« レースにイベントに!RGJ選手大活躍の速報です! | トップページ | 4月の中房総サイクルトレインのレポートです! »

2011年4月20日 (水)

RGJ堀選手オランダレースレポートが届きました!

どもです。RGJチーム事務局の牛です。さて、現在オランダにレース遠征中のReady Go JAPAN正選手の堀 友紀代より先日、参加したレース「Novilon Eurocup Ronde van Drenthe」についてレポートが届きましたので掲載いたします。

<以下:RGJ堀選手からのレポートです>
2011.4.15 [Novilon Eurocup Ronde van Drenthe]
場所Hoogeveen スタート11:00 距離134km 気温20.0℃くらい
1チーム4~6人、17チーム参加

10.7km スプリントポイント:1
30.2km スプリントパヴェ:1
42.0km 山岳ポイント:1
71.0km スプリントパヴェ:2
94.7km 山岳ポイント:2
108.6km スプリントポイント:2
122.0km 山岳ポイント:3
134.0km ゴール   

この134kmというレースとパヴェと言われる石畳も初めての経験だった。石畳と言っても、去年参加したクリテリウムで走ったような石畳やレンガ道でもなく、ハイキングによくあるガタガタの道で、シクロクロスと間違えたんじゃないかと疑う位ガッタガタの道。一瞬、自転車を降りてしまおうと思った。けれどレースであるし、みんなの走る後を追った。出口ではパンクの可能性の高い道のため、スペアホイールを持ったチームスタッフがズラリ。パヴェに入る時の戸惑いが響いたおかげで、出口では集団から100m以上は離れていたように見えた。入り口ではみんなといたのに・・・。そんな思いで集団を追いかける。

美香さんからのアドバイスで「絶対に諦めないこと」が今回のレースでは目標だったので必死だった。そんなこともあり、集団には追いついたものの、すでに山岳ポイントが近づいていた。追いついても集団の前方に行ける脚がなく、そのまま後方で山岳に入るが、道幅も狭くなり、距離は短いが勾配がきつく、ここで遅れをとった。下りに入っているのに踏み出せる力が残っていない・・・集団は豆粒にしか見えなくなっている。遅れをとったのが自分含めて11人。必死になって追うが、全く追いつく気配がない。遂に見えなくなった・・・。

その後も見えない集団と見えないゴールに向かって走るが80km地点にてタイムアウト。ただただ完走したかった。あっけなく終わってしまったレースだったが、今までにないことを経験し、絶対に走れないと思っていたコースも乗り切れたことで次こそ走り切れそうな気がする。

こういうレースをあと4レース、クリテリウムをチョコチョコ参加する予定。今回は今回の結果として受け止め、次はチームで参加している以上貢献できるように走りたいと思う。それはもちろん完走を前提で。
<レポートここまで>

なかなかタフなレースだったようですが、これで一皮むけたようですよ!現地では先日の「東日本大地震」に対するお見舞いの言葉などもあったようです。そんな彼女の普段の模様は「RGJチーム選手のワイワイブログ」でもご覧くださいませ!http://d.hatena.ne.jp/readygo_mem/

引き続きオランダで頑張る堀選手の活動に、ぜひともご注目くださいませ!

|

« レースにイベントに!RGJ選手大活躍の速報です! | トップページ | 4月の中房総サイクルトレインのレポートです! »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事