« サイクルモード2010@東京:JKAトークショー編 | トップページ | サイクルモード2010@東京:ASKトレーデイング「BOMA」編 »

2010年12月 1日 (水)

サイクルモード2010@東京:ウィラースクールお手伝い編

どもです。RGJチーム事務局の牛です。サイクルモードでは東京会場でも大阪会場でも、子供たちがゲーム感覚で楽しく自転車の基礎を学べるベルギー発祥の「ウィーラースクール」が開催されました。
P1220139
ウイラースクールとは、なんぞや?と思われた方は、こちらをぜひ!
http://www.voiceblog.jp/ws-japan/

そして、Ready Go JAPANは8月のシマノ鈴鹿でのウイラースクールをお手伝いさせていただいて以来、交流を深め(コレはRGJ下久保はっちゃん選手のウイラー人脈のおかげ、感謝!)今回も、お手伝いにお邪魔いたしましたー!

11月6日(土)は・・・この2人をRGJチームから派遣しましたー!
P1220143
子牛こと福本チカ選手と、堀ユキヨ選手。もうね、子牛のチカちゃん大好評。「なんで牛なの?」という質問はスルーしましたが、カワイイので許してください(オィ)。ユキちゃんも暖かく見守ってますよん。
P1220134
一緒に子牛・・・じゃなかった講師を務めましたのは、ウイラースクールのドンでありますブラッキー中島先生(本業はグラフィックデザイナー・・・って、私の元職と一緒やん!)、毎度おなじみの安田大サーカスの団長安田サン(写真・中央)、そしてNIPPOの井上和郎選手(写真・右)であります。
P1220132
ウイラースクールに参加する子供たちは、ちゃんとヘルメットをかぶって準備をします。
P1220136
自転車は、すごく小さいサイズからキッズ用ロードレーサーまで、イロイロと体のサイズに合った自転車をスクールで貸し出します。凄い!

スクール最初は、いきなり自転車に乗らないのがミソ。まずは自転車、特にスポーツとしての自転車の歴史や安全に乗るためのポイントをPC画面で見せます。動画もあるでよ<古い。
P1220149
この内容がよく出来ているっすよ。RGJユキ選手も子供たちと一緒に見入っております。
P1220148
そして、このレクチャーを子供がそろそろ飽きちゃうかな?という程よい頃合で切り上げて、いよいよ実際に自転車に乗る教室に進みますよ!

まずは特別講師の団長安田サンが「一本橋」にチャレンジ!これは自転車の車輪が3本ぐらいしか乗らないような幅の橋を落ちないように自転車で通る、というもの。
P1220154
おお!!なかなか団長はお上手!自転車芸人を名乗るだけあります。では、次にRGJチーム選手たちがトライ!
P1220153
・・・正直に報告します。まったくダメポでした。しかも、それを挽回するために(一応)全日本シクロクロスチャンプである私もチャレンジしましたが撃沈。フォローにならなくて申し訳ない!(いつもならイケるんだけど緊張しちゃったorz)
P1220157
そして、次にNIPPO井上選手から説明を受けた子供たちが一本橋にチャレンジ!何度か走るうちに、どんどん上達する子供たち。やはり「アタマ」の感覚というより「カラダ」の感覚で走るのがいいのかも?ですね。素晴らしい!

そういえば某スドーマンRGJチーム監督も、小学生の頃から近くの公園でトリッキーな乗り方をいろいろとチャレンジして、失敗を重ねながら技を磨いたそう。今は多少、体力は落ちたけれど技でカバーできるので自転車を楽しめる、と語っております。が、今でもドコでもウイリーするのは、バカみたいなのでヤメてください(失笑)。

翌日の11月7日(日)は、この2人をRGJチームより派遣しましたよ!
P1220200
左より「女王牛」のRGJ下久保はっちゃん選手、ブラッキー先生にRGJ武田ワカチコ選手、そしてSHIMANOレーシングの平塚吉光選手であります。
P1220203
すっかりブラッキー先生に気に入られている、はっちゃん牛。ヘルメットはRGJチームサプライヤーでありますOGKカブトより、サングラスはウベックススポーツジャパンより両日ともお借りしました。ありがとうございます!
P1220205
そして、この日も団長安田サンも特別講師として加わって、スクールの開始であります!

まずは、この日も映像を見てもお勉強から開始。3日間とも講師として参加したNIPPO井上選手も加わります。
P1220223
ブラッキー先生の「子供いぢり」をしながらのやり取りで、子供たちは熱心に聴いてますね。
P1220212

この後は、またまた一本橋渡りにチャレンジ!まずはSHIMANOの平塚選手。 P1220225
さすが!ばっちり最後までまっすぐに走れました。次にNIPPO井上選手。
P1220226
ブラッキー先生「井上選手には、メチャゆっくり走ってもらいましょう!」とムチャブリするも、それをクリアする井上選手。さすが!この後、子供たちもチャレンジして、しっかりと自転車操作が上達してましたねー。

次に「メチャメチャゆっくり乗れるか競争」をしますよー。スタート!
P1220229
・・・牛が混ざると笑えますが、牛の中身=下久保選手、実はウイラースクールの講師なのでうまいんですよ。元GIOSの血が繋がっていて嬉しいのう(私が所属していたGIOSというチームは子供向け自転車スクールを頻繁におこなっていて、下久保選手も受講生だったのです)。

すべてのスクーリングが終了したら、最後に記念撮影でチーズ!「どんな食べ物が好き?」と聞いて、その食べ物を言わせて笑顔がおさまります。
P1220230
皆さん、お疲れ様でした!

子供の頃から自転車に出会えたら、出来ることならばしっかりと基本の乗り方は早いうちに覚えておくといいと思います。それで楽しく安全に乗れるし、自転車の奥深い面白さも発見して、何より元気な子供になりますよ!

良い例:
P1220138
悪い例:
Simg_0724
RGJわかちこ選手にシケイン越えを教えることを口実に、走り回る羊を被るスドーマン監督。齢40orz

|

« サイクルモード2010@東京:JKAトークショー編 | トップページ | サイクルモード2010@東京:ASKトレーデイング「BOMA」編 »

開催イベント」カテゴリの記事