« 2009ウインターロードレース第2戦・結果速報 | トップページ | RGJチームWEBマガジンを発行開始します! »

2009年3月 6日 (金)

神宮クリテを振り返ってみました。

どもです。RGJチーム事務局のスドウムツミです。

2月の神宮クリテの胸中というか牛の独り言なのですが・・・。ちょっと雨も降っているし、おセンチに振り返ってみますね。

えーと。昨年のトライアウトが11月1日で「1並びの日」。そして、その選手選考会を経て結成されたReady Go JAPAN女子チームの初お披露目であり、初参戦のレースが今日2月22日の「2並びの日」。

今日は選手もチームスタッフも支援する法人スタッフも緊張。でもイイ緊張という感じで、準備を余裕もって進めていきます。素晴らしいスタッフと協力者の皆様にはアタマが下がります。

自転車の整備をテキパキと進めるRGJ栗田さん、法人スタッフは買出しや細かい時間割などに気を回して先取りで動き、RGJチームアドバイザーの市川さんは、相変わらずの登場(藁)ながらも、いい感じで選手の緊張をほぐしていきます。会長の私も牛にチェンジしてセイフティーライド講習会の流れを最終チェック。

そして、午後1時からの女子オープンレースの前に、NPO法人J-BRAINが進行するセイフティーライド講習会からスタート!がらぱサンと事前打合せしたとおり、RGJ女子チームの初お披露目。
20090222_rgj_052

そして、講習会では自転車を安全に乗るためのポイントを紹介しつつ、実演をRGJチーム選手と、法人スタッフでおこなっていきます。
20090222_rgj_060

何とかぶっつけ本番状態(汗)に近かったセイフティーライド講習会も無事終了。すぐにスタート準備につきます、RGJ女子チームの面々。アドバイサー市川さんはじめ、スタッフたちが選手のサポや応援に回ります。
20090222_rgj_086

私はちょうど選手達の後ろに立ちました。一応、牛から普段の姿にチェンジ。選手たちの背中を見て、いろいろと胸をよぎるものがありました。

約10年前にVOLCAというチームを立ち上げたとき、実は女子だけのチームとして設立。しかし、1年しかもたなくてチームは解散寸前までいきました。それを立て直すため「男子も入れてクラブチームとして1からやり直しては」と言ってくれたのは、なにを隠そう現RGJチーム監督であるスドーマンでありました。それから10年。VOLCAはVOLCAオードビーBOMAとして無事、継続しています。

一方で、どうしても女子チーム結成の夢は果たしたかった。それをNPO法人というかたちで実現!というヒントを得て優秀で素晴らしい協力者とスタッフに囲まれて、前途有望な女子選手たちも集まり、ようやくこの場所に立つことが出来ました。ここまで10年。
P1110210

だからスタートの号砲のあと、無事にスタートした選手たちの姿を見ていたら泣けてしまった。
このRGJチームと法人を死ぬ気で守り続ける決心を新たにしたスドウムツミでありました。

このような貴重なお披露目の機会を与えてくださった日本学生自転車競技連盟に改めて御礼申し上げます。そしてRGJチームとNPO法人J-BRAINをサポートしてくださっている、すべての協賛社、サプライヤー、提携クラブチームの皆様、RGJチームと法人スタッフ・協力者の皆様に感謝申し上げます。

彼女たちはスタートしたばかりです。これからの長い道のりを共に走っていきたいです。ずっとねー。

※掲載の写真はすべて伊達 雅輝氏撮影:いつもご声援ありがとうございます!

|

« 2009ウインターロードレース第2戦・結果速報 | トップページ | RGJチームWEBマガジンを発行開始します! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事