2017年8月 8日 (火)

シクロクロスなどオフロード向け救急勉強会を開催しました。

RGJチーム事務局です。平素よりReady Go JAPANチームの活動を支援するNPO法人サイクリスト国際交流協会(NPO法人J-BRAIN)が、先日の8月4日(金)に都内において「シクロクロスなどオフロード向けの救急救命勉強会」を企画・開催しました。この講座での司会進行をRGJ須藤むつみ選手が担当しましたので、当日の講座内容とともにレポートいたします。
201707_01
写真左から:今回の講師を務めていただきました現役の救急救命士・渡部氏、そして阿部氏、司会進行のRGJ須藤

出席いただいた皆様は、主にレース主催者や長くレース企画や審判業務に関わっているベテランが揃ったこともあり、かなり内容は高度で且つ、今回は事前に担当講師の方々にお願いして「オフロード向け」に必要な知識や実践を入れ込んだ濃い講義内容となりました。
Img_1417
最初のパートは渡部救急救命士による、スライドを使った講義からスタート。事例や数字データによる説明はかなり分かりやすく、しかも相当な自転車イベントなどでの救急経験がある参加者からも「新たな事例が確認できて良かった」との声が。

Img_1422
自転車レースやイベントなど、アウトドアで倒れている人がいた場合、原因が大きく分けて2つが考えられるそうです。1つは持病が原因の「内因性」、そしてもう1つ、自転車の場合に多く考えられる「外因性」があり、その中でも重傷を考慮しなければいけないのが「高エネルギー外傷」といいます。この単語が今回の講座、そして今後の自転車大会においての救急体制における重要なキーワードとなる、と教えていただきました。なるほど!

その「高エネルギー外傷」というのは、走行時に時速32km以上で発生したアクシデントについては、この高エネルギー外傷を疑うとのことです。たとえば時速40kmなら高さ6mから地面に墜落したのと同じ、非常に強い衝撃だそうです。

平成28年(2016年)のデータもスライドで紹介いただきました。自転車が関連する事故の負傷者は90,055人でそのうち死者は509人。毎日1人以上が自転車に関連する事故で亡くなっているということなのです。

更に、事故によるケガの部所や死亡に至った原因部所を分析したデータがあり、歩行中、自転車乗車中、バイク乗車中、クルマ乗車中での比較をみるとヘルメット着用の必要性を改めて痛感しました。その中でも、自転車で死亡した人の59.7%が頭部損傷、7.9%が頸部(首)損傷によるものだそうです。頭と頸部による死亡が圧倒的に多いようです。一方、ケガの場合はトップは脚部、次が腕部で手足のケガが主に多いようです。

以上の状況から自転車事故での救急対応は、「頭部、頸部の負傷は一刻も早く救急車要請」、そして「腕部、脚部の負傷は命に別状ないので焦らないこと」という重要なポイントをご教授いただきました。

続けて、上記にもあった「頭部や頸部の負傷者搬送前の保護方法」をモデルを使って実技していただきました。
201707_02

Img_1433
まずは講師お2人による頚椎保護の方法をご教授。首のラインをニュートラルに保つ姿勢、ポジションを教えていただきながら、参加者の皆様にも実際に頸部を支えてもらいながら体勢をラクにする方法など、いくつかの方法も伝授いただきました。

今回教えていただいて分かったことが、ヘルメットを装着したままの方が頭部と頸部をニュートラルにするポジションを保ちやすい、という点(ヘルメットの分だけ頭が程よく持ち上がるためらしいです)。意外な点ですが、こんなところでもヘルメットが役に立つのですね。
Img_1432
あとオフロードの場合、シングルトラックの片側が崖だったりして、いち早く負傷者を運び出す必要があったり、足場が悪い箇所から負傷者を移動させる必要があるため、その場合の方法も教えていただきました。

201707_03
後半のパートではAEDトレーニングキットを利用して、AED実技もおこないました。まずは講師のお手本を見せていただきます。同時に心臓マッサージのコツも教えていただきます。

Img_1447
そしてAEDの装着と手順を実践。AEDはカバーを開けた時から使用ガイダンスが自動アナウンスで流れるので、落ち着いてガイダンスに従いながらパッド装着しつつ胸部圧迫を続ける、という手順を参加者の皆さんで実践いただきました。

Img_1449
何よりも、こちらのように「安全な大会を運営することで、地元の方々から応援してもらえる大会へ」することが重要なのです。

講座開催の間も、参加者から積極的な質疑応答があり、今回の2時間という時間には収まりきらない濃い内容となりました。そのため、今回の講座での質疑応答内容を反映しつつ、次回はもう少し講座時間を長くして開催したいと思います。

今回、講座にご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。そして講師の渡部氏、阿部氏、そしてコーディネイトの井上氏にこの場をお借りして御礼申し上げます。

次回の救急講座開催の際には、こちらで告知をおこなうようにいたしますので、何卒よろしくお願いします。
Img_1413_2

|

2017年7月25日 (火)

CJシリーズ戦にてRGJ須藤が優勝、「女子エリート」への昇格確定!

RGJチーム事務局です。

先日、7月17日(月・祝)に秋田県仙北市・田沢湖たざわ湖スキー場(秋田県立田沢湖スポーツセンター)で開催された「2017Coupe du japonMTBたざわ湖」、そして翌週の7月23日(日)に長野県富士見町・富士見パノラマリゾートで開催された「第30回全日本マウンテンバイク選手権大会」に、Ready Go JAPANチームの須藤むつみ選手がMTB(マウンテンバイク)クロスカントリーレース・女子チャレンジクラスに出場し、田沢湖では優勝、富士見では2位入賞しました。このレース御報告を撮影いただいた写真とともにレポートいたします。
Sumpu_008
富士見パノラマの下りセクションを走るRGJ須藤(Photo:Sumpu photo)

まず、17日の田沢湖レースは前日の雨の影響が残るなか、久しぶりのMTBレースで優勝を果たし、表彰式では「約20年ぶりのMTBレース復帰の場が、想い出深い田沢湖だったので頑張り優勝できたのは嬉しかったです。この素晴らしい田沢湖のコースでの走りを胸に、今後のレースでも引き続き応援いただけるように頑張りますのでよろしくお願いします!」とコメントし、声援に応えておりました。
Img_1136
田沢湖レースでの女子チャレンジクラス表彰式、2位の森 美穂子(たぬき小屋)とともに(Photo:Nakajima)

続けて翌週23日の富士見レースでは、小雨の中をコース試走での怪我を追いながらも2位に入賞し、この両成績を持って上のクラス「女子エリート」へ昇格をすることとなりました。
Img_1221
富士見パノラマ・女子チャレンジの表彰式。左より2位・RGJ須藤、優勝・武石 旭代(GIANT港北)、3位・安福 範子(ACCEL)

Abema_008
(Photo:masakazu abe)

以下はRGJ須藤からのコメントです。
====
「この度もたくさんのご声援いただき、誠にありがとうございます!おかげさまで、先週のCJ田沢湖と今回のCJ富士見2戦ともに大きな怪我なくレースを走ることが出来、チャレンジからの昇格条件もクリアしました。これで約20年ぶりに女子エリートとして、次回のCJ・MTBレースシリーズにおいて参戦することとなります。
Abema_002
(Photo:masakazu abe)

元々がMTBから自転車レースの世界に入ったので、1997年のMTBレース転戦を最後にMTBから離れたときは「もう、2度とMTBレースに参加することはないだろう」と考えていましたが、まさか2012年からの現役復活の中で、まずはロード、次にシクロクロス、そして今回はMTB参戦、と以前の現役とは丁度、逆の順番でレース種目に参戦しているの不思議な感覚です。
Sumpu_007
(Photo:Sumpu photo)

2000年に第6回全日本シクロクロス選手権のスタートに立った時は「死ぬ覚悟」というか「これで取れなかったら、当時設立したばかりのチーム(VOLCA)を失うし、今後は自分も走っていられない。全てを失うだろう」と覚悟しました。レース途中で苦しかったときには「私は脚が千切れて、この後1ミリも走れなくなってもいいから、優勝してタイトルだけは取らせてくれ!!」と祈りました。何とか獲得できたときは嬉しいよりも、「これで、とにかくチームは続けられる!」と、ホッとしたことを今でも覚えています。

この全日本タイトル獲得までの経験は、私が10年ぶりに現役復帰したときには大きなヒントとなりました。
Abema_006
(Photo:masakazu abe)

若い選手をはじめとして、未来の広がっている女子選手が「更に上を目指して強くなりたい」を願うのであれば、私は今後もチカラを尽くします。ただし今後も中途半端は絶対に許しません。覚悟をもってトライしてください。そして最低限、まずは私よりは強くなってください。そのために私は覚悟をして精進をしているのですから。

今後はMTBレースでの目標達成に向かって精進をします。そして、それがチーム活動の軸となるシクロクロスの更なる精進にも繋がると考えております。」
Sumpu_001
(Photo:Sumpu photo)

※須藤からのコメントは以上です。
====

*今大会の各カテゴリー別レース結果はこちらです。

・「2017Coupe du japonMTBたざわ湖」レース結果
http://wakitasoft.com/Timing/Results/2017/20170717/

・「第30回全日本マウンテンバイク選手権大会」富士見レース結果
http://wakitasoft.com/Timing/Results/2017/20160723/

*詳細なレースレポートはこちらです(RGJ須藤むつみの個人ブログ)。

・「2017Coupe du japonMTBたざわ湖」レースレポート
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2017/07/17/000000

・「第30回全日本マウンテンバイク選手権大会」富士見レースレポート
http://rockmutsumi.hatenablog.com/entry/2017/07/23/000000

Abema_009
(Photo:masakazu abe)

|

2017年7月14日 (金)

8月19日にRGJトライアウト、キッズオフロード走行会を実施します!

RGJチーム事務局です。来たる8月19日(土)に「2017-2018RGJシクロクロスチームトライアウト(選考会)」を実施します。同日にはミニReady Go JAPANの2017年度活動・第1弾として「ミニReady Go JAPAN・キッズオフロード走行会」を併催します。

2017-2018RGJシクロクロスチームトライアウトにつきまして、今回は特に2017-2018シーズンのRGJチーム・シクロクロス参戦スケジュールに参加できること、特に次年度以降、全日本選手権シクロクロスレースにおいて女子優勝を目指し、そのための選手育成・強化プログラムに従うことが加入の条件となります。

そしてミニReady Go JAPANの活動につきましては、新たにまとめた2017年度以降の活動指針に沿って、今後はキッズ走行会・安全教室の参加を通して「子供の頃から自転車安全啓蒙の教育を受けているシンボリックな団体」として歩んでいきますので、何卒よろしくお願いいたします。

それぞれの募集要項をご案内いたしますので、ぜひとも参加ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

*2017-2018RGJシクロクロスチームトライアウト(選考会)募集要項
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/2017-2018rgj-27.html

*ミニReady Go JAPAN・キッズオフロード走行会・募集要項
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/20170819ready-g.html

*Ready Go JAPAN女子シクロクロスチームの活動指針につきましては、下記をご覧ください。
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/2017rgj-669d.html
※文中にあるトライアウトの開催日につきましては、今回は8月19日(土)となりますので、ご注意ください。

*ミニReady Go JAPANの2017年度以降の活動指針はこちらになります。
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/ready-go-japan2.html

上記のお問合せにつきましては、Ready Go JAPANチーム事務局(担当:須藤)まで、Eメール m-sudou☆jbrain.or.jp(☆を@にして)お手数ですがお送りくださいませ。

2017年より、「Ready Go JAPAN」は大きく舵を取り、ロードレースからシクロクロスにチーム活動の中心をシフトチェンジ!
Membermain
ジュニア世代育成と自転車を安全に長く楽しむための活動を一層強化、そしてチームの地元である、千葉県成田市の地元に根ざした活動を更に企画・運営。シクロクロスを通じて自転車レースの熱さと感動を皆様にお届けします!引き続きご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

|

«ミニReady Go JAPANの2017年以降の活動指針