« ニュージーランド遠征2日目・無事全員完走! | トップページ | 第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会女子・レースレポート »

2010年3月 3日 (水)

ニュージーランド遠征無事終了と神宮クリテ応援御礼!

どもです。先ほど成田空港から事務局に戻りました牛であります。

レース3日目以降からのご報告、大変お待たせしました!ニュージーランドUCI公認の女子ステージロードレース「Women's Tour NZ」レース結果をご報告いたします。まずは、3日目からのご報告をば。この日のレースは2つのステージがおこなわれます。朝10時スタートの87kmのロードレースを走り、その後、午後5時に11kmの個人タイムトライアル(個人TT)と、大忙しであります。
P1170621
朝方、雨が振りましたがスタートでは晴れ間が出て、無事に前半の第3ステージをスタート。既に2日間だけで約200kmを走りきっているReady Go JAPANチームの堀 友紀代、武田 和佳、佐藤 咲子、米田 和美の各選手たち。RGJチームも他の参加選手たちにも疲労が出てますが、初っ端から結構なハイスピード。かなりツライ展開になりましたが、何とかゴール!

ゴールに到着した選手たちは、十分に次の第4ステージ・個人TTコース下見を兼ねて、メカニック栗田氏の引率でダウンをしたあと、一旦ホテルに戻り昼食。そして、まだまだ夕方でも明るいニュージーの空の下、個人TTのスタート・・・のはずが、5時を過ぎても一向に始まらない。なんと夕方の帰宅ラッシュで車が混み過ぎてスタート時間を遅らせることに。トップでの出走となった武田ワカ選手、ちょっと戸惑う。けどカワイイ<おい。
P1170648
この後、結局45分遅れで無事にスタート。佐藤サキコ選手がレーススタッフのミスリード(案内間違い)で、コースから外れるアクシデントがあったものの、全員ゴール。ああ、これで明日も全員スタートに立てます。

そして翌日の第5ステージ。この日は今大会最長の第2ステージ・114kmに近い112kmを走ります。しかもスタートから約10km地点から凄まじい登りが!個人総合成績が個人TTである程度タイム差が出たのですが、その差を守るために、最初から集団からの逃げなど展開の速くなると予想。RGJチーム選手たちも、いつも以上に真剣です!
P1170718P1170729
参戦選手たちにも日に日に疲労が出ている、さらに高速展開なうえに登り、その後の一気に下るコースレイアウト。レースがスタートしてまもなく落車が連発。そして・・・とうとうRGJチームにも。米田選手以外の3選手が、前半2回目の約20名ほどの落車に巻き込まれる!
P1170732
ここでメカニック栗田氏が手際よくホイールをチェンジ。選手と自転車のダメージは運良く少なかったので再スタートしこの日も4名全員完走!無事にゴールしてタイヤをチェックしたら、こんなに削れてましたー。あちゃー。でもパンクしないでゴール出来てよかった!

そしてレース最終日・第6ステージのクリテリウムレース。この日はウエリントンの市内ど真ん中で1.35kmのコースを1時間+3周回します。スタートが午後2時半から、ということで早めにコースに移動して試走をじっくりと。その合間にキッズレースや地元ファンライダーのレースもコース内で開催。ビルの谷間にギャラリーが大勢集まる中、いよいよチーム紹介されまーす!「Ready Go JAPAN!モシモーシ(本当にこのようにアナウンスされました)」
P1170788P1170777
チーム総合では最下位のため、最後の登場となってしまったRGJチーム。だけど一番、歓声があがったのは、チーム選手たちの明るさとレースアナウンサーのマーティーのおかげです。本当に感謝です!スタート位置でも写真を多く撮影されていたり、RGJチームジャージが好評で「コレ欲しい!」を連発されたりと嬉しい限り!

P1170841
歓声とともにスタートするRGJの4選手。疲労はピークだけど渾身の力を込めて最後のクリテリウムを疾走します!・・・しかし、このクリテリウムは本当に1周回目から超ハイスピード!!75名の出走からゴールまで20名に絞られたサバイバルレース。観客は最高に盛り上がるけど、スタッフとしては冷や冷やモノ。その中、日本ナショナルチームの森田正美選手と、豊岡英子選手が最後まで食らい付く!
P1170901
この2選手、RGJ福本千佳選手も参戦したシクロクロス世界選手権から強化合宿、そしてこのレースに参加と連戦が続いていたのですが、果敢に攻めて森田選手が、このステージを含めて全て完走!個人総合で15位となりました。スゴイ!

このクリテリウムレースは、先に書いたように20名しか完走が出来なかったので、個人総合の成績が20名しかつかず、チーム総合も2チームだけしか残りませんでした。キビシー。詳細はココでどうぞ(英文のリザルトです)
P1170942
優勝はUSAナショナルチームのシャーリー・エバンス、チーム総合も彼女のリーダージャージをチーム一丸で守ったUSAナショナルチームとなりました。
P1170934
「チームのおかげで最後まで自分の総合を守れたことに感謝している」と応えるエバンス選手。もちろん、そのインタビューをするのはマーティーですね。今回、彼とは前回のニュージーランド遠征から7年ぶりの再会でありましたが、RGJチームや所属選手たちのことをレース中に何度も連呼してくれました!凄く嬉しかった!!でも、私や栗田サンの名前までマイクで呼ぶのは笑っちゃうからヤメテネー(獏)。

そんなこんなで、堀選手以外は全員、初めての海外遠征参加、しかも1日に平均100km前後を走るステージレースも初体験のなか、最後の日まで走りきることが出来ました。これもReady Go JAPANチームとJ-BRAINにご協賛・サプライヤー・ご協力いただく皆様のサポートのおかげであります。何より、今回とシクロクロス世界選手権の遠征ご寄付を寄せていただきました皆様、そして日頃から応援いただくRGJチーム・ファンの皆様の声援が選手たちの心の支えになりました。
P1170943
それに一緒に写真に写るポールさんや、地元レーススタッフの皆様にも非常に助けていただきました。あと地元の声援もたくさんいただきましたし、レースに参加する海外他チームとの交流も多くおこなえました。さらに日本ナショナルチームにも感謝であります。

このような素晴らしい機会を得るために、今レース参加のための招待打診を快く承諾してくれたレース主催ジョージ・サンドバル氏に感謝します。彼は今、レース最終日の前日夜に発生したチリ大地震で、チリに住む両親と連絡が取れなくなってます。彼の両親の無事を私たちは祈っています。

今回の遠征参加手続きいただいた日本自転車競技連盟、特にジュニア年齢である武田選手のエリートレース派遣を許可いただいたことに心から感謝します。彼女はすべてのステージを毎日、泣きながら見事に走りきりました。武田選手の所属する埼玉県車連、堀・佐藤選手の所属する神奈川県車連、そしてトライアウトをいきなりの大舞台でチャレンジしてくれた米田選手の所属する札幌自転車競技連盟、そして私の10年来の海外派遣に協力いただいております東京都車連に御礼申し上げます。堀選手はRGJチームのキャプテンとしてのチカラを発揮し、佐藤選手は全てが初めてづくしのレースを乗り越えました。米田選手の粘り強い走りも見事でした。

今回のRGJチーム遠征に同行いただきましたRGJメカニック栗田秀隆氏に大感謝であります。元々、別件で今レース運営側にいたこともあり、おかげさまでレースでは相当にフォローいただくことが出来ました。もちろんメカニックとしてもディレクションの面でも本当にたくさん、助けていただきありがとうございました。

今レース遠征の旅程を手配いただいた(株)スペシャリスト様、保険担当いただきました安心ネット様にも御礼申し上げます。何度かニュージー遠征手配をおこなってきましたが、この2社のおかげで相当、私の負担はラクになりました。そして毎度ながら交渉通訳のI木氏にも感謝であります。7年前と変わらずマーティーは元気でしたよ!

レースのインフォメーションボードにも、来年のニュージーレース参加を願いメッセージを書いておきました。
P1180003
※一番下の右端を読んでね!

============
Women's Tour NZ2010総合結果

<個人総合>
1位:シャーリー・エバンス(USAナショナル)

15位:森田 正美(日本ナショナル)+00:02:41

※以下、最終ステージのクリテリウムで周回遅れにより総合成績なし
片山 梨絵(日本ナショナル)
西 加南子(日本ナショナル)
豊岡 英子(日本ナショナル)
堀 友紀代(Ready Go JAPAN)
米田 和美(Ready Go JAPAN)
佐藤 咲子(Ready Go JAPAN)
武田 和佳(Ready Go JAPAN)
<75名出走、20名完走>

<チーム総合>
1位:USAナショナルチーム
2位:AISオーストラリアナショナルチーム
※他、全参加16チーム中14チームの総合成績なし

※参考:最終日前日のステージ5終了時の個人総合成績
1位:シャーリー・エバンス(USAナショナル)

14位:片山 梨絵(日本ナショナル)+ 00:01:51

19位:森田 正美(日本ナショナル)+ 00:02:31

60位:西 加南子(日本ナショナル)+ 00:35:46
61位:豊岡 英子(日本ナショナル)+ 00:36:26

71位:堀 友紀代(Ready Go JAPAN)+ 01:05:56
75位:米田 和美(Ready Go JAPAN)+ 01:25:30
77位:佐藤 咲子(Ready Go JAPAN)+ 01:39:46
78位:武田 和佳(Ready Go JAPAN)+ 01:58:26
<78名完走>
============
※詳細なニュージーレース遠征レポートは、たくさん撮影した写真とともに近日、別リンク先へ掲載いたします。
※かなり楽しいレポはコチラ。メカニック栗田さん、毎日更新感謝です!
http://a-projk.blogspot.com/

そして、今回のニュージーランド遠征出発の2月21日に開催された「全日本学生RCS最終戦・第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会」にReady Go JAPANチームの松田 千裕、福本 千佳、下久保 初菜の3選手が参加、福本が4位、松田・下久保が同ポイントで5位となりました。こちらのレースにも多くのRGJチームファンが観戦にお越しいただいたようであります。本当にご声援ありがとうございました!
Img_4030
写真左より4位・福本、5位の松田、下久保のRGJチーム各選手。お疲れ様でした!この神宮レース結果と写真は、こちらからどうぞ

国内で、海外で元気に明るく、女子らしい逞しさで自転車レースの世界を切り開くReady Go JAPANに、今後もご注目とご声援のほどよろしくお願いいたします!

|

« ニュージーランド遠征2日目・無事全員完走! | トップページ | 第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会女子・レースレポート »

ニュース」カテゴリの記事

参加レース結果」カテゴリの記事