2018年3月21日 (水)

高根沢CXでコメント収録したラジオのオンエア情報です!

RGJチーム事務局です。先日、3月18日(日)に栃木県高根沢町・元気あっぷむら内オフロードコースにて「第2回高根沢シクロクロス選手権」が開催されました。
Simg_4374

Abema_001
Photo:Masakazu Abe

Abema_012
Photo:Masakazu Abe

AJOCC公認レースと違い、カテゴリーの枠を取って朝から何度もレース参戦できるメニューになっているのが魅力の今大会。今回で2回目の開催ですが、地元のシクロクロス愛好家は勿論のこと、自転車オフロード愛好家や、普段はロードレーサーに乗る方も自転車を借りて出場されていたり、と気軽に参加できる大会なので、楽しみながらコースを走っておりました。
Abema_012_3
Photo:Masakazu Abe

こちらの大会は、朝に参加者全員が単独でコースを1周回走行しタイムを競う「個人タイムトライアル」をおこなって、この後の各レースの組み分けをおこなうのが特徴です。

Abema_010
Photo:Masakazu Abe

この組み分けでは女子・キッズの区別を一切おこなわずに、純粋に個人タイムトライアルでのタイムのみで組み分けするので、普段のカテゴリーレースでは一緒にレースを競う機会のない選手たちと走れるのが楽しみの1つになります!

Abema_011
Photo:Masakazu Abe

さらに、シクロクロスの楽しみを味わいたい方は仮装するのもOKなので、見たことのあるキャラクターも一緒に走行します。これを見るのも楽しいです!

Abema_009
Photo:Masakazu Abe

上の写真は、ナント40分レースのスタート前(しかもスタート方式はランニングのルマン式!)なのです。こんなフレンドリーな雰囲気で、コースはテクニックを駆使するレイアウトなので、トレーニングにも最適です。
Img_4411

表彰式では、地元・高根沢町の美味しい名物がたくさんいただけますし、参加賞も和菓子と会場内にある「元気あっぷ村温泉」の無料招待券!と至れり尽くせりの大会でした。
Abema_006
Photo:Masakazu Abe

Abema_008
Photo:Masakazu Abe

この大会には、エフエム栃木のラジオ番組「MAIチャリ!」のパーソナリティーとしてお馴染みの棚橋 舞衣さんもレース参戦しておりました。
Abema_002
Photo:Masakazu Abe

2年前からシクロクロスにもチャレンジしている棚橋さん、この日も様々なレースに参戦しながら大会のMCを担当し、更にパーソナリティーを務めるラジオ番組の収録と取材をしておりまして、その中でReady Go JAPANチームも取材していただきました!
Img_4404_01
RGJ須藤が「女子もシクロクロスにどんどん参加してほしい!」という内容のコメントをさせていただきました。こちらの模様は今週と来週に放送されるそうなので、ぜひ皆様ご拝聴のほどよろしくお願いいたします!

Radioberry_top01
RADIO BERRY MAIチャリ!
毎週日曜 9:30-9:55
(RADIO BERRY エフエム栃木 FM76.4)

http://www.berry.co.jp/maichari/

※放送日は、3月25日(日)が前編・4月1日(日)が後編の2週放送となります。
(RGJ須藤のコメントは後編で放送予定です)


・来シーズンも開催予定している「高根沢シクロクロス」、今回大会の要項はこちらです。
https://www.town.takanezawa.tochigi.jp/kanko/news/2018-0318-takacx.html
走ると楽しくってコーなるかもですw
Img_4428_2

|

2018年3月13日 (火)

シクロクロス2017-2018シーズン無事終了御礼と御報告です。

RGJチーム事務局です。先日、3月11日(日)に茨城県城里町・うぐいすの里にて開催されました「茨城シクロクロス城里町うぐいすの里ステージ」をもって、AJOCC公式戦2017-2018シーズンの全ての日程を終了しました。

Ready Go JAPAN女子シクロクロスチームとしては、「シクロクロスチーム」に生まれ変わって初めてのシーズンを文字通り走り抜けましたが、益々日本各地で盛んに開催されているシクロクロスのレースや関連イベントの盛り上がりをお手伝いするような活動が出来たと自負しております。
Kasukabe_004_2
写真は東北シクロクロス・寒河江ラウンドにて(撮影:春日部写真店)

Takashi_013
写真は茨城シクロクロス・土浦ステージにて(撮影:Takashi Saito)

そしてレース参加活動・レース結果においてはRGJ須藤むつみが昨年に引き続き「東北シクロクロス2017-2018シリーズ戦」のポイントリーダーとなり、女子CL1総合優勝を守ることが出来ました!重ねて、AJOCC2017-2018シリーズランキングにおいても女子CL1の3位なりました!

・東北シクロクロス2017シリーズランキング結果
http://www.tohoku-cx-project.com/info/detail?id=9025

・AJOCC2017-2018シリーズランキング結果
http://www.cyclocross.jp/rankings/ajocc-2017-2018.html
Hirose_001
写真は東北シクロクロス最終戦・SUGOラウンドのシリーズ表彰式の模様。一番右がRGJ須藤。なおRGJチーム監督の須藤大輔も男子マスターズM1で2年連続の総合優勝を果たした(写真のRGJ須藤の左隣)。

RGJ高橋も今年に入ってから日本ナショナルチームのジュニア選手の一員となったため、忙しいチーム合宿やレース遠征の合間を縫って、シクロクロスレースに出場してくれました。しかも出場すれば必ず表彰台をゲットする地脚の強さを魅せてくれました!
Img_3383
写真はシクロクロス千葉第1戦・女子CL1の表彰式にて

Takashi_020
写真は茨城シクロクロス・土浦ステージ・女子CL1の表彰式にて(撮影:Takashi Saito)

更に、大会の運営に関わる活動も増えて、シクロクロスを開催地元に定着したり、新規大会の立ち上げなどにもチーム運営するNPO法人の活動としてご協力させていただくことが出来ました。
Takashi_008
写真は茨城シクロクロス・土浦ステージにて、RGJ高橋(右)とレースMC担当のRGJ須藤(撮影:Takashi Saito)

茨城シクロクロス全5戦ではRGJ須藤が「MC牛」として大会の実況や進行を担当させていただきました。更に、関東圏内シクロクロスをお手伝いしながら、他地域のシクロクロスレースで参戦して勉強させてもらった経験を生かしていきました。

何よりも今シーズンも多くの会場で「牛さん!」「スイカちゃん!」などなど、本当にたくさんのご声援をいただき誠にありがとうございました。その声援は最高のチカラとなってゴールを目指すことが出来ました。そして海外初参戦となった、RGJ高橋選手の原動力にもなったと思います。そして、チーム活動を支えていただいております協賛各社様、関係者の皆様にも厚く御礼を申し上げます。

この後、9月になれば日本国内でもシクロクロス「2018-2019シーズン」が始まります。その間にも、シクロクロスの楽しさを広めていくために、様々な活動をRGJチームはおこなっていきます。平行してシクロクロスオフシーズン中に開催される他競技の大会運営協力やレースMCなど、自転車を盛り上げるスタッフ活動も続けていきます。

もちろん、高校3年生となるRGJ高橋選手も、3月末には高体連の選抜大会を始めとして、様々なトラック、ロードレースの参戦やチーム合宿が続いていきます。こちらの活動も逐次御報告していきます。

今後もRGJチームはシクロクロスをキーポイントとして日本の自転車を普及する活動をおこないますので、引き続きご注目とご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます!!
Rgj_2018racer

|

2018年2月23日 (金)

RGJ高橋 吹歌選手がアジア選手権トラックで銀メダル獲得!

RGJチーム事務局です。今月16日(金)~20日(火)までマレーシアはクアラルンプールにて開催されていた「2018トラックアジア自転車競技選手権大会」に日本ナショナルチーム・ジュニアメンバーの一員として参戦していた高橋 吹歌(トラック・ロードは筑波大学付属坂戸高校自転車部で活動)から昨日、無事に帰国の報告がありました。

そんな高橋選手は今回が初めての海外レース遠征が、アジア選手権という大舞台であったにも関わらず、個人・団体競技共に2位入賞で銀メダル獲得という素晴らしい成績を修めましたので、御報告とともにご声援への御礼を申し上げます。

まず2月17日におこなわれた「ジュニア女子チームパーシュート(団体追抜き)」では、決勝で韓国と戦い、惜しくもタイムで及ばなかったものの2位入賞を果たしました!
Tp_wj_f800
(写真は日本自転車競技連盟・公式サイトから)

Tp_wj_p800
(写真は日本自転車競技連盟・公式サイトから)
http://jcf.or.jp/?p=58008

ジュニア女子チームパーシュート・上位結果
1位 大韓民国 追抜勝
2位 日本(増田 夕華・中冨 尚子・菅原 ななこ・髙橋 吹歌)
3位 ホンコンチャイナ 追抜勝

更に、2月19日におこなわれた「ジュニア女子2km個人パーシュート(追抜き)」でも、素晴らしい走りを魅せて、決勝で韓国の選手に競り負けたものの、こちらも2位入賞を果たしました!
Ip_wj_q800
(写真は日本自転車競技連盟・公式サイトから)

自転車はBOMAのカーボンフレーム「SWOOP TRK[スウープ トラック]CT-ST」
http://www.boma.jp/products/frame_set/swoop_trk/index.html

ソックスは武田レッグウエアー・R×Lソックスの「TBK-300R」のフラッシュピンク
http://www1.enekoshop.jp/shop/rxl/item_detail?item_id=2013956

Ip_wj_p800
(写真は日本自転車競技連盟・公式サイトから)
http://jcf.or.jp/?p=58081

ジュニア女子2km個人パーシュート
1位 SHIN Jieun KOR 2:29.150
2位 髙橋 吹歌(埼玉・筑波大坂戸高校)2:30.520
3位 LAI Tzu Hui TPE 2:33.342

今大会では、男女・そしてエリートジュニア共に新記録が続出し、日本ナショナルチーム全体で好成績を連発するレースとなった模様です。そんな良い雰囲気のチームの中で、初めての海外レース遠征でも普段の鍛練の成果を発揮できたこと、そして高橋選手の成長と度胸の強さを皆様に知っていただけて、弊RGJチームとしても非常に有難い遠征の機会になったと考えております。

この度のレース遠征でも事前の準備から、日頃からチームにご協力いただく様々なサポートをいただき、本当に感謝しております。特に急な手配をお願いしていた所もございましたが、本番に間に合い非常に助かりました。この場をお借りして関係各社・関係者の皆様へ御礼申し上げます。

早速、帰国翌日から学校の期末テストに突入している高橋選手ですが、今週末の「茨城シクロクロス・土浦ステージ」には女子L1レースに出場を予定しております。タイミングを見て、彼女からアジア選手権に関するコメントも披露したいと思いますので、お楽しみにしてください!
Ibarakicxshirosato01_saito009
2月25日(日)茨城シクロクロス第4戦 土浦ステージ
場所:茨城県土浦市・土浦市民広場
http://ibarakicx.com/
RGJチームより高橋 吹歌選手の女子L1レース出場が決定!
※RGJ須藤がレースMCを担当します。

|

«RGJチーム3月までの活動予定です。