにチェンジしてみませんか?ナンチテ。

BTB輪行箱のお取扱いは「コーワ株式会社」になります。
http://www.j-kowa.co.jp/

業務連絡な追伸:Rinkoちゃんのデビューはいつでしょーか?

|

2011年6月14日 (火)

全日本個人TT選手権@秋田:RGJ選手たちのブログ紹介!

どもです。RGJチーム事務局です。先日の6月12日(日)「全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース」Ready Go JAPANチームから堀 友紀代、佐藤 咲子、米田 和美の各正選手が参加しました。
http://jcf.or.jp/?p=16251

当日の様子については、佐藤選手と米田選手が写真いろいろおりまぜて「RGJチーム選手のワイワイブログ」に掲載しております。ぜひご覧くださいませ。
http://d.hatena.ne.jp/readygo_mem/

女子エリートのレース結果はコチラです。写真そのままなので確実・・・。堀7位、米田9位、佐藤11位でありました。
Img_1117

今週末はコレに参戦!6月は3週間連続で毎週末レース!!

*6月18日(土)第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会(女子+オープン)
開催場所:長野県木曽郡木祖村奥木曽湖周回コース
http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/jicfrc.html
RGJより堀、佐藤の両正選手が参加で急遽決定しました!

*6月19日(日)第8回 JBCF富士山ヒルクライム
開催場所:静岡県駿東郡小山町
http://www.jbcf.jp/race/2011/mt-fuji/index.html
RGJより佐藤正選手が参加決定!

いろいろとReady Go JAPAN選手たちマジで頑張っております。引き続きご声援いただけると嬉しくてもっともっとバカヂカラ出るんで、何卒よろしくお願いいたします!!!!うがぁぁぁぁ!!!<大丈夫か?牛??

|

2011年6月10日 (金)

今週末は全日本個人TT選手権@秋田にRGJ参戦!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。今週末の6月12日(日)は「全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース」が秋田県・大潟村にて開催されます。
http://jcf.or.jp/?p=16251
Hori_yukiyoSatou_sakiko_2Yoneda_kazumi_2
Ready Go JAPANチームからは堀 友紀代、佐藤 咲子、米田 和美の各正選手が参加
します(個別写真左より堀、佐藤、米田各選手)。

そして、このレースを主催するJCFから出場選手のリストが発表されました!
http://jcf.or.jp/files/downloads/2011/06/ITT_list.pdf

女子のエリートレースには、RGJチームの出場3選手を含めて12人がエントリー。さらに、今年より女子にも「ジュニア女子」と「U17女子」が別カテゴリーとして開催されます。

秋田への遠征は、昨年の同レース以来のほぼ1年ぶりであります!「悪い子はいねーがー?」といわれても、RGJチームは全員、頑張る良い選手ばかりなので大丈夫でしょう。

ほか、今レース以降の6月RGJチームスケジュールもお知らせいたします。

*6月18日(土)第27回全日本学生選手権個人ロードレース大会(女子+オープン)
開催場所:長野県木曽郡木祖村奥木曽湖周回コース
http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/jicfrc.html
RGJより堀、佐藤の両正選手が参加で急遽決定しました!

*6月19日(日)第8回 JBCF富士山ヒルクライム
開催場所:静岡県駿東郡小山町
http://www.jbcf.jp/race/2011/mt-fuji/index.html
RGJより佐藤正選手が参加決定!

*6月26日(日)第14回全日本選手権ロードレース
開催場所:岩手県八幡平市
http://jcf.or.jp/?p=16265
RGJより堀、佐藤、米田、坂口の各選手が参加決定!
※出走リストhttp://jcf.or.jp/files/downloads/2011/06/2011AJR.pdf

引き続きレディー・ゴー・ジャパンチームへ、ご声援のほどよろしくお願いいたします!

|

2011年6月 5日 (日)

RGJ坂口選手が実業団Jフェミニンリーダーに返り咲き!

Sakaguchi_kiyoka6月6日:掲載写真を追加しました!写真ご提供いただいたカトーちゃんこと加藤 智氏に感謝!!

※「RGJチーム選手のワイワイブログ!」に本人のレースレポが写真とともに掲載しました。ぜひご覧ください!http://d.hatena.ne.jp/readygo_mem/

どもです。RGJチーム事務局の牛です。本日、6月5日(日)開催の「第45回 JBCF 西日本ロードクラシック」の女子(F)レースにて、Ready Go JAPANの坂口 聖香サテライト選手が見事、3位入賞したとの速報が届きました!!

201101_2
※写真撮影:坂口お父さん
Dsc_0121
※写真撮影:加藤 智

レース会場から結果をご連絡いただいた坂口選手お父さん、そして雨っ子様、ありがとうございました!

そして、このレース結果により先日の白浜エアポートクリテ以来、実業団女子レースシリーズ「2011Jフェミニン」のポイントリーダー(首位)に返り咲きました!
Dsc_0156_2
※写真撮影:加藤 智
Dsc_0167
※写真撮影:加藤 智(キヨカ選手の靴が・・・シスターローズと同じピンクだぉ! )
201103
写真は今レースで優勝した豊岡 英子選手(パナソニック・写真左)とJフェミニンリーダージャージ「シスターローズ」を着たRGJ坂口選手(撮影:坂口お父さん)

201102
こちらの写真は、今レースで2位の星川 恵利奈選手(別名・マルコちゃん。湘南ベルマーレ・写真左)とRGJ坂口選手(撮影:坂口お父さん)。RGJのチームロゴも滑り込みで間に合いました!坂口お父さん、写真の撮影やRGJロゴのセッティングなどいろいろとありがとうございました!

今後もRGJチーム選手の活躍にご声援とご注目のほどよろしくお願いいたします!!

第45回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会
広島県中央森林公園サイクリングコース(1周/12.3km)
距 離:36.9km
Date:2011/06/05 出 走:16名
StartTime:9:58:00 完 走:12名

【競技結果:F1・2】
http://www.jbcf.jp/より抜粋
順位 名前 チーム名 タイム Topとのタイム差 平均時速 
1位 豊岡 英子パナソニックレディース1:06:06 00:00 33.48
2位 星川 恵利奈湘南ベルマーレクラブ1:08:49 02:42 32.16 70
3位 坂口 聖香Ready Go JAPAN 1:08:49 02:42 32.16 65
4位 釜下 裕子Sakatani Racing 1:08:57 02:50 32.10 60
5位 田中 千晴タバルバクラブ1:09:41 03:34 31.76 55
6位 中道 のぞみSalataBiancaKobe 1:09:58 03:51 31.64 50
7位 西塚 優美SQUADRA CORSA cicli HIDE 1:11:48 05:41 30.83 40
8位 笹岡 眞奈美SQUADRA CORSA cicli HIDE 1:13:16 07:10 30.21 40
9位 堀内 美八子バルバクラブ1:13:18 07:11 30.20 40
10位 永島 律子PRESTO 1:13:51 07:44 29.97 40
11位 宮田 菜摘フィトンチッドRT 1:17:29 11:22 28.57 30
12位 山口 日出チーム オーベスト1:19:43 13:37 27.76 30
DNF 藤村 ちはるチーム・ケンズDNF 1
DNF 二口 早紀バルバクラブDNF 1
DNF 畑野 りえPRESTO DNF 1
DNF 三井 由香ベロチスタ・アヴェルDNF 1
DNS 北野 寿枝bicinoko.com DNS
DNS 墨谷 ゆう子バルバクラブDNS

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »