2017年3月21日 (火)

RGJチーム・トレーナー就任のご紹介です。

RGJチーム事務局です。千葉県成田市で整骨院を営んでいらっしゃいます「やぎ整骨院」。こちらの整骨院および施術をおこなっている八木沼 康太先生に今シーズン、弊Ready Go JAPANチームはトレーナーとボディーコンディショニングをおこなっていただくこととなりましたので、お知らせいたします。
Yaginuma
こちらの八木沼 康太先生は柔道整復師と鍼灸師の資格を持つだけでなく、カイロプラクティクスの施術もおこなえます。

実は昨年よりRGJチームの須藤むつみ選手と、チーム監督の須藤大輔が施術を受けておりましたが、RGJ須藤によると「4年前の復帰から膝の違和感と腰の痛みに悩まされていたのを、施術を受けてから解消することが出来ました。更に股関節の可動域が広くなったおかげで今年1月のポジション改善に取り組むことが出来ました。現在は左足首の弱さを改善する運動などを指導いただきながら、無駄なく自転車にパワーを伝えられるように改良しています」とのことです。

そしてRGJ高橋吹歌選手も先日、八木沼先生の施術を受け、腰の痛みの原因を確認・治療をおこないながら、今後のトレーニング指針を指導いただきました。
Simg_0519

Simg_0517
今からコンディショニングを整えることで9月からの本格的なシクロクロスシーズンに備えるRGJチーム。今後もRGJチーム選手たちのコンディション作りをお願いします!

そしてRGJチーム選手のように過酷なシクロクロスに参戦する方はもちろんのこと、日頃の走行で痛みや違和感のある方、いくら治療をしても効果や成果が出ない方には、ぜひともオススメしたい整骨院です。

施術内容や詳細につきましては、下記のFacebookなどでご確認くださいませ。
Yagi001
*やぎ整骨院・Facebookページ
https://www.facebook.com/yagiseikotuin

やぎ整骨院
千葉県成田市並木町216-7 フラットバリー1F
TEL0476-37-7737
2017032001
このように、今後は今まで以上にチーム地元「千葉県成田市」との繋がりを広げていこうと考えておりますので、引き続きReady Go JAPANチームの活動にご注目のほど、よろしくお願いいたします!!

|

2017年3月17日 (金)

RGJ吉岡選手が3月いっぱいでチームを卒業します。

RGJチーム事務局です。2015年のトライアウト合格を経て2016年よりReady Go JAPANチームの正式所属選手となり、様々なレースを中心に活躍をしてきた吉岡 梨紗選手が、3月31日をもちましてチームを卒業することとなりましたので、皆様に御報告とともに、吉岡選手からのメッセージをご紹介します。
Rgj_105033
Photo:Satoru Kato

<RGJ吉岡選手からのメッセージ>

いつもReady Go JAPANへのご声援ありがとうございます。突然のご報告になってしまいますが、この度RGJを卒業する運びとなりました。私事ですがこの春から大学生4年生になり就職活動・卒業研究等の今の自分の状況を考え、決断させて頂きました。身勝手な私の考えにご理解をいただいた監督とチームに改めて御礼申し上げます。
Okamoto_002
※写真は2016年・全日本シクロクロス選手権レースでのRGJ吉岡(Photo:okamoto)

1年間という短い間でしたが初心者の私を選手として迎えてくださり、様々なご指導をして頂きました須藤ご夫妻、選手の皆様、ご支援いただいたサプライヤー様、そしてReady Go JAPANを応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。Simg_0516
※写真は2015年「秩父サイクルフェスティバル」のシクロクロスレースに出場するRGJ吉岡(写真の一番左)

Ready Go JAPANに加入し決して1人ではできない経験をたくさんさせて頂きました。大会では沿道でのレディーゴー頑張れ!の声に何度も助けられました。様々な方の優しさに触れ成長した、とても充実した1年間となりました。

選手という形ではなくなりますがこれからもReady Go JAPANの活動に微力ながらお力添えできたらと思います。

改めて1年間ありがとうございました。
Ready Go JAPAN 吉岡梨紗
Inoue_022
※写真は2017年2月のシクロクロス東京で女子エリートレースの最終完走者としてゴールを果たすRGJ吉岡(Photo:Kazutaka Inoue)

2016rgjcx
数々のチーム所属選手たちが素晴らしい実績とともに、その足跡で後続への道程を作ってくれたReady Go JAPANチーム。吉岡選手も他のチームOB選手たちのように、このチーム活動の中で自転車競技を極めることで得た様々な経験を、この後の就職活動や社会人生活の中でも生かしてもらえればと考えております。

チーム事務局からも改めて、吉岡選手の活躍を応援してくれた皆様へ厚く御礼申し上げます。そして引き続きチーム活動にもご声援のほど、よろしくお願いいたします!

|

2017年3月15日 (水)

明治神宮外苑大学クリテリウムでRGJ高橋が活躍、完走果たす!

RGJチーム事務局です。先日の3月12日(日)に東京都の明治神宮外苑・特設外周コースにおいて「第11回明治神宮外苑大学クリテリウム」が開催され、このレースにReady Go JAPANチームの高橋  吹歌選手が出場選手の中で唯一の高校生として参戦し、3位争いのゴールスプリントにおいて8位となり見事完走を果たしました!
001
(写真右側、筑波大学付属坂戸高校の黒いジャージ姿がRGJ高橋)

そして、RGJ高橋からレースレポートが届きましたので、こちらを皆様に紹介いたします。そして今大会におきましても、ご声援いただき誠にありがとうございます!!

<RGJ高橋選手のレースレポート>
・大会名:第11回明治神宮外苑大学クリテリウム
・日時:2017年3月12日(日)
・リザルト:女子 8位/15人
・レース目標: 積極的な走りをする!
・レース戦略:鹿屋の選手、伊藤選手をしっかりマークする 。レース展開を見て自分から逃げる。
・スタート時の覚醒水準(集中力):90%
・スタート前に使用したマッサージオイルやサプリメントなど:なし

・レースの内容: 1周目は特に何も起こらず。2周目から徐々に動きが出て2周目のゴール手前のコーナーを使って集団の人数を減らすために少し動いたが、直ぐに捕まってしまった。その後も代わる代わる何人かがアタック。

3周目位で日体大の選手が逃げ集団がバラけ、先頭集団が8人になった。4周目のポイント周回で橋本選手がポイントを取り、ヘアピンカーブで中井選手が前を引いていて曲がったところで逃げた。自分は後方にいて中井選手の逃げに直ぐに気付かず追うことが出来なかった。そのまま中井選手が逃げて他の鹿屋の選手に上手く集団のスピードをコントロールされ6周目のヘアピンカーブ手前で前に出て少し集団のスピードを上げたが、ヘアピンカーブで私の後ろにいた選手が落車した。後方の選手は殆ど巻き込まれることはなかったが、中井選手とのタイム差が広がってしまった。

最終周回、腰の痛みが急に出てコーナーの立ち上がりで付いていけなくなりゴールスプリントに加われず、集団の1番最後にゴールした。

・レース後の痛み・違和感・機材の不具合:腰痛
※上記の内容から今後のトレーニング内容:練習内容を考察。独走力を付けるために学校までの自走から改善。逃げ方を変える。腰痛を治す。減量する。
==========

*今大会の公式ホームページはこちらです。こちらで「競技結果」もご覧いただけます。
http://jicf.info/5512/

さらに同日、茨城県東茨城郡城里町では「茨城シクロクロス第5戦・城里町ふれあいの里ステージ」が開催され、こちらの大会運営にReady Go JAPANチームの活動を支援するNPO法人サイクリスト国際交流協会(J-BRAIN)が運営協力をおこない、RGJチームの須藤むつみがレースMC、須藤大輔チーム監督がコース補修などのバックアップ担当しました。
003

004
(上記写真2枚ともに撮影:masakazu abe)

このレースをもって、2016-2017のAJOCC公式戦シクロクロスシリーズ戦が終了しました。NPO法人J-BRAINは今シーズン、「茨城シクロクロス」の全5戦、「千葉シクロクロス」の全2戦、そして「スターライト幕張」、「シクロクロス東京」の各レース運営協力をおこないました。
2016rgjcx
来期の2017-2018シーズンも日本のシクロクロスレースシーンを盛り上げ、自転車レースの普及活動にReady Go JAPANチームの活動と連携して協力していきますので、引き続きご注目のほど、よろしくお願い申し上げます。

*茨城シクロクロス公式ホームページ
http://www.ibarakicx.com/

*日本のシクロクロスを統括する「AJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)」公式ホームページ
http://www.cyclocross.jp/
※こちらに日本全国のレース結果やレポートなどがまとめて掲載されております。

|

«RGJ須藤が東北シクロクロスシリーズ女子チャンピオンに!!