« バイシクルクラブ授賞式とチャレンジレース速報! | トップページ | 第35回チャレンジサイクルロードレース:レース結果 »

2010年4月 5日 (月)

第35回チャレンジロードレース・レースレポート

どもです。RGJチーム事務局の牛です。

4月4日(日)、静岡県・日本サイクルスポーツセンター(CSC)にて開催されました「第35回チャレンジサイクルロードレース」のレースレポートをお送りいたします。

P1180221
当日は怪しい天候、いつ雨が降ってきてもおかしくない状況。そんな中、栗田メカがデカテントを持ち込んでくれたので、安心してReady Go JAPANチームメンバーの正選手6名が集合しました。おはようございまーす!
P1180212
おやぁ?早速、何かを書き込んでいます。ユキちゃんはアタマかかえているし、チーロンは心配げ。なんだ、なんだ??
P1180213
チカちゃんとハッチャンの学校の春休みの宿題?・・・いやいや、実は違うんですよー。

キーンコーンカーンコーン!グリコの栄養指導の受講なのでしたー!書き込んでいたのは、普段の1日の食事内容だったのです。RGJ選手たちが今後、しっかりとしたアスリート・ボディを作りつつ、ご提供いただいておりますグリコのサポート製品を効果的に使うための授業をおこなっていただきました。
P1180225
講師はグリコから派遣いただいた恵美栄養士であります。この方には前回も全日本ロードの前日に特別講習会をおこなっていただいております。今回も選手たちはしっかりと耳を傾けております。フムフム。
P1180229
資料もご用意いただきました!しっかりと書き込みをして聞いてますね!ワカ選手!!

ということで、こちらも皆様、ぜひともお試し下さいませ。安全で、且つしっかりとした効き目のグリコ製品の「チーム・パワープロダクション」ラインアップはこちらです。http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/
P1180233

タップリと栄養学をアタマに入れたら、今度は午後2時からスタートのレース準備であります!今回、Ready Go JAPANからは堀、武田、福本、下久保、佐藤の5選手が出場。武田ワカ選手、ゼッケンをつける目が真剣だわん。
P1180235_2
そうそう、今回のレースってJCFよりエントリー(出場選手)リストが事前に発表されていたのでした。このような機会が増えると応援に来ていただく方にもベンリ!あとは、それをウチでもうまく広報したいですネ。

んなことを考えているうちに、スタート時間間近!既に選手たちはスタート場所に出走サインをしに行っているので、追ってチーム応援団を引き連れてスタート場所に私たちも移動します。
P1180248 
スタート・ゴール地点付近には、なんと今までココでは見かけたことのなかった食べ物屋台が出現!さらに須藤大輔RGJ監督が大好きなタキザワも出展ブースを出してました。ちなみに参加賞にはタキザワの名物カタログが入っておりました。これでスドーマン監督の愛読書が増えました(w)。

スタート地点には、女子レースである「A-F」カテゴリーの選手が集合。シーズンの幕開けを告げるレースには中学生から社会人まで総勢43名の選手たちがスタートの号砲を待っております。
P1180249
福本チカ選手、かなり真剣なまなざしであります。
P1180252
左より堀ユキ、福本チカ、武田ワカ、佐藤サキさんの4選手、結構な冷え込みになったので、スタートオイルの追加塗りこみ。
P1180260
ちょっと離れたところには北桑田高校のジャージをまとった下久保はっちゃん選手。こちらも真剣!P1180256
スタートライン最前方に位置取るRGJチーム選手たち。一番右端には昨年までRGJチームに所属していた吉井選手の姿もあります。

そして、いよいよスタート!!男子エリート(A-E)と男子マスター(A-M)の後、2分差で出発です!
P1180264
女子は5kmサーキットを4周回するレース。1周目には、佐藤選手がトップ集団の先頭を取っていたときもありましたが、2周目に入ったときから動きが。MTBのトップライダーである片山梨絵選手(スペシャライズド)が独走態勢に入り、後続の集団を引き離しにかかります。
Sp1180265
さらに、昨年の7月にRGJチームとしてフランス遠征に参加した明珍裕子選手(朝日大学)も片山選手を追って、集団から抜け出し独走態勢に!
Sp1180266
そんな2人を追うのが5人の集団。この中にRGJチカ選手も混ざって頑張ります!
Sp1180267
左から1人おいて森田正美(ブリヂストン)、星川恵利奈(チームコムレイド)、井上玲美(チームコラテック)、RGJ福本千佳、西加南子(ルミナリエ)の各選手たち。

上位については、このままの展開でゴールとなり、優勝が片山選手、2位が明珍選手、そして3位以下は5名のスプリントとなり、惜しくもチカ選手は、あと少しのところで入賞を逃してしまいました。

ただ、ちょっと昨年のトップタイムを確認したところ、40分11秒25(森田選手が昨年優勝)で29.86km/h。今年の時速がトップ7名が約30km/hということを考慮すると、今回のA-F・女子レースは、かなり高速展開でありました。

その中で、「実はチャレンジロードに出場するのが初めてで、この日本CSCのロードレースコースを走るのも初めて!」という(驚)、片山選手の2周回目からの速さは素晴らしく、MTBクロスカントリーレースのトップ選手である、本物の強さが光りました。その中を、最後までトップ集団に残っていたRGJ福本選手の強さも本物でありました。そして付け加えるのなら、昨年の同大会で9位だった明珍裕子選手(朝日大学)が、集団に追いつかれずに2位というのは、きっと昨年の7月RGJチームフランス遠征派遣での経験が生きて、今に至っているのだと思います。

そのフランス遠征でRGJチーム監督として活躍した市川雅敏氏がゴール後に選手たちと歓談。ユキ選手の下りには、男子選手も追いつかない!という事実が判明。スッゲー!
P1180276
無事に怪我なくゴールして安堵の表情。メカニック栗田さんも「レース中に出番がないのが何より」とのこと。落車なんかがあったら大忙しですものね!
P1180287
はっちゃんもお父さん、お母さんの応援で完走を果たしました。お疲れさまねー。
P1180291

ボチボチ、寒いしチームテントに戻るべー、と支度をしていたらJCFの役員の方に「ジュニア女子の表彰がありますので参加して下さい」とのこと。そうか!チカちゃんとワカちゃんのコンビが3位までに入賞しているのです。急いで身支度です。
P1180294
「サングラスは、こんな感じでいいですか?」「ちゃんとなっているかなー」と確認中な2人。そのままでも十分、カワイイと思います!!<親バカ

ジュニア女子の表彰であります!おめでとう!!(2位の中村選手が式に不参加でした、もったいないなー)
Sp1180306_2
詳細なレース結果はこちらからご覧になれます。ご声援ありがとうございます!そして当日、チームお手伝いにお越しいただきました皆様に御礼申し上げます!

そうそう、ご声援といえば、こんな新アイテムを制作しましたよー!
P1180313
2010シーズンReady Go JAPANチームポストカードであります!入手方法は近日、発表いたします!!

ほかのRGJチームアイテムは、こちらからご購入いただけます。今後のチーム活動資金にもなりますので、ぜひともこの機会にゼヒ!! なかなか他では手に入らない女子自転車レースDVDもございますよ!
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/cat21697832/index.html

|

« バイシクルクラブ授賞式とチャレンジレース速報! | トップページ | 第35回チャレンジサイクルロードレース:レース結果 »

参加レース結果」カテゴリの記事